頭を下げるということ

以前にうちにセラピーの勉強をしにきてくれた方に相談をした。
催眠療法に情熱を注ぐ方であり、とてもチャーミングな人なのだ。
僕にとっては尊敬する一人である。

歳をとること

これは誰もが持つ苦痛である。
仏教では生老病死は4大苦痛とされている。
感情的に恐怖を生み出すものです。

ただし、歳をとるということは成熟されていくということでもある。
人は常に変化するということでもあるのだ。
毎日が同じように感じるかもしれないけれど、毎日は変わっていくものであるのだ。

いつでも未知が目の前にあるということでもある。
人は知らないことばかりなのだ。
気づかないうちに身体も心も変化を続けている。

人にはメンターが必要である。
自分が尊敬していて、連絡を取れる人がいることは有難いこと。
年齢だけでなく、自分よりも先をいく人は皆、メンターなのだ。

さらにいえば、誰もが自分よりも優れた一面を持っている。
もちろん、ダメな部分もあるのは当たり前として、どちらを見るのか。
悪い面を見ていると傲慢になり、良い面を見ていると謙虚になれる。

傲慢でいるとメンターは現れないのだ。
自分の準備ができていなければ現れない。

メンターが現れたと感じたらそれは新しい冒険の始まりなのである。
次のステージが待っているのだ。

僕はずっと次のステージに行く必要があると感じていたが一歩も動けない感じであった。
今となっては理由はわかる。それは傲慢だったからだ。
傲慢な人に特効薬はない。

他者に頭を下げられるかというのがひとつのバロメーターだ。

これはポーズで頭を下げても意味がない。
嘘か本気は相手に伝わる物だからだ。

なぜ、頭を下げられなかったかを考えると競争をしていたからだ。
自分の周りの人たちを敵をみなしていると、安全は感じられないので戦い続けなければならない。
それは苦行のようなものだ。

頭を下げて相談したらどうなったのか?

世間は優しいのだ。親身なって話を聞いてくれるのだ。
問題は解決しないのだけれど、心は軽くなる。
問題を解決するのは自分自身だしね。

誰も自分の問題を解決することはできない。
ただ、助けてくれることは大いにあるのだ。

心のあり方で見える世界が変わる。
これがパラレルワールドなのかもしれない。

頭を下げるのには覚悟が必要だった。
ちっぽけなプライドが邪魔するからだ。
人は追い込まれないと自分を見つめられないのかもしれないな。

はぎちゃん。相談にのっていただきありがとうございました。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


他者に相談するということ

ソーストレーナー養成講座で出会い、15年来の友人であり人生の先輩に相談をした。
この相談というのも様々な形があり、傾聴という聞いてもらうだけの相談もあれば、アドバイスをもらうという相談もあれば、対話をするという相談もある。

聞いてもらうことで、自分の考えが整理できる。
アドバイスをもらうことで、新しい解決方法を知ることができる。
対話をすることで考えを深めることができる。

それぞれに違う効果がある。
自分に必要な相談方法を知っておくことが大切。

相談する人にもタイプがあって、決して他人には話さない人と、他人に話しまくる人がいる。

自分にとってデリケートなことは、話さない人に相談することも大切。
逆に、周りにも知って欲しいような相談事は、話しまくる人に相談するのもあり。

誰に何を相談するかが大切なことなんだ。

友人には相談をしたのだけれど、対話することで、お互いの考えが深まるような、そんな哲学的な時間だった。

競争を手放す話から最後は心から遊ぶことが大切という話になる。
それが社会的にも回っていく鍵となる。

書くと一言になってしまうんだけれど、ここまでいくのに2時間という時間が経っている。
考えを深めるためにはこの時間が必要なのだ。
そして本を読むようなものではなく、自分の頭で考えて、正直に思ったことを話し、また相手の話を聞くこと。

対話はとても贅沢な時間である。

物事が効率化する時代だからこそ、時間を使って物事をやることは重要だ。

頭は理解は瞬間的であり早いんだけど、体はとてもゆっくりと理解する。

腑に落ちるという表現があるが、よく噛んで、ゆっくりと飲み込むことが重要なのである。
それには時間が必要なのである。

他者と対話すると自分と他人との差が見えてくるから。
セッションが好きという共通項があったんだけど、友人は1対1が好きであり、僕は1対多が好きなこともがわかったりもする。

そしてカウンセリングでもなくコーチングでもなくコンサルティングでもなく、セッションが好きというのも対話が関係する。

セッションは音楽用語なのかな。お互いの楽器を響かせあうのがセッション。
お互いが主体的に関わり合うことがセッションです。
これを僕らは言葉で行った。

セッションって人と人が真剣に向き合うからこそ何かが起きるんですね。
いや、何も起きないかもしれないけれど、心の深いところに響けば何かが起きる。

まんちゃん、ありがとう!また対話しよう!

