カテゴリー
ライフワーク

自分を卑下せず根拠のない自信を持て

対話の場で思うことがある。

「私は素人ですから・・・」
「専門家じゃないんで・・・」
「よく知らないのですが・・・」

という言葉を言ってから、本題を話す人がいる。

これ、自分にも他人にも不利益になるから辞めたほうがいいです。

僕自身もついついやってしまうことがありますが、良いことは何もありません。

ぶっちゃけて言ってしまうと
「私は馬鹿ですから・・・」
と言っているのと同じです。

そして、「・・・」の後に続く言葉は

「間違えても怒らないで下さい」
「変なことを言っても許して下さい」
「こういっておけば相手が満足するだろう」

ということを潜在的に思っているかもしれません。

これは、聞いている人の時間を無駄に奪っています。
言い訳を枕詞として話さないこと。

専門家である人だけが、対話に参加して良いということはありません。

それぞれが、それぞれの専門家であるのです。

様々な視点から物事を見ることでわかることがあるから対話をするのです。

誰もが自由に話す自由を持っています。

他人に悪影響を与えるだけでなく、自分にも悪影響を与えます。

だって「自分が馬鹿だと」自分を説得しているから。

何回も何回も何回も自分に対して、ダメな自分を言い聞かせていると、本当にダメになっていきます。

言葉は言霊と呼ばれるくらいに、潜在意識に大きく影響を与えます。

無意識にダメな自分を演じるようになります。
言葉が行動に影響を与えるのです。

そして自信も失くしていきます。

生まれてきた時には、誰もが根拠ない自信を持っています。
できないと思う自分はいません。
だからこそ寝ているだけから歩くことができるようにあるのです。
歩けることを根拠なく信じているから歩けるようになるのです。
何回も何回も何回も転んだとしても。
ただ好奇心のままに動きています。

それが大人になるにつれて、根拠なき自信を失くしていきます。

親や先生の影響なんですが、ここではこの話はおいておきます。

大人になったら自信がなくても、いいんです。
もちろん根拠なき自信を裏付けるために努力をするのも良いことです。

でもね、最低でも自分を貶めるような言葉を使わないこと。

自分を勇気付けるような言葉がけを自分にすることが大切です。
ぐっと言い訳をがまんして自分を下げる言葉を使わないだけで良いのです。

まずは自分が話している言葉に気づくことから始めましょう。

言い訳を言っていたら、言っているなぁと自分を笑って下さい。
そして、次はどんな話し方をしたらいいのかを考えて下さい。
これで本来自分が持っている力が手に入りますよ。

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


カテゴリー
好きを仕事に

好きなことを仕事にするために覚悟すること

「好きなことで起業したい」
そんな相談を多く受けていると気づくことがあります。

起業して手っ取り早く稼ぎたいという人は、前職で培った経験を生かすことが大事だということ。

これがキャッシュポイントと呼ばれるお金になりやすことです。

なぜなら、仕事として確立しているということは、世間に知られれていることだし、ニーズもあるし、ビジネスモデルも完成されているからです。

実際に、好きで起業した人のサービスを受けてみると、好きの部分のサービスは未熟で、過去に経験してきたサービスに魅力があるのです。

これがどういうことかと考えたんです。

好きなんだろうけれど、自分の言葉で話せていないのです。
頭で理解している人は、言葉にすることはできるのだけれど、どこか他人から借りている言葉なので、説得力はありません。

ところが、前職で経験してきたことは、その人なりの血肉となっているのか言葉が伝わってくるのです。

貴重な体験をしました。

できること、経験してきたことで起業をオススメする人の理由が腑に落ちました。

お金になるからです。
得意なことを分かち合う資本主義社会を考えるともっともなことです。

人の心に興味を持ち、心理という好きを仕事にした僕の経験から言えば、好きを仕事にする時には、時間がかかることを覚悟する必要があるということです。

好きをお金にかえるということは、じっくり時間をかけて良いということでもあります。

その間に自分自身が成長することができるのです。
これはとても大事なこと。

好きを仕事にするって、楽しいだけじゃないのです。
自分自身という器を磨くことが必要不可欠になります。

だからこそ、一生をかけて追求するようなライフワークになるのです。

起業したいのか、自分の好きを追求したいのか、何を求めているのか自分に問うのも大事なことです。

もちろん、今の会社がイヤだと感じているということでも良いのです。
会社がイヤな人は、最初からイヤだったのでしょうか?
好きなこと、嫌いなことを区別することは大事です。

