民主主義って多数決だよね?

最近の大学生たちに「みんなで決めてね」とお題を投げると、LINEを使ってすぐに多数決を取るという話を聞いた。

その人は、話し合って決めてほしいという意図があったようで、すぐに多数決をとるのはどうかと思うというようなことを言っていた。

LINEにそんな機能があるんだ!と驚いたんですが、そういう話ではありません。

多数決をとるものじゃないの?と1970年代に小学校に通った僕は思ったのでした。

記憶をたどると学級会なるものがあって、最後に多数決をとって決めていたよな。
民主主義ってそういうものでしょうと思って育ってきた。

民主主義は少数の小さな声を大切にするというような話も聞いたことがありましたが、結局多数決をとるんだから大多数の大きな声で決まるものでしょうと思っていた。

実際に世の中を見ているとそう思う事例が多い。

話し合いで決まることの経験が絶対数少なく育ってきている。

とあるセラピー指導者養成講座で「べリング・ザ・キャット」と呼ばれるワークをしたことがある。

ネズミたちが話し合いをするという設定だ。僕たちネズミは毎日ネコに食べられている。このままでいくと僕たちは全滅してしまう。なんとかして、ネコに鈴をつけてネコが近づいてきたらわかるようにしたい。どのようにすればいいのか?

というもの。

小一時間話し合っただろうか。あの人がやればいい、主催者の人がやればいい、指導者の人がやればいい、じゃんけんで負けた人がやればいい、いや、くじ引きでやればいい・・・

全員が合意したものだけが決定されるというもの。つまり誰か一人でも反対者がいればその意見は却下ということだ。

いやぁ、楽しいほど決まりませんでした。

この演習でのまとめは「合意形成は難しいよね」ということでした。

ここまで話し合いをすることあっただろうかと思うくらいに話をしました。そして、だんだんと早く終わらないかなと険悪なムードになったりしたり、笑いが絶なくなったり、個人の感情もさることながら集団の感情も大きく揺れ動きました。

とあるワークショップの講座では、1週間後の小学校へのワークショップをどうするのかについて合意形成をした時には、講師の先生から指導がありながら2日間体験と話し合いが行われ2日目の最後に「振り出しに戻そう」という話になった時には笑うしかなかったですね。実際にその後はとても良いワークショップができたのですが、面白い体験をさせてもらいました。

合意形成ってエネルギーも時間を使うんですよね。

本当に民主主義をやろうとすると、一人ひとりが当事者意識を持ち、参加者全員を尊重し、時間もエネルギーもお金も使うことにコミットする必要があるのです。

いや、ほんと、めんどくさいんです。

合理的な考え方をすれば、話し合いもせずに多数決で決めちゃうと楽なんです。
また、積極的にやりたい人にまかせちゃうというのも楽なんです。

楽なんだけれどそのツケを払うことも歴史を見れば起きることなんですよね。

「どうでも良いことは流行に従い、大事なことは自分の芸術に従う」というようなことを言ったのはまどみちおさんでしたっけ?

民主主義ってもしかして終わっているのもしれないと思ったりもします。
かといって、これが今現在ではベターであるのかもしれません。

6月に30℃を超えたりするから難しいことを考えたりしたわけで、たまにはこんなことも良いかもしれない。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
自身の人生を振り返り幸せの源泉を見つけ未来に活かすためのワークショップ
https://www.asobilife.com


「仮説・実験・検証」思考

最近、「科学的に・・・」という言葉を聞くことが多くなったんだけど、科学という言葉をどんな意味で使っているのかわからなくなることが多くなってきた。

どうも科学とは、数学の公式にみたいに、「こうすれば、こうなる」と因果関係の公式が存在し、それを科学と呼んでいるのではないかと思ったりするのです。

正解の公式があるのが科学。

実際には科学って、その公式を見つけようとしているものです。
そして、その公式はあくまでも仮説であって本当かどうかはわからない。
なぜならば変わることがあるからなんです。