先日に書いた相談が苦手男はつらいよは幻想かもしれないね。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


ネガティブなのは問題ない。拗ねているのが問題なんだ。

ネガティブがダメ、ポジティブが良いという風潮がある。

本当にそうなのだろうか?

ちょっと想像してもらいたいんだけど、世の中がポジティブな人ばっかりだったらどうなるのでしょうか?

現実的でない夢想家ばかりで物事がひとつも進まなくなるだろうか。

ポジティブなことばかり言っているだけで何もしない無責任な人ばかりになるのだろうか。

パリピだらけで毎日がお祭り状態の人ばかりになるのだろうか。

ネガティブな人は居場所がないと感じるかもしれなくなるのだろうか。

ポジティブもネガティブもエネルギーだと考えれば、ポジティブがあれば、ネガティブもあるのです。

電極のプラスとマイナス、磁石のN極とS極と同じでポジティブとネガティブは同時に存在します。

ネガティブってイメージが悪い意味づけされている言葉なんだけど、実際には現実的な人という見方もできます。
現実であるためには、物事の負の側面も見る必要があるからです。

理想は、自分の中にポジティブもあれば、ネガティブもあるということを認めること。
楽観的な自分もいれば、悲観的な自分もいることに気づいていることです。

これひとつの側面しか気づいていないと、ポジティブな人の周りにはネガティブな人が集まり、ネガティブな人の周りはポジティブな人ばかりが集まります。

この状態は人間関係のトラブルに遭いやすくなります。
不健全な状態です。

ネガティブでも良いのですよ。
ただし、拗ねてないこと。
すねてないことです。

ネガティブな人は拗ねるようになる傾向があります。
自分に自信がないので卑下してしまう。
自分が自分を見下すようになることがあるんです。
そうなると周りの人も自分を見下すようになります。

もしも、周りの人から尊重されていないと感じているならば、自分が自分を尊重していないのではないかということを疑ってください。

自分が自分を扱うように、他人は自分を扱います。
どうもそいういう法則があると心理学では言われています。

拗ねているかどうかをチェックするには2つの方法があります。
自分の言葉を観察します。

  • 褒められた時に「そんなことないです」と否定していないだろうか?
  • いつまでも失敗を引きずっていないだろうか?

もし、この問いにイエスならば、拗ねている可能性大です。

ネガティブでも良いのです。素直であればね。
そして、自分に正直に。

もしも拗ねている自覚があるならばセッションも有効ですよ。

自分の中にいるインナーチャイルドが何かを訴えかけているのかもしれません。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


動けない時にどうするのか?

恐怖があると人は動けない。

そんな時もあるんだと動かないのもひとつの選択である。
積極的に休養をとるという考え方だ。

怖いけれどやるぞと動いてボロボロになるならば、それは無理をし過ぎているのかもしれない。
怖いけれどやってみて、やって良かったと思えることばかりではないのだ。

ハードワークをしていて身も心も疲れ果てている時もある。
そんな自分に鞭を打ってさらに追い討ちをかけることもあるのだ。

やればできるがやらなくてもいいのだ。

そんなように思えたらいい。
ついつい罪悪感が働き、何かをしなければという強迫観念があると辛いからね。

恐怖を潜在意識からのサインとしてとらえるのもいいんじゃないかな。

感情はネガティブにもポジティブにも揺れ動く。
自然界の動きのようなものでもあるんだ。

進む時休む時。どちらも選んでやっていきましょう。

その流れを読む力を養うには自然の中でハンモックで

ゆったりと過ごすことも良いかも。

ハンモックフルネス30秒バージョン

音に合わせて映像が変わる動画を作ってみたくて作りました。
4つ打ちの音楽に合わせています。
初めてのことって、やってみてわかることばかり。
これはやってよかったこと。
iMovieでこれも作っています。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