この差をわかっていないと、次の仕事を選んでも同じような結果になることが多いのです。

好きなことを仕事にするには、時間がかかる覚悟が必要だというお話でした。

何をすればいいかって?
自分と深く対話することです。

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


カテゴリー
メンタル

思い込みを外せ

コロナのお陰で、同調圧力が可視化されてきている。

きっと先の戦争中も同じようだったに違いない。
兵士が医師に変わっただけで起きていることは同じではないだろうか。

国民に求められていることは何一つ変わっていないかもしれない。

  • 空気を読め
  • わたしが我慢しているんだからあなたも我慢しろ
  • 常識だろう
  • みんなのために
  • 国が言っていることに無条件で従え

みんなが一体感を持つことって大切なのかもしれないけれど、みんな同じでなければならないというのは、ちょっと変だ。

自分の頭で考えて選択するのではなく、周りの空気感に従って行動したり、権威者の言葉にしたがって行動すること。

これらは、個人の尊厳を奪う。

僕自身は、自由であることが何よりと大切だと考えている人。
自分が自分の権威者であることが重要なのだ。
そうでなければ、誰かの人生を生きることになるから。

人は思い込みや信じ込んでいることに従って生きている。

この思い込みや信じ込みは、誰かから設定されているものだ。

親から先生から友人から上司から世間から社会から、自分以外の模範解答を得ている。

これが正しいとは限らない。
少なくとも自分を幸せにするとは限らないのだ。

自分が今どの段階にいるのかわかる。

  1. 何も考えずに行動している
  2. 周りの目を気にして、周りに合わせて行動している
  3. 国が言っていることに従って行動している。
  4. 自暴自棄になって行動している。
  5. 感情のままに行動している。
  6. 自分の頭で考えて行動している

あなたはどのタイプであろうか?

行動は自分の内面が表出したものである。
人を判断するには、行動という事実でしかわからない。

その行動にいたるまでの、感情や思考の動きはあるが、本当の意味で他者にはわからないのだ。

これは自分が自分を見つめることでしかわからない。

もちろん外側から見ていて推測はできるが、それが正解かはわからない。

自分で考えて行動するコツはある。

  1. 起きている事実を認知すること
  2. その認知に対してどんな感情を持っているか感じること
  3. 感情の奥にある自分の欲求を知ること
  4. その欲求に対する行動をすること

事実・感情・欲求・行動という4つに分けること。
それを自分で認知することが大切。

これがゴチャゴチャに混じっているから混乱しているし、心からの満足が得られないのである。

今回は、この認知の部分をハッキリさせてみよう。

自分の選択で動いているのか?
誰かの選択に従って動いているのか?

これを認知できるだけで大きく人生が変わります。
自分が変われば世界も変わります。

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


カテゴリー
メンタル

笑おう!

コロナ疲れ対策第2弾は笑おう!

衣食住が満たされれば、人は生きていけるのか?
人が人であるには何が必要なのか?

それは笑いです。

笑いにも色々とバリエーションがありまして、爆笑から微笑みまでバリエーションが豊かです。

人は楽しくても笑えるし、悲しくても笑える存在です。

動物の中で人間だけが笑うとも言われています。
人間が発明した素晴らしいもののひとつが笑いです。

笑いの中には様々なドラマがあって、様々な思いもある。

なぜ人は笑うのか?