自分事で考えてみると、過去は一本道です。

「こうしたからこうなった」と説明することができます。
公式のように語ることができます。

ところが未来のことになると道は無限にあります。
分かれ道もあれば、広野のように道がない場合もあります。
「こうすればこうなる」ということはありません。

学校教育では、「こうすればこうなる」ことを学ぶことがほとんどです。
過去にわかったことしか学ばないので、正解があることしか学びません。

ところが社会にでたら答えがない問題だらけです。
正解が必ずあるはずだと調べまくります。
で答えらしきものを見つけて安心します。
でもそれ、正解かもしれないし、正解ではないかもしれないんですよ。

正解がないからこそ、仮説・実験・検証の思考が重要になるのです。

答えを見つけるのではなく、これが答えではないかと自分で決めるのが仮説、
この仮説が正しいか間違っているか確かめるためにするのが実験、
そして実験結果を判断するのが検証です。

検証結果で、正しいと思えばそれが正解であり、間違っていれば新しく仮説を立てて実験検証と繰り返していくことです。

正解だとしても本当にそうなのか、さらに仮説・実験・検証を繰り返して仮説を深めていくということももちろんあります。

料理に例えたら、不味いものはなぜ不味いかを検証し、美味しくなる仮説を作り、料理を作り直すということなんです。
美味しかったら、もっと美味しくするにはと仮説を作り、料理を作って検証していくということです。

そのために大切なのは、事実を観察することです。

現場を観察し、結果も観察する必要があるのです。
この観察する力がなければ、考えることもできません。

ダイエットに例えるなら体重計が観察道具です。
測定道具があることで、事実を観察することがはじめて可能になります。

科学の世界では、測定器具を作る人たちが一番大切な仕事だと言われたりします。
数値化することができれば仮説・実験・検証がやりやすくなりますから。
目に見えないものを目に見えるようにすることも大切なことです。

そして、健全な科学的な視点を持つと、物事を断定することはできません。
100%正しいということはないからです。

心理的に人は断定する人を信用してしまうことがあるので、誠実な科学者を信頼できない人のように見えてしまうことがあるのです。

人は科学よりも物語を信じてしまう傾向があるからです。
科学は事実であり物語は嘘だと僕は思っています。

このブログのアイキャッチ画像も実際の実験している写真ではなく、科学をイメージした写真です。つまりは実験っぽくしているだけの嘘でしょう。言葉を控えればわかりやすい演出でしょう(笑)

ただ世界は複雑であり、科学だけではダメだし、物語だけでもダメなのです。
虚実が混ざり合ったものがこの世界を作っていますから。

未来のことは「仮説・実験・検証」する必要があるんだな。
正解はないかもしれないんだな。
自分自身の正解を見つけて、誰かの正解もそれはそれで尊重していく必要があるな。

と思っていただければ幸いです。はい。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
自身の人生を振り返り幸せの源泉を見つけ未来に活かすためのワークショップ
https://www.asobilife.com


貧すれば鈍する

「貧すれば鈍する」という言葉があります。

辞書で調べるとこんな意味があります。

貧乏すると、生活の苦しさのために精神の働きまで愚鈍になる。

デジタル大辞泉(小学館)

貧乏ってメンタルに大きな影響を与えるという意味です。

お金持ちは悪い奴だとドラマ水戸黄門で学びましたが、実際には違ったりします。裕福な家の人たちは良い人たちが多いのですよね。余裕があるからか親切だったり世の中を良くしようと活動している人も多いです。文化芸術にも造詣が深かったりするけれども質素であったりするのです。

