焚き火を囲んで対話をしたい!


ということで、自転車を漕いでせっせと下見に行ってきました。




意外と東京は自然が豊かなんです。多摩川沿いの某所でカップラーメンを食べて、コーヒーを飲んで、ウロウロしてくるという仕事をしてきました。




こういうところでの食事はコンビニ飯が美味いのです。近所のセブンイレブンでカップラーメンとほうじ茶ラテとハンバーグを手に入れて、お湯を沸かしてと準備していたら、箸がない。




ビクトリノックスクラシックという小さなナイフで箸作り中




木から枝をとり、ナイフで削っています。小学生の時にやった知恵が今でも生きています。アウトドアって足りないを楽しむことだと思うんですよね。なんとかなるものです。




GoProで動画撮影しました。ちゃんとどう撮られているのか考えないといけないね。




蒙古タンメン中本は美味いけれど辛かった。野菜が甘くて美味しいね。




お茶しながらiPhoneをやってしまう僕は現代人




いい天気で暖かく、テントを張ったり、焚き火したり、バーベキューしたり平和な時間が流れていました。




ここで焚き火をしながら語り合いたいなとワクワクしています。




参加してみたいという人はお声をかけて下さいね。




焚き火台が欲しいな。









本質的なテーマと向き合いたい人向けのサービスです。
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


ストレスがあると問題が起きる


ストレスがあると人に何が起きるのでしょうか?




一番の問題点は五感が鈍くなることです。




視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚の五感がおかしくなります。




つまり、見れないし、聞こえないし、感じられないということが起きます。




僕のメンターはこれは学習障害だといい、これは特別なことではなく誰もに起きていることだと言っています。




スポーツでもメンタルトレーニングがあるのは、ストレスが体のパフォーマンスを落とすことを知っているからです。







メンタルトレーナー上田正敏です。




ストレスがあると、今ここで起きていることは感じられなくなります。




見えること、聞こえていること、感じていることが正しく認知されません。







では、何を認知しているかというと、脳内で作った幻想です。




現実を見たり聞いたりするのではなく、空想の世界で見たり聞いたりしているということ。




それはポジティブな場合もあれば、ネガティブな場合もあります。




そもそも、ポジティブやネガティブって現実ではなく、自分自身の感じ方です。




自分自身の価値判断です。







この価値判断は思考パターンであり、感情からの自動防衛反応だと考えています。




自分を守るための防衛反応です。




これが健全でないとトラブルを引き起こすことになります。







ストレスが、現実を見たり聞いたり感じたりできなくしているのです。




ストレスを解放することにより、物事をあるがままに見ることができることになります。




余計な意味づけもなく、そのまんまを見ることができるのです。







コミュニケーションにも問題がでます。




言っていることが伝わらないし、何を言いたいのかわからなくなるからです。




話が噛み合わない場合、ストレス状態にいるのかもしれません。







ストレスを根本から解放します。
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


今日明日を生きよう!


過去から自由になり未来に希望を持ち今を生きる




それをするために大切なのは、過去のネガティブな感情から自由になり、未来にありたい姿を想像し、今をワクワクしながら楽しむことです。




僕のメンターからもらった言葉をいつも思い出します。







今日明日を生きよう!




私が感じてきた自己不信を終わらせて、私が望んでいる自信を持つことができるようになること。




それができることを信じること。




そのために立ち上がって部屋を出ろ!




とメンターに言われたなと懐かしいことを思い出しています。







僕が学んだセラピーは半分は技術を学び、その技術を使って自分を解放し、残りの半分は根源的なテーマに関して自分を解放することをしました。




幼年期、青年期、痛み、家族、関係性、一体感、セクシャリティ、権威者、強欲、否定、回避、・・・




ほぼ全部学ぶのに3年くらいかかったかな。







セラピスト自身が、自分が作った思い込み、親から受け継いだ思い込み、社会に作った思い込みから自由にならなければ、他者を癒すことはできないというビジョンが創始者にはあったから。




アメリカまで学びに行ったりもして、色々とあったなと。




そのプロセスの中で、親と和解し、結婚もして、会社も辞めて、起業して、なんやかんやあって、今も元気にやっています。







時々の初心として、今日明日を生きようという言葉を思い出しました。




昨日を悔やむのではなく、明後日に悲観的になることもなく、今日明日を生きる。




明日ってちょっとした希望だよね。




子供頃寝る前に感じていた「明日は何して遊ぼうかな」という感覚。




そして、朝起きた時に「今日は何をしようかな」という感覚。







この感覚を大事にしていこう!







今この瞬間瞬間で動けるようになるために
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


人は今しか生きられない


人間って頭が良すぎて、過去や未来について考えがちです。




これってもちろん良い面もあって、過去から学ぶことができるし、未来の目標を作ることもできる。




その過去についても自分の過去だけでなく、先人達の過去の醜態でもある知恵を学ぶことができます。




過去を学ぶことで、遠い未来についても考えることができるんですね。




頭を使って知的なことに没頭することは楽しいことでもあります。







ここでやっかいなのは感情です。




喜怒哀楽という様々な感情に人は大きな影響を受けています。




この感情が記憶と絡んでくると厄介なことが起きています。




自分自身に限界を作ったり、自分自身のやりたいことにブレーキをかけたり、動けなくなったり、自己肯定感が低くなったり、夢も希望もなくなったり、過去に縛られたりしているのです。




これは人間が生き残るためのシステムに過ぎないのですが、過剰に働くと自分自身で首を絞めることになるのです。




反感、怒り、恨み、敵意、恐怖、悲痛、罪悪感、麻痺、分離感などのネガティブな感情が自分自身を縛り付けるのです。




そんな人は過去を生きていると言えるでしょう。







未来について悲観的な人も同じことです。




冷静に考えれば、人類史上一番豊かな時が今です。




衣食住の心配はほとんどありません。




歴史を見れば問題も起きますが、それを解決しながら人類は進んでいます。




人間が作るものは100%完璧なものはないので、アップデートしながら時代が変わっていきます。




人間の欲が未来を創っていくからですね。







過去や未来って、頭の中での出来事です。




人類最大の発明は神です。




もしかしたら過去や未来も発明かもしれません。




この抽象的に物事を考えられるのが人間が人間たるものにしていると思っています。







頭は抽象的ですが、逆に具体的なこととは何でしょうか?




体です。




体は今現在しか感じることしかできないし、今しか動くことも出来ません。




体には過去も未来もないのです。







行動できるのは今しかありません。




また動かすことができるのは自分自身だけです。




今この瞬間に自分ができることをするしかないのです。







あの時にしておけば良かったというのは過去だし、いつかやろうというは未来です。




それは頭で行動するだけで体は動かしていないのです。




頭だけで納得させようとしているだけです。







頭で思ったら、今この瞬間に体を動かすしかないのです。




今この瞬間だけ、自分自身だけ、コントロールできるのはこれだけです。




意思を持ったら、行動して、道を開いていくしかないのです。




その行動ができるのが今しかないのです。







自分の欲求に素直になって動いてみること。




究極これだけでいいんじゃないかな。







今この瞬間瞬間で動けるようになるために
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


人は過去を生きている


人は過去に縛られて生きています。




昨日のブログ人は未来を生きているの逆説です。




自分が経験して感じてきたことにより、自分ってこんな人間なんだと自己認識しています。




それは事実かもしれないし、思い込みかもしれません。




記憶って、ほとんどが思い込みです。




思い出すたびに書き換わっていると言われています。




ポジティブな記憶はよりポジティブに、ネガティブな記憶はよりネガティブに書き換えられるということです。




そんな記憶に縛られている人は過去に生きていると言っても良いでしょう。







人間の認知機能は脳にあります。




自分がこんな人間なんだとか、こんな性格なんだとか、こんな特徴があるとか、判断しているのは脳です。




今現在起きていることを感じるのにはタイムラグがあります。




人間の今起きていることを感じているのではなく、ちょっと前に感じたことを認識しているにすぎません。




人は自分の意思がすべてだと思っていて、すべてのことはコントロールできると思っています。




自分の頭で考えた意思で体を動かしていると思っていますが、実際には体が動いたから動かそうと思ったという反応をしているそうです。




自分が体を動かしているのではなく、動いた体を自分を動かしたと勘違いしているということです。







僕自身のこうブログを書いていて、自分が書いたことにも関わらず、タイピングされた文章を読みながら、「へぇそうなんだ」と感心しています。




人は自分で文章を書くまで、考えていることはわからないというようなことを言った教授もいるのです。




生物の進化を考えればわかるんだけど、脳って最後にできた機関ですから。




頭の前に体があったのです。




実際に、体の情報は神経を通じて電気信号として頭に伝えられますが、臓器同士はホルモン物質を通じて会話をしあっていると言われています。




電気信号なのか、物質信号なのかということです。








人は過去しか認識できないのです。




そして悩んでいることのほとんどが起きてしまった過去のことです。




残りは、起きてもいない未来について悩んだりしていますが、このネガティブな未来も過去の記憶から出来上がっているので、過去のことでしか悩んでいないと言えるでしょう。




考えているというのと悩んでいるのは違います。




悩んでいるのはグルグル同じところを回っているだけで何も変わらないのが悩んでいる状態です。




考えているというのは建設的な何かを生み出す行動を伴うものです。




悩んでいるというのは側頭葉で、考えているのは前頭葉なんですが、その説明はおいておきます。







人は過去の自分に縛られているのです。







過去のことばかり考えている人は、過去に生きています。




過去の成功体験に縛られている人も、過去に生きています。




幸せを感じていない人は、ほぼ過去に生きています。




過去の自分のイメージを、今現在でも繰り返しているにすぎません。




再現ドラマをずっとやり続けるようなものであり、




同じパターンを繰り返すロボットのようなものです。







その過去の束縛から抜けたらいいのです。




そのためには昨日のブログにも書いた、未来をに希望を持つことが大切になります。







未来に希望が持てない場合、それは僕らの出番です。




僕が使う心理セラピーは過去の認識を変えていきます。




先ほど書いた思い出は思い出すたびに書き換わっているからです。




過去の出来事は変えられませんが、認知は変えることができるのです。




過去が変わることで今が変わり未来が変わります。







僕自身はそれで大きく変わりました。




多くの人にその体験してもらいたくて今の仕事を選んでいます。




どんな時でも人の未来は可能性に満ちていると僕は信じています。




誰もが自分が望む未来を手にいれる権利を持っていると考えています。




それがゴキゲンな毎日を過ごすことになり、その笑顔が社会貢献につながると思っています。







過去を変えて今を変えて未来を変えるために
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


人は未来を生きている!


希望がなければ生きていけない。




物語でよくあるテーマです。




人間を突き詰めて考えていくと「欲求」がすべてのスタートになってると考えられます。




「食べたい」というのはシンプルな欲求ですね。




「〜したい」というのが欲求です。







メンタルトレーナー上田正敏です。




僕は欲を考える時に、原始的な生物であるアメーバを考えます。




アメーバは、食べ物を求めて動き回り、見つけては食べてエネルギーを摂取し、排泄するという循環で生きています。




人間はもうちょっと複雑になって様々な欲を持っています。







この欲って、未来を表しています。







食べたいって欲求を考えると、お腹が空いているから食べたいという欲求がでてくるのです。




今現在は空腹です。




未来に満腹になる状態を想像して、食べたいという欲求が生まれるともいえます。




つまり、満腹状態を夢見ているということです。




欲求は未来の望む姿を叶えるために起きる衝動なのです。







この「したい」と欲求で人は動いていると考えることができます。




それを自覚している人と自覚していない人がいますが。




自分が何を望んでいるのかを知っていること以外に大切なことはあるでしょうか。




自分との対話が必要というのは、自分の欲を知るということです。




これは感情ではなく、その奥にあるのが欲求です。







コミュニケーションも自分の欲を相手に伝えることが大切になります。







これに気づいたのは海外旅行をした時です。




エアオンリーと言われる飛行機のチケットをとっただけで外国に行きました。




宿もなければ、食事も自分でなんとかしなくてはなりません。




人と会話するにはこの欲求がわかっていないと伝わらないという体験をたくさんしました。







僕は英検4級の腕前です。




複雑な英語を話すことはできません。




シンプルに自分の欲求を伝えなければ伝わらない経験をして得た極意は、英語は” I want …”でできているということ。




自分がしたいことを伝えればいいんだということだったのです。







「今晩、宿に泊まりたいんだ」という自分の欲求をまず伝えないと自分の欲求が叶わないのです。




「宿の場所はどこですか?」「どんなところですか?」なんて聞いても欲しい答えは返ってこないのです。







レストランで、「お腹が空いたんだ」と言っても「そうか」しか言われません。




「ハンバーガーが食べたいんだ」と伝えれば、すぐに用意してくれます。




自分の欲求を伝えなければ、人は協力してくれません。




ハンバーガーを食べたいのに「カレーを下さい」と言えばカレーがでてきます。




「本当に食べたいのはハンバーガーだったのに」と思っていても伝わりません。




「さて、問題です。私の食べたいものは何でしょう?」とお客さんっていますか?







レストランに例えると笑い話なんですが、普段のコミュニケーションにおいて、自分の欲求を正確に伝えられない人がどれだけ多いことか。




コミュニケーション下手な人は、自分の欲求を伝えられません。







メンターに言われたことを時々思い出します。




「自分が望んでいることを知り、それを相手に伝えて、相手がどんな反応をしようが、自分が望んでいることを手に入れるために行動をしていくんだよ。」







自分が望んでいることは未来にあります。




欲求とはそういうものなのです。




人は未来に向けて生きています。




人によって欲求が叶う時間軸が違います。




数分後のことか100年後のことか人によって個人差があります。







未来に向かって自分の欲求を叶えるための行動を選んでいくこと。




人は未来を夢見て生きる存在なのかもしれません。




あなたは今日何がしたいですか?







自己肯定感を高めたい人に
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


子供は親に認めてもらうことがすべて


自己肯定感という考え方が最近流行っています。




自己肯定感とは、自分で自分を認める感覚です。




自己肯定感が高い人は・・・、自己肯定感が低い人は・・・




という文脈で使われます。







プロセラピスト上田正敏です。




自己肯定感って自立することと深く関係しています。




人は依存の段階から自立の段階に成長段階で移行していきます。




幼年期は依存していて、青年期で自立をしていきます。




つまり、誰もが最初は依存をしているのです。




誰に?って親にです。







赤ちゃんを考えてもらえばわかるのですが、赤ちゃんは1人では生きていけません。




誰かの援助が必要です。大人が援助しなければ生きることはできません。




親に育ててもらいます。







子供の頃を思い出してみて下さい。




親に褒めてもらうことが嬉しくなかったですか?




先生に褒めてもらうのが嬉しくなかったですか?




大人から褒めてもらえることが嬉しくなかったですか?







そうなんです。




親に認めてもらえることがすべてです。




認めてもらうことは、自分が好きなこと、自分が欲しいこと、自分がしたいこと、これらよりも大事なことなんです。




認めてもらうためには我慢も辛抱もできるのです。




それが依存期の子供なのです。







「いや、そんなことはない!」と反論をする人もいます。




「うちの子は、わがままだから。」




実際には、親が許せる範囲内のワガママしか受け入れないんですよ。




子供は自由だという人がいますが、それは嘘です。




親に依存をしているので、とっても不自由です。




親の価値観に従って生きるしかないのですから。




どれだけ子供を尊重しても、親の影響ははかりしれないものがあるのです。







子供が依存している幼年期から、自立をしようとする青年期に何が起きているかというと、子供から大人への階段を上るということなんです。




それは、自分が何が好きか知り、好きなことをやっていくのが大人になることです。




つまり自己意識で決定をして、自分の望む世界を創っていくということになります。




それは親に認めてもらうことでもなく、仲間に認めてもらうことでもなく、社会に認めてもらうことでもなく、自分で自分を認めていく作業です。




本当の意味での孤独を知ることになるかもしれません。




これが自己肯定感です。







子供の時には親に認めてもらうことがすべて。




大人になったら、自分で自分自身を認めることがすべてです。







そんな自立をした大人同士が、相互に頼っていく。




好きなことしかしないと決めると他者に頼らざるをえないですから。




好きなことは得意なことになり人の役立つことになっていきます。




お互いに好きなことを分かちあう世界ができると僕は信じています。




それで社会は成り立つのです。







自己肯定感を高めるというのは大人になるというもの。




大人っていいんだぜと胸をはっていきたいものです。







自己肯定感を高めたい人に
■個人セッション
www.yoriyoku.com







好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


ガマンしていることに気づこう!


ガマンをしている人は、自分がガマンしていることに気づいていません。




それが時々、爆発することで周りに迷惑をかけることがあったりします。




我慢強い人の特徴は




  • 時々キレる
  • 力が入っている
  • 無表情
  • いじめられる
  • 親や社会に不平不満を持っている
  • 猫背
  • くいしばり、歯ぎしり
  • いつも疲れている
  • 理想の未来について考えられない



などがあります。







我慢強いとは、良い言葉のように使われますが、必要のない我慢はする必要がありません。




努力と同じようなものです。







心理セラピスト上田正敏です。




ガマンをしているというのはストレス状態です。




人はストレス下である緊急状態の時に、闘うか・逃げるのかの選択をします。




その状態から逃げてしまえば楽になれるし、逃げられなければ戦ってその状態を変えようとします。




緊張状態から自分を解放しようと動きます。




これは動物的な本能の振る舞いです。







ガマンしている人は、闘いもせず、逃げもせずに、ずっとストレス状態にいる人なのです。




我慢強さは、こんなところで発揮するものではありません。




ずっと自分の中にある危険を知らせる警報が鳴り続ける中に自分を置いておくことを続けますか?




ファイティングポーズしながら、ずっと殴られ続けるようなものです。




実際にそんなように見える時もあります。







ガマンしている人はガマンしていることに気づいていません。




あまりにも当たり前すぎて、それが日常になってしまい、何にガマンしていたのか忘れています。




それだけ長い年月をかけて我慢強さを身につけています。




ガマンしているのをガマンしているみたいな無限ループになっています。







このガマンの癖は子供の頃に作られます。




特に幼少期の子供は、自分の欲求よりも親の欲求を大切にします。




なぜなら親に受け入られることが生き延びる手段ですから。




本能的な振る舞いです。







思春期というのは、親の欲求よりも自分自身の欲求が大切になる時期だともいえます。




親の趣味嗜好を生きることから、自分自身のアイデンティティを見つけて生きていくのが反抗期です。




人生100年時代の思春期である自立期は何回か来ます。21年周期くらいで。




10代、30代、50代と思春期は3回来るのではないかと僕は思っています。




同じことをやり続けるって飽きちゃうからね。




古い自分から新しい自分への脱皮です。







自分自身を取り戻すこと以外には、我慢から逃れる術はありません。




ガマンとは人の期待に沿って生きるということだから。




ちょっとしたことでも相談して下さい。
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com






好きなことをするって思っている以上に難しいのかもしれない。


昨日のブログ(いつもと違うことをやってみよう)に、コメントをいただきました。




本当にやりたいことやってみます。
やりたくないことはわかった。言語化されない相手ニーズを察すること。
私が何かしないと時間が止まったかのように感じる時間に耐えられなくて何かし始めてしまう。
その時に自分のやりたいことをやるのがキモ。何かしてるとついでついで、と色々流れ込んでくるものに対応しないのか、拒絶するのか、笑顔で流すのか、どのくらいなら笑顔で流せるのか、その辺の修行がまだ甘いらしい。
でも、たまにキレるのもありでそれで気づきがあって関係性が育って行く、というものなんだろうなぁ、と。
育てたいなら微々たる変化に気づいて喜ぶことを繰り返す。微々たる変化に耐えられないなら休むか、逃げるか、やめるか。




とても混乱していますね。




幼い頃から周りの期待に応えるために、頑張ってきたのだと思います。




そして、今現在、問題を解決することにまじめに取り組んでいることがわかります。







僕は自分が心理セラピストモードになった時に言葉に敏感になります。




人間は言葉で出来ていると言っても過言ではないくらいに言葉で世界を認識しています。




ホモ・サピエンスが生き残ったのは認知革命があったからという説もあるくらいで、言葉で世界を認知しています。それは虚実どちらもあるのです。







答えはシンプルなのです。




好きなことをする。やりたいことをする。




これ以外に答えはありません。







でも、その後にいろんな言葉が出てくる。




ここに本当の問題が隠れているのです。




自分でさえも忘れてしまっている問題が・・・







好きなことをしようとすると、あれもしなきゃいけない、これもしなきゃいけない、それもしなきゃいけない、と様々な思考が出てくる時は、頭の中はパニック状態になっていると考えてください。




あれも考えなきゃ、これも考えなきゃと思ってしまうのも同じです。




あれやこれや出来ない理由がでてくるのも同じようなことです。




関係ないことをやりはじめることも同じです。







これらが自分が好きなことややりたいことをやるのが難しくなっている理由です。







頭である思考だけでは解決できない問題があるのです。




それは感情です。




ブログの文字で思考的な部分は解決することは可能ですが、その奥にある感情の問題まで僕は文字で解決することは出来ません。




どうしてもセラピーの技術が必要になります。




メンタルケアをするために多くの技術を学びましたが、思考で解決できる問題は少ないのです。




感情や無意識にアプローチすることで、メンタルの問題は解決に向かいます。




科学的にはわからないことだらけの分野だからこそ、僕の興味関心がブレないのかもしれません。







メンタルの問題は病気レベルにまで進んでしまうと解決するのに時間がかかるようになります。




そうなると時間だけでなく莫大なエネルギーやお金までも使うことになってしまいます。




何より好きなことややりたいことまで出来なくなりますからね。







好きなことをする、やりたいことをするってメンタルケアの最高の薬です。




幸せになる脳内物質もでますので、自分が自分のお医者さんになるのです。







好きなこと、やりたいことができない、そんな段階で相談をしてくれたらいいなと思っています。




そのために個人セッションやワークショップを開催していますから。







ちょっとしたことでも相談して下さい。
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


ネガティブな自分からの脱出方法


僕は、ポジティブな人だと思われがちです。




そうでもないんです。ネガティブな側面も持っています。




これ人間だったら当たり前のことなのです。







心理セラピスト上田正敏です。




ポジティブだけの人、ネガティブだけの人っていないのです。




ポジティブはプラス、ネガティブはマイナスと表現しますが、プラスとマイナスを合わせるとゼロになります。




人は本来ニュートラルであり、時にポジティブになったりネガティブになったりするのです。




まるで波のような性質を持っています。







さらに踏み込んでいうと、ポジティブもネガティブも同時に持っているのが人間です。




ポジティブしか感じられない人、ネガティブしか感じられない人は、自分や周りの人たちが悪い影響を与えている時が多いです。




つまり不健全な状態なのです。







ネガティブな人は、周りにネガティブな影響をまき散らしている場合があります。




自分だけでなく周りの人までネガティブにしていく人たち。




これはわかりやすい。




また、ネガティブでいることで、周りから気を使ってもらったり元気付けてもらえるから、そのポジションから抜けない人もいます。







ポジティブな人は、周りの人がネガティブになってしまうこともあります。




元気な旦那さんの奥さんや子供達が不幸だという話は意外と多いのです。







ベストな状態は何かといえば、自分の中にあるネガティブな感情もポジティブな感情にも気づいていることなのです。




どちらも自分の中にあるのです。







さらには、ネガティブな感情は幻想であり、ポジティブな感情が本来の自分であるということです。




ネガティブな幻想を感じているだけで、本来はポジティブな存在なのが人間です。




これは本人の選択で変わります。




ネガティブであることを選ぶのか、ポジティブであることを選ぶのか。




選択するのかしないのかの問題です。







ネガティブな時には信じられないかもしれませんが、ネガティブな時はネガティブさを選択しているだけなんですよ。




選択しているということは、ポジティブな状態も選択できるということです。







この選択は訓練でできるようになります。




トレーニングで可能になるということです。




無意識で選択するのではなく、意識的に選択するのです。




これができるようになると生きるのが本当に楽になります。




感情をコントロールすることは可能です。いや正確にはコントロールは不可能か。




感情と上手に付き合うことはできるのです。




そのために思考と行動と意志をどう使うのかが大切になります。







これちゃんとプログラムとして提供しようかな。







お金のブロックを解放したい人はこちらに
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com