笑うことが救いになるからです。

ストレスの軽減にもつながるのが笑いです。

笑うためにはなんでもいいのです。

お笑いを見るもよし、映画を見るもよし、人と話すのもよし、歌うのもよし、散歩するのもよし。

笑えないよという人は泣いてもいい。

泣くのも同じようにストレスを軽減する作用がある。
涙にはストレス物質が含まれていて、体から排出されるから良いのです。

悲劇も喜劇も同じなのです。

僕の好きなsmileという歌だって悲劇なのか喜劇なのか。

心から笑えないよ。という人もいるでしょう。
そういう場合は、顔だけでも笑う顔にしてもいいのです。

口角を無理やり上げて、ほっぺたもあげてみる。

それができないなら割り箸を横にくわえるのもでも良いんです。
これ無理やり口角をあげる技です。

人間って不思議なもので、心が動くから顔が動くのではなく、体が動くから心が動くのです。

つまり、顔が笑えば、心が笑うのです。

日本人の大好きな型は、ここから生まれているのではないかと僕は思っています。

形から入るのが大切。

笑うって贅沢なものではありません。
日常の必要不可欠なものなのです。

そして自然なことなのです。

ちなみに第一弾は寝よう!です。

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


カテゴリー
メンタル

寝よう!

コロナ疲れが出てきています。
緊急事態とか、不要不急とか、日常と違うことってストレスが多いんですよね。

最初は大丈夫なんです。

なぜなら、緊急事態には、脳からアドレナリンがでて体や脳は活性化するから。
でも、これってドーピングをしているようなものなので、長続きしないのです。
知らず知らずのうちに疲労が蓄積していきます。

眠い、疲れた、やる気がない、そんな時には寝るのが一番です。

仕事が増えて、体力的に疲れているのかもしれません。
不安で精神的に、疲れているのかもしれません。
情報過多で、脳が疲れているのかもしれません。

寝ると体力が回復します。
寝ると精神が落ち着きます。
寝ると入ってくる情報を遮断することで脳が整理されます。

精神的にいうと、ポジティブでいることに疲れてネガティブにいくことがあるのです。
これって無理やりにポジティブにしていたということ。
意識的でなく無意識の場合もあります。

ずっとポジティブでいるって、ちょっと変なんです。

精神って、ポジティブになったりネガティブになったり、絶えず揺れ続けているのが健全な状態です。
その波を客観的に見ることができているのが、精神的に安定している状態なのです。

もちろん、ずっとネガティブにいるのも、変なんです。

自分の状態に気づいていることが重要です。
なんとかしようとするのではなく、ただ気づいていること。

恐れから行動して得る情報は恐れしか生み出しません。
ネガティブな状態で動けば、よりネガティブになっていきます。
ポジティブな状態で動けば、よりポジティブになっていきます。

東洋思想に「陰極めれば陽になる。陽極めれば陰となる。」という言葉があります。

ネガティブになりすぎるればポジティブになるし、ポジティブになり過ぎればネガティブになります。

この変化は急激すぎて精神を病みます。

ポジティブとネガティブをユラユラしている変化が理想です。

そのためには寝るのが一番。

できたら、美味しいご飯を食べて、会話をして、花鳥風月を感じる。

寝るのはダイエットにもいいんですよ。
寝るとね、痩せるんです。寝不足は太るんです。

自分のために、周りの人ために、社会のために寝ましょう!

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


カテゴリー
書籍

ブックカバーチャレンジ

ブックカバーチャレンジとして、
今読んでおきたい本を10冊ほど動画で紹介しました。
先行き不透明な時代にこそ必要な10冊です。

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


カテゴリー
ソース

アフターコロナの生き方を考えるソース・ワークショップ

人は感情によって行動します。
理性よりも感情が優先する動物なんです。

感情は大きく2つに分かれます。
快と不快。
つまりポジティブな感情とネガティブな感情です。
ポジティブな感情の代表は喜びであり、ネガティブな感情の代表は恐怖です。

人は未知な出来事に対して恐怖を感じます。
特に今のコロナ騒動では、大丈夫だと思っていても知らず知らずのうちに恐怖に飲み込まれてしまっています。

恐怖については日本赤十字社の「ウイルスの次にやってくるもの」が参考になります。

メンタル・トレーナーとして僕が言えることは、恐怖に焦点を合わせるのではなく、希望に目を向けることです。

希望とは何かというと、自分の内にあるワクワクという感覚。
幸せの源泉です。

今だからこそ、自分が何に興味を持っているのか、何に喜びを感じるのか、どんな瞬間にワクワクするのか、自分を知ることが大事だと考えています。

忙しい毎日だと自分を見失いがちです。
自分を内省するには、自分のために時間をとることがとても大切です。

このウイルスの次にやってくる時代、コロナの前と後では全く違うものになる可能性が高いです。
世の中の常識さえも変わっていくでしょう。

どんな生き方をするのか?

それが問われる時代がやってくると僕は思います。

  • 今のままの生活で良いのか?
  • 家族関係は今のままで良いのか?
  • 仕事はどうするのか?
  • 働く意味とは?
  • 終わらせることは何か?新しく始めることは何か?
  • 本当にやりたかったことは何か?

そんなことを真剣に考えるためにソース・ワークショップを企画しました。

オンラインで開催が可能となりましたので、多くの方と自分を見つめながら未来に向けて希望を持ちたいと思っています。

5月2日(土)3日(日)に発見編、5月4日(月)5日(火)に活用編を開催します。

詳細はこちら
https://www.asobilife.com

平日に4日に分けて受講したい。
例えば、午前中や夜に3時間で4日間連続受けたい、週1で4回受けたいというリクエストもお待ちしています。

ワークショップ後にアフターコンサルティングも実施します。
オンラインだからこそできることを僕も模索しています。

興味がある方はご連絡下さい。


カテゴリー
つぶやき

あなたは誰かの光である

人は孤独である。

これは僕の基本的な考え方。
他者に育てられ自立をしていくのが生命。
それが生きるという力です。

ただ、これだけで終わらないのが人間。
人は人とつながりが必要だということ。

人が孤独というのは、人と人は分かり合えないということ。
ただ、わかり合えないから、分かりあおうとするするもの。
孤独というものは分離感という感情を生み出す。
分離感の反対は一体感。人は一体感を求める。

人とつながりたいというのは、本能的な欲求だ。
一体感を感じたいのだ。
では、どうすれば一体感を感じられるのだろうか?

まずは思い出すこと。

究極の分離感を感じて、勇気をだして生まれてきた。
その時に祝福を受けた。
両親に幸せと希望を与えた。

これが誰かに与えた最初のギフト。
ただあるがままでいるだけで、与えることができるという体験。

関係性というものは愛から始まっている。

それからは試練があったかもしれない。
究極の状態を生まれてきた時に味わったから。
最高の安心感は胎内のことだし、最高の祝福は生まれたきた時。

また、最悪の分離感もこの時に感じた。
生まれることは、そういう感情の側面を持っている。
強烈なポジティブとネガティブを共に味わった。
最初の学びかもしれません。

幼少期に様々な感情を学び、青年期にも様々な感情を学んで大人になる。

自分自身の生まれ持った原型が、体験によってさらに細かく形づくられていく。

生まれてきた目的があるとするならば、それは誰かの希望になること。

誰に何を与えられるのだろうか?

これが大人になってから必要となるシンプルな質問。
自分の仕事は何かという根源的な問いかもしれない。

ただ、誰に何も与えなかったとしても、誰かの光であったことは覚えておいて欲しい。

そして、今でもそうかもしれないということに気付いていて欲しい。

もし、光を感じられないなら朝日を浴びよう。

どんな太陽も気持ちが良い。ただ朝日は格別です。

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


カテゴリー
つぶやき

安倍首相に怒っている人の心理学

ネットなどの情報を見ていると首相に怒りを感じている人が多いです。

なぜ怒りを感じるのでしょうか?

心理学的では、怒りは表面的な感情であり、奥には違う感情があると言われています。

心の奥にある感情の第一候補は、罪悪感です。

罪悪感を感じる時は、どんな時でしょうか?

それは二つの可能性があります。
ひとつは、自分が悪いことをしたと感じている。
自分がしてはいけないことをしてしまって罪悪感を感じている。
いたずらなんかそうですよね。
この罪悪感を感じている可能性は2割。

もうひとつの罪悪感は、自分がやるべきことをしていないという罪悪感です。
この罪悪感を持っている人は8割くらいです。

自分がやるべきことをしていない時に、誰かに怒りを感じるということです。
自分がやるべきことを、他人がしていない時に怒りを感じます。
特に権威者に対して感じることになります。

この怒りはチャンスだということ。

権威がある人がやっていないことを、自分がやるということです。
自分の出番だということ。
権威者がやるのではなく、自分ができることがあるかもしれないということです。

今やるべきこと、これからやるべきことが見えてくる可能性があります。

それでも、怒りが収まらないという人にさらなる希望があります。
これがしたいと思える人は、他者を癒す才能があります。

それは、この視点が持てるかどうかということ。

  • 何があって、そうなったのか?
  • 何がなくて、そうなったのか?

安倍首相の幼少期に、何があったのか?何がなかったのか?
青年期に、何があったのか?何がなかったのか?
大人になって、何があったのか?何がなかったのか?

もしも、その何かがあったり、なかったりした時に、助けになりたいと思うならば、あなたには癒し手の才能があります。

今のある姿というのは、何かがあったということです。

例えば、他人に冷たい人は、冷たくせざるをえない何かがあったということです。

まとめ

怒りがあるということは、心の奥で罪悪感を感じているかもしれないということ。

罪悪感とは

  • 自分が悪いことをした
  • やるべきことをやっていない

という2つの可能性があるということ。

怒りを感じている人に対して

  • 何があって、そうなったのか?
  • 何がなくて、そうなったのか?

という想像力を働かせることができて、その時に助けをだしたいと思える人は、癒しの才能があるかもしれないということ。

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


カテゴリー
ライフワーク

会社がつぶれてもいいのです。

今回は従業員の人向けの記事です。
先日は、経営者や自営業向けの記事を書きました。

僕も7年半ほど会社員経験があります。
会社って有り難いことに社員教育をして育ててくれる。
そして、まず倒産することはないだろうという安心感がありました。

小学校から中学校に進学するように、大学から企業に就職する。
何も疑問を持たずに選んだことを思い出します。
もちろん学んできたことを生かせる会社なんてことは思ってましたが。

この例の騒ぎで、会社がつぶれるかもしれない状態です。
産業そのものがなくなる可能性がある時代です。
滅ぶものがあれば、生まれるものがあります。
生と死のサイクル。

会社も人と同じで、生まれては死んでいくのです。
「つぶれるな!」と思っていても、逝く時はあっさりといくものです。

会社がつぶれっちゃても良いと許可することが大事です。

健全なメンタリティを保つためにも、倒産やリストラの可能性を受け入れる必要があります。

会社がつぶれてしまったら、次の仕事をすればいいだけ。
自分自身が会社そのものではないのです。
アイデンティティを会社まかせにしてはならないのです。

肉体と魂の関係みたいに、肉体は会社で魂は人間なんです。
魂が肉体を乗り換えてるように、人が会社を変えればいいだけ。
輪廻転生みたいな考え方です。
ヤドカリのようなものです。

会社に与えるプレッシャーを解放してあげることは重要です。
なんでもかんでも会社に期待してはダメ。
ならぬものはならぬのです。

以前の僕は、会社に期待し過ぎていて文句ばかり言っていました。
起業した今だからわかるんだけど会社も頑張っていたのです。
会社は様々なサポートしてくれていたお陰で楽ができていました。

楽ができていた時に何をしていたか?

起業のための準備をしていたのです。
しかも全く違う業種であり職種のための学びをしていました。
その学びは、面白そうという好奇心からスタートしています。
大学の専攻も関係ありません。

今、副業が解禁になっている企業も多いです。
解禁になっていなければ隠れてやってもいいんですよ。
そんな人を数多く知っています。

会社がつぶれっちゃっても良いように準備をしてもいいんです。

会社はあなたではありません。

ついつい会社員は、自分と会社を一心同体だと勘違いしちゃうんですよね。
会社の評価も自分の価値とは全く違います。
評価されないなら居場所が違うだけなんです。

自分の居場所を探し求めてもいいし、自分で創ってもいい。

会社がつぶれっちゃったら、何をしようか?

そんなことを考えてもいいかもしれません。
大切なのは、心を軽くしておくことです。

何が起きても大丈夫。
根拠のない自信を持っていてもいいかもしれません。
誰も正解は知らないのですから。

生き方と向き合う時代が来ている実感があります。
歴史の転換点を見ていますね。

<今使える簡単ストレス・マネージメント>

全10回のストレスマネージメント術はこちら

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com