以前に僕が出会ったお金持ちは「いつもユニクロを着て、2年ごとに全部買い換えるんですよ。」という言葉を教えてくれました。斬新なアイデアだと衝撃を受けました。

金持ちでも良い人もいれば悪い人もいる。貧乏でも良い人もいれば悪い人もいる。
これが真実なのかもしれません。

話を元に戻しましょう。

お金に困ると心が病んでいく。確かにそんな傾向はあるかと思います。

  • 「お金がない」
  • 「お金がなくなるかもしれない」
  • 「もしもお金がなくなったら・・・」

とずっと頭の中で考えてしまうと、どんどん落ち込んでしまいます。

「人が大切なんだ」と言っていた人がお金に困ると、人を使い捨てにしている姿を見ると悲しくなります。

まぁこれは、良い人に思われたいから「人が大切」だと言っているだけで、実際は、そんなこと思っていなかったということかもしれません。

清貧の思想はありますが、実際に「貧」しくて「清」らかな人は少ないでしょう。

お釈迦様みたいに、王様から乞食になっても悟りを開くくらいに健全なメンタルを保つことは難しいのではないかと思うのです。

健全なるメンタルを作るために自分自身と向き合うこと、お金を作るために稼ぐことは重要なのではないかと思ったりしています。

昔からある言葉には一理ありますから。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com


終わりを決めて始めること

最近、聞いて驚いたことがある。

「勉強会やろうよ!」
「いいね。」
「誰からやる?」
「じゃあ、私から。」
「いいね。」
「それじゃ、次は私。」
「いいね。」
「でさ、どうなったら辞めようか?」
「えっ?」
「いや、最初に辞めるタイミングを決めてから始めようよ」
「はぁ?」

というやりとりがあったそうな。

何か会を立ち上げる時に、どの会がどうなったら終わるのかを決めるという。
多くの人がこの考え方に思考停止をしたらしいのです。
何を言っているのかわからないと。

よく考えると始まりがあれば終わりがありました。

小学校、中学校、高校も大学も卒業がありました。
時が来れば卒業するのです。

目的が明確な会ならば、目的を達成して解散するのもありですね。

最初から3回だけはやろうというのもありだと思います。

永遠に続くものはありません。

終わりのタイミング、卒業のタイミングを自分たちで決めておくことが重要なんです。

なにか「しがらみ」のようなもので続けていると不健全になります。
物事は達成したのにダラダラと続けていると不健全な空気が流れ出します。
余計なことをはじめて、誰も得をしないような集まりになったりすることがあるのです。

いろんな人に終わりを決めて物事を立ち上げるかと聞いた所、僕統計では終わりを決めて始める人は0%でした。

「なんか違うなと思っていることはある」という人は大勢いました。
違和感を感じたりしながら続けたり、違和感を感じたからこそ卒業したり、続けようと思ったけれど首になったり、と強制終了のようなことまでありました。

初めから終わりを決めるって大事なことかもしれません。

唯一、決められないのは、自分との決別でしょうか。
生まれてから死ぬまでずっと一緒にいるのは自分自身ですから。
これだけは終わりは自分では決められないのかもしれません。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com


コニュニケーションで一番大切にしたいこと

コミュニケーションって誰かとの関係性で語られることがほとんど。

相手の話を伝えよう、相手の話を聞こうというもの。

職場での人間関係、家庭での家族関係でのコミュニケーションが大事だと言われています。

いや、ちょっと待って欲しいのです。

大事なことを忘れてはいませんか?

これが一番忘れやすいんですよね。
だって、目の前にいないから。

大事なことは自分自身です。

自分自身とのコミュニケーションが一番大切です。

その理由は、生まれてから死ぬまで常に共にいるパートナーだからです。

自分で自分のことがわかっているかといえば、そうでもないのです。
自分のことを一番わかっていないのが自分自身ということもあるから。
自分のことは知っていると思い込んでいるのは危険かもしれません。

自分自身とのコミュニケーションって、どうやればいいの?

自分の中になる答えを見つけるのどうしたらいいの?

と聞かれることがあります。
僕らみたいに話を聞くプロに話をするというのもオススメなんですが、一人でできることがとても重要になります。

それは、自分一人で過ごす時間をとることです。

そして、自分が好きなことをすることです。
一人でできることで自分が好きなことですね。

ついつい自分のことを忘れがち。

自分とのコミュニケーションを1日に10分でいいからとりましょう。

特に繊細な人には必要なことです。

今日もゴキゲンでいこうぜ!

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com


感謝は幸せの源らしいという研究結果が

twitterでこんな記事を見た。

中身を書いておくと

人生に意味をもたらす3つの要素がある

  1. 目標があること
  2. 必要とされていること
  3. 社会とつながっている実感

のほかに新しい要素として

  • 経験的感謝(環境や状況について感謝する気持ち)