今ここが一番大切

未来と過去は幻想である。

これは心理セラピーを勉強していて知った驚きのひとつだ。

脳は記憶という機能がある。
だから時系列で物事を考えることができる。
記憶は過去のものであり、今は違うかもしれない。

未来は過去から現在への時系列から予想するものだ。
過去が幸せで、今が幸せなら、未来は幸せであると予想する。
過去が不幸で、今が不幸なら、未来は不幸であると予想する。

過去と現在をどう切り取るか、幸福と不幸をどのように定義しているかで、同じような経験をしていても、どのように予測するかは違ってくる。

幸せも不幸も究極的は幻想なんだ。
どのように自分が認知したかによるからだ。
これには感情というあやふやなものが関係してくる。

感情は記憶と密接につながっている。
行動と感情はつながっているし、思考と感情もつながっている。

行動をして良い思いをすれば、無意識に同じような行動をとろうとする。
行動をして悪い思いをすれば、無意識にその行動を避けようとする。

これは生き残るために人類が得た脳の仕組みである。
いわゆるサバイバルモード、生き残りのためのシステムだ。

つまり人間は過去に縛られているということ。

無自覚でいると良いことも悪いことも過去に縛られていて今現在にいない。
過去の延長のままに今があると信じている。

本当にそうなのだろうか?

僕は関わってきた多くのクライアントさんから学んだことがある。
それは、新しい自分を選べば変わることができるということ。
過去は過去に過ぎないと自分を受け入れて、今現在の正直な気持ちで新しい選択をする。
すると今が変わり未来が変わっていく姿をありありと見てきた。
どんな素晴らしい映画も舞台も超える感動はそこにあった。

映画も舞台も作られた幻想であるということでもあるんだ。
もちろん、芸術から癒されたりインスピレーションを得たりする。
これも人間が持つ不思議な能力のひとつだと僕は思っている。

今ここを生きること。

これを実現する方法は、言葉で書くと簡単です。

今の自分の気持ちに正直になること。

本当にこれだけ。でも過去のしがらみや未来への恐怖に縛られがちなんだ。
これを解放することが大切だと僕は感じている。
今までこの方法をずっと探してきたんだなと思うことがある。

自分に正直に、他人に誠実に、社会に貢献を。

これ順番が大事よ。自分が一番、周りが二番、社会が三番だからね。
これを逆にすると不幸になるんだ。不思議なものでね。

自分に正直に。

これだけで十分。

こうなれるように作ったプログラムのひとつがハンモックフルネス。自分の戻る時間。

ハンモックフルネスのショートバージョンを作ってみたいと思って作った作品です。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


失敗を恐れない

成功するまでやればそれは失敗はない。

そんな言葉もありますが、実際にはどうなのでしょう。
この言葉の真意は、失敗したとしても行動をしよう、ということ。
行動を促す言葉です。

自分の内面のことは行動することで外側に表現され何かが起きる。

行動そのものはとても大切です。

心理セラピストとして感情を扱ってきた僕の視点から言えば、失敗するということを受け入れるということも重要です。

失敗を受け入れたくないから反発して意地になってでも成功しようとする。
それは不健全な振る舞いです。
これを続けていくとどうしようもない状態に陥ることがあります。

失敗したことを受け入れて、新たな選択をすることが大切になります。
これ言葉で言うことは簡単なんですが、実際に現実を受け入れるのが一番難しいのです。

現実はあるがままで、良いも悪いもありません。

人が良い悪いを判断し、現実を認識します。
つまり、解釈は人それぞれなんです。

ネガティブな感情からネガティブな思考が生まれ、それに基づいた解釈が生まれます。
ポジティブな感情からポジティブな思考が生まれ、それに基づいた解釈が生まれます。

これは事実ではないのかもしれません。

事実を事実のまま何も解釈もなしに受け入れる。

これが瞑想だったり、マインドフルネスだったりなものの見方です。
感情をニュートラルにして、ただ判断せずに物事を受け入れる。

成功とか失敗とかは、その人の認識でしかありません。
何かを行動をして結果が得られたということだけです。

そう考えるとシンプルになりませんか。

失敗したら受け入れて、新しい選択をすることです。

誰もが失敗をします。
このことを受け入れること。

失敗しても、「よくやったね」「次はどうするか考えようね。」と自分を労ってみましょう。

すべてはOK。

そんなように考えたら何が新しい展開が生まれるかもしれませんよ。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


