会社を辞めるのか?続けるのか?


会社を続けるのか?それとも辞めるのか?それが問題だ。







僕のライフワークであるテーマのひとつは「好きなことを仕事にしよう」ということ。




自分の持ち味を生かして仕事をしようというコンセプトです。




職業選択の自由のある今の日本では、仕事は自由に選べるのです。




会社ももちろん選べます。







終身雇用という同じ会社に勤めようというものがありました。




今まではこの制度で安心が手に入っていたし、それでよかったかもしれませんが、これからの時代は違ってくるでしょう。




なぜなら会社の寿命が短くなってきているし、会社が買収されたりすることも増えてきました。




僕らの時代に花形だった電機メーカーは、今は不正があったり、買収されたり、海外の企業に負けたり、いいところがありません。




ほんの30年で様変わりをしてしまいました。







会社がどうなっても、個人としてやっていけるかが大切になってきています。




他の会社でも欲しがられる人材になっていればいいからです。




ブランド人という言葉もあります。




自分に魅力があればいいのです。







そうすれば会社がどうなったとしても大丈夫です。








会社を辞めた方がいいのか?




会社に残った方がいいのか?




こんな質問を受けることがあります。







僕の答えはどっちがしたいですか?




ということ。




どっちでもいいのです。




なぜなら、会社を辞めるのにメリットとデメリットもあるし、会社を辞めないのにもメリットとデメリットがあるから。




正解はありません。







とある数百人規模のビジネス系のセミナーで学んでいた時に、講師が参加者にアンケートをとったことがあったのです。




「会社を辞めないで良かったと思う人手を挙げて。」




次に「会社を辞めて良かったと思う人手を挙げて。」




どうなったと思います。







辞めなくて良かったという人と辞めないで良かったという人が半々だったのです。




そして、そのどちらもが自分は成功して幸せだと思っている人たちでありました。




どちらの道はあるということです。







会社を残る道もあるし、会社を辞める道もあるのです。




会社を辞めて、転職してもいいし、起業してもいいし、休んでもいい。




会社を辞めずに続けて、自分の居場所を作ったり、会社に貢献する道を作ってもいいのです。







大切なのは自分で決めることです。




そして決めたら、全力を尽くすということです。




何に全力を尽くすのかといえば、楽しく仕事をすることです。




そして、周りの人たちを幸せにすることです。




働くって、「はた(側)」を「らく(楽)」にすることといいますから。







僕自身は会社を辞めるという選択をして今があります。




会社勤めよりも自営業を選びました。




心の底から辞めて良かったと思い、涙したことを思い出します。




会社という象徴したものに縛られていましたから。




自分で自分を縛っていたものを解放した時の感動は忘れません。







悩んでる時の答えは、どちらでもいいのです。




ほとんどの場合は損得で考えているから。




自分の心の声に従っている時には選択肢はいつもひとつです。




どちらでもいいことは、選んでみたらいいのです。




失敗したと思うかもしれませんが、それも含めた選択です。




自分らしさとして後々笑い話になりますからね。







自分の好奇心を再構築してライフワークを生きたい人は
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com




好きなことで起業したい人の後押しをする
■起業コンサルティング
https://www.yoriyoku.com/LIfeworkConsulting.html




心のブレーキを外して前に進みたい方に
■個人セッション
www.yoriyoku.com






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください