コミュニケーションの極意(その2)

相手を観察することです。

前回、コミュニケーションができるようになるために必要な感情は、興味を持つことだと書きました。

相手に興味を持ったら何かが起きるのか?

見ることです。
興味を持って相手をみることは、観察することです。
注意深く見ることが大切です。

青春時代に、好きな人ができたら何をしたのか?

それを考えてみるといいです。
好きになった人がいて、さらに付き合いたいくらいに思って、どんな行動をしていたのか。
いいなぁと思って見てたり、
恥ずかしいから隠れて見たり、
何が好きなのかなと見たり、
友達に聞いたり、
近くに言って名前を覚えてもらったり。

なぜ観察するのでしょうか?

相手のことを知るためです。
興味を持ったことを僕は徹底的に調べます。
いてもたっても知りたくなっちゃうんですよね。

若い頃の思い出は極端ですが、好きになった時の行動は大人になっても似たり寄ったりです。

尊敬している人に会う時にも、
その人が書いているブログを読んだり、
twitterを読んだり、
本を読んだりします。

できる限り情報を集めます。

なぜなら話したいから。

自分が興味があることで、相手も興味があることから話をスタートすればスムーズにいきます。
自分の話したいし聞きたいし、相手も話したいし聞きたいしということを見つけるのです。

自分が何に興味を持っているのかも重要ですね。
自分自身を知ることも大切になります。
そして興味があることを追求していれば、
自然と話題はでてきます。

セミナーやパーティーに参加した時に、知らない人に話しかけるのも良い練習になります。

どこから来たのですか?
どんな目的で来たのですか?
講師(主催者)の人とは何つながりですか?
仕事は何をされているのですか?
最近、どんなことに興味を持っているのですか?

観察しなくても定型文のような質問も可能です。
わかっていることもありますから。

話をしながら観察をして、共通項を見つけられたらいいですね。

人見知りなもんで、緊張するもんで、恥ずかしがり屋なんで・・・
これはただ言い訳です。なんの役にもたちません。
これは経験がないだけで、経験をしていけばある程度は大丈夫になります。
僕も最初に緊張するのは今も昔も同じですが(笑)

話をしたいという好奇心を持つことが大切です。

相手そのものに興味を持ってもいいし、相手の持っている情報に興味を持ってもいいし、相手の持ち物に興味を持ってもいい。

いつでもキッカケは自分から。

練習している場合ではありません。
いつでも本番です。
一期一会を楽しむことがコミュニケーションの極意です。

そのために必要なのは観察です。

続きます。

■自分の好奇心を育てるソース・ワークショップ。
https://www.asobilife.com/

■期間限定特別感情リーディングのお申し込みはこちら
https://www.yoriyoku.com/reiwaSession.html

■4/20,21開催 体験を通じた心の学び
ニュートラルマインド講座
https://www.yoriyoku.com/MindMakeTraining.html

■フリースタイル公式Website
https://www.yoriyoku.com


ワクワクするからやるんだよ

人は心地良く感じることを求め、心地悪いことを避ける。
これは本能的な選択です。
人間というよりも動物的な部分です。

心地良さと心地悪さを決めるのは感情です。
つまり人は感情で生きているということです。
自分の意志ですべてを決めて動いていると思いがちですが、
すべては感情からの反射で動いているのが人間です。

メンタルトレーナー上田正敏です。

人は、感情の反射で動いていますが、
どのように反射するかは
何を学習してきたかとつながっています。

つまりは、何を経験してきたかということ。

過去の経験に縛られているのが人なんです。
この過去から自由になるということは、
反応で生きるのではなく、
今自分が望む選択を意識的にすることが
重要になります。

今ここを自分らしく生きるためには
心地良く感じる感情である
ワクワクを大切にすることです。

何でワクワクするかという理由は必要ありません。
何で?と聞かれると自分の思考を答えてしまうのが人情ですが
こういう時の思考は何も役立ちません。

子供の頃に「なんで牛乳をこぼしたの?」って怒られたかもしれませんが
牛乳が勝手に溢れたのを怒られただけなのかもしれません。
そこから、こぼさないように、失敗しないように、
何事も行うようになったのかもしれません。
これが行動の原理原則になっているとしんどいのです。

ネガティブな感情を避けるために行動するのは
自分自身を絞め殺すことと同じです。

ポジティブな感情に焦点を合わせるのが大切です。
それがワクワクという感覚なのです。
なぜか知らないけれど、
魅力を感じたり、
好奇心が刺激されたり、
落ち着いたりすることをするのです。
理由はなくていいのです。
自分の感覚を信じることが大切です。

常識とか普通とか言ったりしますが、
人は一人一人が別のワクワクを持っています。
これがいわゆる多様性なんです。

誰かのマネをしていても
決して自分のワクワクがわかることは
ありません。

自分が経験することでしか
ワクワクすることはわからないのです。

頭で考えるだけではダメ。
体が動いて初めてワクワクはわかるものです。

ワクワクすることをやるんだよ。

そして、ワクワクし続けることを見つけたら
もっとワクワクを追求していくのです。
継続は力なりです。

この時に、以前書いた

が重要になってきます。

ワクワクすることを
恐かったり、恥ずかしかったり、イヤだったり
することが理由であきらめる。

人の心はフラクタルの海なので、
好きなことの中に嫌いなことがあったり
嫌いなことの中に好きなことがあったりします。

とても心は複雑になっています。

時には、恐かったり、恥ずかしかったり、イヤだったり
することを積極的にやることが重要になります。
自らフラクタルの海に飛び込むのです。

なぜ、そんなことをするかといえば、
人は誰でも幸せになるために生まれれ来ている。

僕はそう思っているから。

ワクワクすることの中に、
自分が生まれてきた意味があると信じているから。

ワクワクすることやろうぜ!

ワクワクすることを見つけて活用するにはソース・ワークショップがオススメです。
https://www.asobilife.com/

■期間限定特別感情リーディングのお申し込みはこちら
https://www.yoriyoku.com/reiwaSession.html

■4/20,21開催 体験を通じた心の学び
ニュートラルマインド講座
https://www.yoriyoku.com/MindMakeTraining.html

■フリースタイル公式Website
https://www.yoriyoku.com


イヤだからやるんだよ

前回の恐いからやるんだよに引き続き第三弾です。

イヤなことって、ついつい先延ばしにしちゃいます。
先延ばしにしちゃうことって、イヤなことだったりもします。

イヤだからやらない。
イヤでもやらなければならない。
イヤでもやってみようかな。
イヤでもやろう。
イヤだからこそやろう。
イヤだからやるんだよ!
このように変わっていければいいんだけど、
一番目で挫折することが多いです。

イヤっていったい何でしょう?

イヤって生まれてきた時にはないはずなんです。
だって、新しいものは、好きとか嫌いとかないですから。
好奇心しか持って生まれません。
でも、それだけでは生き残ってはいけないのです。
好奇心のまま動いていたら危ないでしょ。

「車だ!」ってそのまま走っていったら・・・
「お菓子だ!」ってお店でそのまま開けて食べたら・・・
「これ欲しい!」ってそのまま家に持ち帰ったら・・・

そうなんです。
好奇心のまま動かないんです。
大人になったら。

理由は2つあります。
イヤな思いをすることで、
ネガティブな感情と行動が結びついて
動けなくなる学びをしている。
もうひとつは、誰かからの教育です。

大事なことをもう一度いいます。
人は好奇心を持って生まれてきているんです。
好きも嫌いも同じです。
興味があるということ。

好きの反対は無関心だということを言った偉人もいますね。

好きも嫌いも関心があるということ。
つまりイヤの中にも好奇心が含まれているのです。

イヤなことをやってみよう!

時としてこれは大事なことになります。
イヤなことをイヤイヤやるのではなく、
積極的にやってみる。

それでもイヤなら辞めていいのです。
イヤなことをやり続けろと言いたい訳ではないのです。
基本的にはイヤなことは辞めようというのが僕の考え。
それは時に自分の可能性を否定することにもなるのです。

イヤだからやってみる。

試してみる価値ありです。

第一弾:恐いからやるんだよ
第二段:恥ずかしいからやるんだよ

■期間限定特別感情リーディングのお申し込みはこちら
https://www.yoriyoku.com/reiwaSession.html

■4/20,21開催 体験を通じた心の学び
ニュートラルマインド講座
https://www.yoriyoku.com/MindMakeTraining.html

■ゴールデンワーク開催。
自分を深く見つめるために棚卸しをしませんか?
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com/

■フリースタイル公式Website
https://www.yoriyoku.com


恥ずかしいからやるんだよ

前回の恐いからやるに続いて恥ずかしいからやるです。

僕の場合は、行動を妨げる感情で大きいのは恥ずかしいという感覚です。
恥ずかしいって自意識過剰、つまり他人の目を気にするということ。
他人の視点で見れるというのは良いことなんだけど、それで動けなくなるのは残念なことです。

人は自分の欲求しか叶えることはできません。
これは原理原則の考え方だと思っています。
人目を気にして遠慮してたら人生が終わってしまいます。

人間は群れを作る動物なので、人目を気にするようにプログラミングされてもいます。
みんなが人目を気にしなければ集団は成り立ちませんから。

問題は過剰であるということです。

自分がやりたいことを恥ずかしいからやらないというのが問題。
他人にどう思われるかなとかついつい考えてしまう。
親、パートナー、友達、世間の目とかね。

解決策は恐いと同じ。

恥ずかしいことをすればいい。

正確に言うと、ずっとやりたかったことで恥ずかしくて諦めたことをしよう。

自分の枠が広がり、世界が広がり、可能性が広がります。

自分にスポットライトが当たって注目を浴びてもいいんです。
主役になる時が来たんだよ。自分の人生においてね。

■期間限定特別感情リーディングのお申し込みはこちら
https://www.yoriyoku.com/reiwaSession.html

■4/20,21開催 体験を通じた心の学び
ニュートラルマインド講座
https://www.yoriyoku.com/MindMakeTraining.html

■ゴールデンワーク開催。
自分を深く見つめるために棚卸しをしませんか?
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com/

■フリースタイル公式Website
https://www.yoriyoku.com


恐いからやるんだよ

物事が進んでいないと感じる時にこそ、恐いことをやることをオススメしています。
恐いという理由で避けていたことに答えがあることがあるから。

恐いを超えてやっていると慣れてきて、恐いけれどやってみようという勇気を持つことができます。

ほとんどの場合は、恐いの正体は未経験だということ。
本能的に知らないことは恐いと感じるように人はできています。

メンタルトレーナー上田正敏です。

恐いことは危険で安全でないと思い込んでいることがあります。例えば、スカイダイビング、バンジージャンプ、ジェットコースター、スキューバーダイビング、バイク、カヤック、アウトドア。

これ本当に危険なことでしょうか?

初めてのことを一人でやるなら危険度は上がります。プロと共にやれば危険性は低くなります。ほとんどのことは安全なんです。危険を冒すことってとても大切です。

疑似体験として、危険だと信じていることをやってみることは、その後の未来を大きく変える可能性があります。

一番恐いことをやってみるってパワフルなワークなのです。

恐いことこそ、やってみよう!

実は昨日のブログに書いたことも、恐いけれどやったことだったのです。

■期間限定特別感情リーディングのお申し込みはこちら
https://www.yoriyoku.com/reiwaSession.html

■4/20,21開催 体験を通じた心の学び
ニュートラルマインド講座
https://www.yoriyoku.com/MindMakeTraining.html

■ゴールデンワーク開催。
自分を深く見つめるために棚卸しをしませんか?
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com/

■フリースタイル公式Website
https://www.yoriyoku.com



適当に褒めていればいいんです!?

他人のことは適当に褒めていればいいんです。
そうすれば相手はゴキゲンでいれるでしょう。

そんな言葉を聞いて考え込んでしまいました。

メンタルトレーナー上田正敏です。

これ3つの視点からマズイなと思ったのです。

これっていわゆるご機嫌取りです。ご機嫌取りをしているとどんどん自尊心が傷ついていきます。嘘をついているので正直な自分が何かわからなくなっていきます。関係性においてもどちらが上でどちらが下かという権力構造に囚われていきます。

この言葉を他人に言うということは、言われた人もその人の言っていることを信じなくなります。だって、他人の嘘を言っていればいいんだよと言っているということは誰にでも嘘を言うことと同じこと。誰かに接する態度は、誰にでも接する態度と同じです。褒めても貶しても信用を失っていきます。私を信用しないでと宣言しているようなものです。

まぁ、この2つは起きることなんだけど、僕が一番思ったことは、相手に嘘を付いてまでも褒めなければならない環境にずっといたのかということ。人がその振る舞いをしているには必ず理由があります。過去の経験が今の振る舞いを決定づけています。なんだか切なくなりました。

相手に気に入られようとしてご機嫌取りをすることは危険なんです。相手をどうとも思っていなくてもご機嫌取りをすることも同じです。

嘘を言うって、人間の脳が高度に発達しているからできること。小さな子供の嘘が可愛く見えるのは、嘘だとわかっているから。これがどんどんと知恵がついてくれば嘘が嘘とわからない嘘をつくようになります。嘘って整合性をとるためにあらゆることを嘘に合わせないとバレるのです。脳をフル回転させなければ嘘をつくことはできません。

小さな一つの嘘のために、大きな嘘をつかなければならないことになることがあります。

嘘は他人の信用を失くすだけでなく、自分への信用も失くすことになります。

そんな自分に自信が持てるでしょうか?

自分らしく生きたいなら正直になることです。

自分にも他人にも。

それが一番楽でもあるんですよね。

正直になると、嘘を言っていた時の友人知人の総入れ替えはあるかもしれませんが・・・

■自分自身の嘘をなくす個人セッションです。
https://www.yoriyoku.com
■自分のワクワクを根本から見つめ直すソースワークショップ
www.asobilife.com


気づきとは何か?

とある瞑想について学んでいます。最近では、瞑想もマインドフルネスといって普通に企業にも取り入れられています。

とある瞑想は、仏教の教えがベースとなっているんだけど、日本人は無宗教者でも仏教の考え方が生活の中にあるのでわかりやすいです。

そこで気づきのワークをしています。気づきとは何かを実体験をするということ。 

僕が学びに行ったところでは、「私の言うことを信じないで下さい。自分が体験したことだけを信じて下さい。」という実践主義なところが好きです。頭でわかっただけの人が話をすることほどつまらないことはないですから。

そのワークの中で1円玉を使ったワークをしました。簡単です。親指と人差し指の間に1円玉を挟んでおいて落とさないようにすることだけ。それで瞑想をしたのですが、日常生活でやってもいいということ。

気づきって何気なく使っている言葉なんだけど、それはどんな意味なのでしょうか?

それまで見落としていたことや問題点に気づくこと。「小さな気付きが大発見につながる」「日々の気付きが成長をもたらす」「生徒の気付きを促す」

goo辞書より

うん、そうなんだけど、気づきってちょっとニュアンスが違います。ないものがあるものに変わるくらいの大変換点が気づきだという意味だと僕は思っています。

僕が実践していてわかった1円玉のワークで面白いのは、1円玉のことを忘れても1円玉を落とすことはないということ。そして、時々、あぁ1円玉を持っているんだなと気づくことです。

でも、布団で寝ちゃうと朝起きたら1円玉は落ちていました。

僕が気づいたことは、気づきとは意識だということ。

気づきには、集中が必要だということ。

気づきは、あるはずのものがない状態だったものが、あるものがあるという状態になるということ。

気づきは一瞬にしてすべてがわかるということ。

実際に1円玉を持っていただけなんだけど、「そうか!」と思わず膝を叩きなるような気づきがやってきました。

この気づきは人によって違うこともあるだろうから、実際に1円玉のワークを試してみるのもいいかもしれません。実体験を伴わない気づきは薄っぺらいものですから。

で、気づきから考察を深めていきます。

はっ!気づいたのはこういうこと。意識していなかったことが意識下できることが気づきだと。無意識を意識できるということが気づきだと。潜在意識は現実世界と訳すとここではわかりやすいです。その世界を意識できているかできていないかということ。頭に浮かんだのはこのマトリクスなんですよね。このそれぞれの状態を考えていくと

こんな感じになります。

①意識的にも潜在意識にもある状態が「気づき」
②意識的にはある、潜在的にはない状態が「傲慢」
③意識的にはない、潜在的にある状態が「迷い」
④意識手にも潜在的にもない状態が「教育」

①の気づいている状態が理想です。瞬間にはあるかと思いますが、なかなかに継続することは難しいかもしれません。

③は迷っている状態です。そこに気づきがあれば解決に向かいます。この状態が一番多いかもしれません。

②は勘違いしている状態です。だから傲慢と表現しました。知っているつもりになっている痛い状態です。裸の王様状態ともいえるでしょう。

④は知らないことを知っている状態になれたらいいですね。意識的にも潜在式意識的にもないなら学ぶことが必要だという意味で教育と名付けました。知らないことはずっと知らないことですから。

気づきとはあることをあると認識していることです。

あることを忘れている状態が日常です。

自分に気づいているって本当に大事なことです。そして究極の目指す姿なのかもしれません。

あなたにとって気づきって何ですか?

■自分自身に気づく個人セッションです。
https://www.yoriyoku.com
■自分のワクワクを根本から見つめ直すソースワークショップ
www.asobilife.com


大人になると真実は語ってもらえない

このつぶやきに多くの人が共感してくれました。

子供の時にはあれこれ色々と言われていて五月蠅いなくらいに思っていたのに、大人になったなら何も言ってくれない。これは自分が成長したから言われなくなってたと思ってた。そのうちに「あれ?おかしいな」と気づき始め、ある時に穴があったら入りたいと恥ずかしくなるほど誰も何も言ってくれていなかったんだと気づいた経験をした人が多いのかもしれません。

また、耳が痛いことを言ってくれた人に対して「失礼な。なんてひどいことをいう人だ」と付き合うことを辞めたら、ある時に大きな失敗をしてしまった。あの人が言っていたことは正しかったんだと後悔するようなことも経験したのかもしれません。

大人になると社交というものが始まります。

家族や友人以外の人と多く付き合うようになります。特に初対面の人と話をする時に、真実からは遠いところから話を始めたりします。天気の話だったり、出身の話だったり、趣味の話だったりとお互いの共通項目について探り合って話をしたりします。

いきなり確信的な話をすることはなくなります。耳障りの良いことを言う人たちも多いかもしれません。また逆にマウンティングと呼ばれる不愉快なことを言われるかもしれません。どちらも、どうでもいい話です。

家族の小言もうるさかったなと懐かしく思う日が来ているかもしれません。いや、まぁ本当にうるさかったんだけど・・・

大人になると本音で話をしてくれる人、特に苦言を言ってくれる人は減ってきます。人は基本的には愛されたい動物です。嫌われたくはありません。本当の真実って耳が痛いことであることが多かったりもします。自分の心に痛みがあることをズバッと言われると、ストレス反応としてネガティブな感情が湧き上がり、怒りという形で外側に表現されることがあります。怒りを通り過ぎて何も感じなくなる人もいたりします。麻痺しているという状態です。これは自分では気づけないかもしれません。

人は本当のことを言われると不機嫌になるのです。最悪関係性は壊れます。

言われたくないと思っていることは真実であることが多いです。自分でうすうすは気づいているという状態は言葉にしていない状態、言語化されていない状態です。それを言葉で言われるからカチンとくるのです。

わかっているよと反論したくなるかもしれませんが、大人ならその問題を先送りにするべきではないのです。根本的に解決していたら何を言われても腹も立ちませんから。

苦言を言われたら、何か自分に関係しているかもしれない。

怒りや悲しみの感情があふれたら、何か解決していない問題があるのかもしれない。

何も感じずに冷たい感じがしたら、何かあるのかもしれない。

出来事をそのようにとらえてみることをお勧めします。

苦言を本気で言ってくれる友人・知人を持つことです。

できるならメンターと呼ばれる存在や、僕らみたいなプロの助けを求める必要があるかもしれません。

耳が痛いということはチャンスです。

自分に気づくタイミングが来たということです。

■自分と向き合いたいかにオススメな個人セッションです。
https://www.yoriyoku.com
■自分のワクワクを根本から見つめ直すソースワークショップ
www.asobilife.com


アメリカ人のメンタリティから学ぶことがある

日本とアメリカの生産性の違いってメンタルの違いかも!

と昨日、facebookやtwitterで紹介した記事からさらに考えを深めてみたい。

リンク先の記事は、壮大な物語が展開されています。ざっくりいうと、筆者の防音室を買うことへの顛末です。あまりにも大きすぎて運べそうにもなく何度も諦めようとした筆者が、周りのアメリカ人のポジティブな想いに勇気付けられ防音室をなんとか部屋まで運び込む物語です。

amazonのすごさはアメリカ人が作ったのであり、黒猫、飛脚、郵便の確実性は日本人が作ったもの。そのどちらもが噛み合って日本では信じられないくらい便利なサービスになっています。配送部分はアメリカでは無茶苦茶らしい。

日本人のマインドは、無理そうならあきらめるという選択をするということ。

アメリカ人のマインドは、実現できると信じ続けて行動すること。

とまるで全く違う星の人かというくらいに考え方が違うそうです。ネガティブとポジティブくらいに違う感じです。

これは文化の違い?習慣の違い?教育の違い?と考えると、やっぱり教育の差なんだと思います。教育が習慣を作り文化を作りますから。

具体的に何の教育かといえば「人に迷惑をかけない」という考え方です。人に迷惑をかけないように全部自分でやらなければならないという思考。

人に迷惑をかけるのは当たり前と思っている人たちと考え方や行動の仕方が変わるのは当然でしょう。

こういうのをマインドセットというんだけど、前提条件といえばいいかな。人はこの前提条件の基に行動をします。人によって前提条件が違うと話が噛み合わなかったりします。日本は村社会だったので、前提条件が同じという文化を持っています。生まれて死ぬまで顔なじみの人しかいなかったら、人の考え方は同じであり、前提条件が同じなのでトラブルは起きません。

アメリカの場合、人種も民族も宗教もありとあらゆるものが違う人たちが集まって生活をしています。このマインドセットが全く違うので、彼らは人々は違うとうことが前提になっています。だから言語のコミュニケーションが発達したともいえます。人に迷惑をかけてもいい。お互い様だからというのが当たり前のアメリカなのです。相手を信頼するのが彼らの特徴でもあります。

アメリカは多様性を受け入れ相手を信頼し、日本では同じであることで安心をし相手にも同じであることを強要する傾向があります。同調圧力というやつです。空気を読めとかね。

で、本題に戻ります。

日本人は自分の望む欲求を満たすために、他人に迷惑をかけるくらいならあきらめる。自分の欲求を満たそうという人に協力もしないし、さらには攻撃したりする。

アメリカ人は自分の望む欲求を満たすために、他人に迷惑をかけてOKだと思っている。そして周りも相手の欲求を叶えることを応援する。

これって前提条件であるマインドセット「他人に迷惑をかけない」ってことだけなんですよね。

その結果が大きく違ったものになってくるということです。

このマインドセットを変えるのが僕たちセラピストの仕事のひとつです。僕たちといいましたがこれも同じであって欲しいという日本人的な発想ですね・・・。マインドセットを変えることは僕の仕事のひとつです。

人に迷惑をかけてもいい。

これは他人に迷惑をかけられてもいいということにもつながります。双方向ですから。そこではじめてお互い様だねということになります。

人に迷惑をかけてもいいというマインドセットはさらに、人を応援してもいい、人を助けてもいい、人に協力してもいい、というメンタリティに変わっていきます。

もちろん選ぶのは自由です。してもいいし、しなくてもいいということです。

日本も多様性が必要な国なってきました。アメリカから学ぶことは多いかと思います。アメリカのみならず外国から良い面は学んでいくことが大事だと思っています。もちろん日本の良さも認めながら。

これって教育だと思うのです。誰を教育するかって?そりゃあ自分自身から始めることでしょう。そんな教育を受けたかったと思っても何も変わらないんだから。

フリースタイルのWebページです。
■マインドセットを変えて自分らしく幸せになるために
www.yoriyoku.com
ワクワクから自分軸を見つける方法
■ソースワークショップ
www.asobilife.com


「どうして?」は自我の目覚め

自転車を整備してた時に、小さに子供にこんな会話がありました。

「何をやってるの?」

「自転車のパンク直しているんだよ。」

「どうして?」

「えっ!?タイヤが壊れたから・・・」

「わたし、アメなめてるの。」

「えっ!?」

「どうしてかというと・・・」

「うん・・・・」

「美味しいから!」

と元気な笑顔で答えが返ってきました。とても微笑ましい光景です。

そこで、あっ!と気づいたんです。これって自我の目覚めなんだって。自分の気持ちを知って、それに行動が伴っている。このことに気づいたら不思議で仕方がなく、周りの人たちにも聞いて回っているんだなと。学習体験をしているんだということがわかったんです。

周りの大人は大変な時期として捉えていて、アレクサをプレゼントすると喜ばれるらしいです。なぜなら、アレクサに対して延々と質問をしていて、アレクサ自身は嫌な顔もせずにちゃんと答えてくれるというのがいいらしい。

きっと美味しいだろうなと想像する → アメを食べる → 美味しいと感じる。

つまり、自分が望んでいる気持ちを手に入れるために行動ができるという経験をしているということ。

夢実現方法は、小さな子供時代に体験しているんだという事実に驚いたのです。しかも行動の裏には必ず想いがあるはずだと子供は思っているということ。

その考え方でいけば、僕の正しい答えは

「気持ちよく自転車に乗って風を感じたいから」

だったんだなと。

自分が一番欲しい想いに気づいているかが、どんな行動を起こせばいいのかにつながっていきますね。

欲しい想いに気づいていないと、行動を間違ってしまい、望んでいる未来を手に入れられていない状態になっているということです。

欲しい想いを知っていたとしても、健全な行動をしなければ、望んでいる未来は手に入りません。

これは大人になっていくうちに学習体験をしていきながら欲しい想いを手に入れる行動を身に着ける必要がある部分ですね。

もし、できていないなら新たな学習体験が必要なのかもしれません。

欲しい想いを実現する方法をたくさん知っている人が幸せな人なのかも。

「どうして、自分は欲しい未来を望んでいるのだろうか?」

「どうしたら、望んでいる未来が手にはいるだろうか?」

この究極の問いは、子供の頃からはじまっていたというお話でした。

フリースタイルのWebページです。
■自分を深く知るための個人セッション
www.yoriyoku.com

ワクワクから自分軸を見つける方法
■ソースワークショップ
www.asobilife.com