コントロールを手放しゲームを楽しむこと

人は思い込みを生きている。
そのせいで自由を制限されている。

人が本当に自由になると退屈だ。
何も制限もないのは暇になるのだ。

自由であれば、不自由が良かった。
不自由であれば、自由になりたいと願う。

この矛盾が人間なんだ。

人はゲームが好きだ。
ゲームの本質はルールだ。

つまりゲームというのは制限をつけることを楽しむことなんだ。
例えば、サッカーは手を使わないという制限で楽しむスポーツだ。

子供の頃に横断歩道の白線から落ちたら死ぬとかスリルを味わう遊びをした人もいるだろう。
ままごとも制限を設定する遊びなんだ。お父さんとか役があるって制限だからね。

なんでもあり、というのはゲーム性が低い。
つまり退屈になるということだ。

誰かに与えられた制限というものは、時にストレスを生み出す。
親のコントロールだったり、社会のコントロールだったり。

もう少し詳しく言えば、期待だったり、束縛だったり、エゴだったり、押し付けだったり、そんなものが自分を苦しめる。

人に定められた制限もあれば、自分自身で定める制限もある。
また、自分が他人に定める制限がある。

それぞれがコントロールしあっているということなんだ。

これは意識的に定めたものは良いのだ。
それはゲームとなりうる。
楽しむゲームという意味でね。

何もないところからゲームを自らが創り出す。
それが創造性というもの。

暇がなければ、人は自由になれないものだ。
そして、楽しむための制限を自らに課すことはできないのだ。

苦しいならば、もしかしたら、他者から与えられた制限の中で生きているのかもしれない。
人目を気にするとかは、他者からコントロールしてもらおうと自分を差し出していることだからね。

自分が苦手なことを制限として楽しむ。
自分ができないことを制限として楽しむ。

ただのハンデなんだと思ってゲームを楽しむことができるのだ。
それができるのが人間なんだ。

無意識に定めたれた制限を手放し、意識的に制限を作ること。
それが本当の自由ってことなんじゃないかな。

あなたが手放したい制限は何ですか?
あなたが新しく設定したい制限は何ですか?

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


どんな時も選ぶことができる

師から受け継いだ志は何か?

そんな問いをいただいた。

師は誰かといえば、ゴードン・ストークス、ダニエル・ホワイトサイド、キャンデス・キャラウェイというスリーインワンの創始者たちだ。

ボディ・マインド・スピリットの3つを1つにするというコンセプトのスリーインワン。

僕のボディの専門家であり、マインドの専門家であり、スピリットの専門家でありたいという思いは二十数年前から脈々と続いている。

ストレスがなれば自分らしく生きることができる。
実際に学びながら実践する中で人生が変わっていった。

結婚もしたし、起業もしたし、ライフスタイルそのものが変わっていった。

ゴードンの言葉で音として覚えているのは「Briizing is Good.」
受け継いだ言葉は「今の現実を創っているのはあなた自身です。」

ダニエルからは「テダン・テダン」と意味のない言葉をいつも言っていた。
これを翻訳すれば非言語の大切を語っていたということだ。
彼の優しい眼差しと鋭い洞察が好きだった。
とあるワークショップの時に「あなたは頼れる人なんです」とみんなの前で言われたことは今でも良い思い出として残っている。この言葉があったからこそ結婚ができたのかもしれない。

キャンデスからは個人セッションを受けて、「こんなやり方もあるんだ」と感動したことを覚えている。彼女も非言語の人だった。言葉にできない大切なことを受け継いでいる。

その3人の教えを統括していたのがロス・リデル。
「If you working, Keep working」という言葉が耳に残っている。
彼の教えですぐに浮かぶことは、ファシリテーションは「make easy」にすることだということ。
これでクライアントさんの悩みを難しいものから簡単なものにするだけなんだということを受け継いだ。
会社を辞めて彼の本拠地である米国のリッチモンドに1ヶ月以上も学びにいったんだよな。