が研究によりわかったそうだ。
しかも、この4番目が一番人生に意味をもたらすと感じるという。

近年、幸せという研究がされている。

日本では、幸せとは、海の幸や山の幸が豊富にあることだったそうだ。
物質が豊かでない時代の幸せは、冷えと飢えがない状態が幸せだったのだろう。

よく考えたらこれも環境由来のものですね。

「ありがとう」と言っていれば良い、「ありがとう」を100万回言おう、という考え方もあるけれど、言葉にすることって大事ですよね。

自分が「ありがとう」を言う存在になり、そのうちに周りから「ありがとう」と言われる存在になる。

「ありがとう」を言うためには、周りを観察する必要があるから。
どんな人が言われているのか、何をすれば言われるのか、そんなことを学習すれば良いのだ。
最初はわからないかもしれないけれど、そのうちにわかってくる。

最初は「ありがとう」と言われるために行動をしたのかもしれないけれど、わざわざ「ありがとう」と言われるために行動するのではなく、だんだんと自然なことになってくるのかもしれない。

人との関係性が「ありがとう」で結ばれるのが理想なのではないか。

そんなことを思った。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com



人生で大切なものを入れる器、それは身体

人生の目的は何か?

その問いの答えは明確である。

幸せになることだ。

では、何があれば、何をすれば、幸せを感じられるのか?

その答えはひとそれぞれ千差万別。

自分でその答えは見つける必要がある。

仕事?家族?仲間?家?お金?趣味?パートナー?やりがい?遊び?

様々な分野に幸せの鍵は眠っている。

そんな幸せを入れる器が実は重要なのだ。

それは「健康」ということ。

幸せは心が感じるもの。その心が宿っているのが身体です。

身体を器として見立て、その中身を心とする。

器の中に何を入れるのか?

様々な器があるんだけど、人それぞれの器があり、それを健全に保つことが必要だ。

健康が害すると、幸せを感じづらくなる。
仕事、家族、仲間、家、お金、趣味、パートナー、やりがい、遊びなど、最悪はできなくなるし、楽しめなくなったりもする。

今が一番健康なので、これをどれだけ維持向上させるかが鍵となる。
病気だからといって、心まで病む必要はない。
病気を受け入れて人生とやっていくことが重要となる。

年を重ねていくと身体は老いていく。
これには逆らえないんだけど、苦しみも生んだりする。
生老病死は人間の苦しみである四苦と呼ばれている。
ちなみに四苦八苦とは、この生老病死に、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五蘊盛苦を足したもの。意味は、なんとなく漢字から想像してみてください。

健康が人生を楽しむために一番重要なのです。

でも、これはね、壊してからでないと気づけなかったりするのです。

健康のためには、睡眠、食事、運動の三要素に、好きなことをするという精神的な要素が加わります。

ということは、好きなことをするために、睡眠、食事、運動をどうすれば良いのか考えれば良いのではと思うわけで。

あーあー♪あああああーあー♪

幸せの源泉を深掘りして活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com


人のためにという罠

人の為に何かをしなさい。

これは正しい言葉のように聞こえます。
実際には正しい言葉なんですよ。

でもね、「人の為に何かをしなければならない」と思っていると苦しくなってきます。

なぜなら、「人のために自分を犠牲にしなければならない」と思っている人が多いから。

「人の為」(ひとのため)と書いて「偽」(いつわり)というように言う人もいます。

先日、森林ボランティアに参加していた時に話題になったのですが、「楽しいからやっているんだよ」という人は本当に楽しそうで幸せに活動しています。

「この活動は自然のためになっているのであろうか」と考えている人たちって、眉間にシワが寄っている人が多いのです。

それで活動を続けていると、「なぜ多くの人は無関心なんだ」ということに腹をたてて、攻撃的になっていく人を多く見てきました。

僕の観察では、このパターンにおちいる人は、無理してやっている人たちに多いと感じています。
なぜ、無理をしているのかといえば、自己肯定感が低いということです。
自分で自分を認めることができないので、他人に認めてもらいたい。
認めてもらうために良いことをしようという思考になっています。

では、どしたら良いのか。

自分が好きなことをやればいいのです。

簡単でしょ(笑)

で、ちょっと大人な思考をすれば、「自分の好きなことを、他の人に分かち合えないかな」と考えることが大切なことになります。

前提として、自分が好きなこと、やりたいことをやるということ。
誰かが喜ぶからやるというのは、自分が好きなことだったり、やりたいことではありません。

人を喜ばすことが好きなんだという人でも、何をするかは、自分が好きなことをするべきなんです。

時々あるパターンは、世のため人のためと言いながらお金をちょろまかしている。
世の中に対しては良いことを言っているのだけれど、裏では全く違うことをやっている。

自分がこれだけ良いことやっているんだから…」という言い訳が生まれるからかもしれません。

関わるかどうかは慎重にしたほうが良いでしょう。

話題がズレました。

自分が好きなことって、自分を幸せにするのです。
その幸せをお裾分けするのが、他人と分かち合うということ。
好きなことで周りの人たちを喜ばすことができないかと考えると、自分のためであり、他人のためにもなるのです。

さらに、一歩抽象的に考えればここに、「社会のため」を入れても良いかもしれません。

順番を間違えるとおかしなかことになりますから、ここは要注意です。

一番大切なのは、自分のためなのです。

自分のため、人のため、社会のため、日本のため、世界のため、地球のため、宇宙のため???

抽象度を上げて考えてみるのも良いかもしれません。

今、している活動はどうなっているでしょうか?

もしも、自分のためがわからない人には、ソースワークショップがオススメです。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com


大きく真っ赤な嘘よりも、自分でも嘘をついてることに気づけない程に小さく色すらない嘘の方に、人生を左右するぐらい巨大な問題が隠されてる

大きく真っ赤な嘘よりも、自分でも嘘をついてることに気づけない程に小さく色すらない嘘の方に、人生を左右するぐらい巨大な問題が隠されてるんだなぁーと、先日まぁちゃんと話してて気づけることがありました。
こればかりは、どんなに努力しても自分では分からないんじゃないかなぁー。自己防衛の潜在的能力ってハンパない!、人に見つけて貰うしかないですね。

MSさん

このような先日のブログの感想をいただきました。

嘘をついていると自覚している嘘は、まだマシなんです。
本当に問題になっているのは、嘘をついているということさえ気づいていない小さな嘘なんです。

それが自分の人生に大きな影響を与えているのです。

小さな刺激ほど大きな効果をもたらすのが嘘なんです。
これを自分一人で気づくことはとても難しいことなんですよね。

これ他人に見つけてもらっても実のところ効果は薄いのです。
対話をすることで共に見つけていくことが重要になります。

答えは自分の中にあるので、セラピストはクライアントさんを嘘の近くまで連れていくことは可能です。

でも、最後の最後で嘘に気づき、認め、受け入れて、正直であることを選び、嘘に対処するのはクライアントさん本人なんですよね。

共に問題を解決していくのが僕らセラピストの仕事です。

小さな嘘に人生を左右するような大きな問題が隠れています。

正直に自分と向き合い、人生を変えたい人の応援をしています。
気になった方は相談して下さいね。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com


もっと、こうやったらいいのに!と思った時に読むべし

  • 「もっと、こうやったらいいのに」
  • 「これしたら、よくなるのに」
  • 「なぜ、やらないんだろう?」

そんなことを思うことがあります。
もちろん他人に対して思った時のことです。
他人事だから好き勝手に言えることです。

アドバイスしたり、助けたりしたくなることありますよね。

これは、心理学的に言えば、投影です。

投影というのは、自分の事を相手に映し出して見ているということです。

つまり、そのアドバイスは自分に向けて言っていることと同じです。
他者に言っているのでなく、自分自身に言うべき言葉なのです。

自分ごとを客観的に見ることはできません。
できないは言い過ぎかもしれませんが、難しいのは確かです。
完全に客観視できたら悟りを開いているくらいにすごいことなんじゃないかと思います。

そう、他人事だから好き勝手に書いて見ましょう。
あの人に対して、アドバイスや助言をできる限り書き出します。
それから、それを自分へのアドバイスとして変換してみるのです。

今、自分自身が何をすべきが見えてきます。

投影の法則はうまく使えば、自分自身を知る方法のひとつに使えるのです。

えっ!?どうしても他人を助けたい?

なんて、お節介な人なんでしょう。素晴らしい!
お節介は、とても重要な資質でもあります。

そんな時は、アドバイスするのではなく、手伝えばいいのです。
口をだすのではなく、手足を動かすのです。

アドバイスできるくらいにその方法について知っているのだから、実際に手伝えばいいのですよ。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com