今の現実を創っているのは自分自身ならば、今の現実を変えるのも自分でできる。
今を受け入れて、選択することを学んだのだ。

僕が受け継いだのはコレなんだと、うちのかみさんと対話をした結果だ。

この1点だけは、うちの夫婦は同意していると言っても過言ではない。

どんな時も選べるんだよ。

今までもこれからも、この思いを発信していくのだ。
この教えを広めていくのが僕のライフワークなんだ。

創始者たちは、人は選択することで自立することができるということを教えてくれた。

僕らは自立の先にある周りの人たちと協力して創造していくことが重要だと考えている。
さらに一歩先を目指していくのだ。

関係性を築くとは創造的なのである。

創始者たちは今はこの世にはいない。
僕たちが受け取ったことを僕たちの形で伝えていくこと。

先代たちから受け取ったバトンをしっかりつ次に渡すべく活動するぞ。

そう思った日でした。

あなたは師から受け継いだ志はありますか?

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


踊っているのか?踊らせられているのか?

踊るって人間が持っている本能のひとつだと思っています。

内側で感じている感情が外側に表現するために体が動き出すのが踊りなのではないかと。

体が動くから心が動くのかもしれません。

他人にコントロールされていることを踊らさられていると言ったりもします。

音楽にのって体を動かすことが踊りですから。

音楽に踊らせられている人もいるでしょう。

太鼓叩いて笛吹いてという小説もありますね。

僕が大切にしている価値観に「自発的に動いているのか?」ということがあります。

  • 誰かの期待で動いていないか?
  • 習慣で動いていないか?
  • 恐怖で動かなければならないと思っていないか?

そんなことを考えることもあります。

踊っている人と踊らせられている人の差はとても大きいのです。

自分が踊りたくて踊っているのか。
誰かに踊らせているのか。

この差はとても大きい。

自ら踊っている人って所作が美しく普段から踊っているように感じるのです。

独自の世界観を持っているのではないかと思います。

自分の内側に起きる波のようなものにただ身をまかせているのかもしれません。

ネガティブな感情から動いているのであれば、それはもしかしたら踊らされているのかもしれません。

ポジティブな感情から動いているのは、どうなんだろう?

ネガティブとポジティブの間にあるニュートラルな感情から動けたら良いなと思っています。

ネガティブでありポジティブでもある。
ネガティブでもないしポジティブでもない。
そんな状態。

踊るって身体なんだけど、心を磨くことにもなりますね。

ニュートラルから動けるようにしていきたいものです。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


「カッコ良い」に作られた思い込みを外せ

自己イメージという考え方がある。
これは、リアルな自分とイメージの自分がいるということだ。
このズレが問題を引き起こします

メンタルトレーナー上田正敏です。

メンタルの世界の興味深いところは、現実を人は見ることが難しいということ。
鏡に映る自分を見ているのではなく、実際には脳内でイメージした自分を見ている。
現実を受け入れることがどれだけ難しくしているのかは、この脳の機能が関係している。

本当の現実とは何か?

とは認知の世界での永遠のテーマでもある。
これは誰にでも起きていることなんです。

先日、僕は、リアルを見ずにイメージを見ていたことに気づきました。

それは理系出身でもあるので、自分自身は科学的な視点を大事にしているというもの。
物事を客観的に見ているし、論理的であり、冷静であるのが自分自身だと思っていました。

今起きている例のアレも確率の問題であり、100人に1人(数字は適当です)が命を落とすことになると思っている。
つまり1/100にすぎないと。
これが科学的な視点なんです。

ところがです。僕自身は人を科学的に見ているのではないことに気づいたのです。

自分の大切な人に関していえば、1/1なんです。
もし大切な人の場合を考えたら、100人に1人の問題にはならないのです。
科学の視点ではなく、個人の視点なんです。

自分の物語性を大事にしているのだと気づいたのです。
全人類という客観性ではなく、俺という個人性の視点を大切にしているということ。

社会が良くなることに焦点があたっていると思っていたのだけれど、あなたが良くなることに焦点があたっているということに気づいたんです。

頭がクラクラっとして一瞬何が何だかわからなくなりました。

科学的であるということをカッコ良いと思い込んでいました。
だから、自分のカッコ良くありたいと信じ込んでいたのです。
カッコ良い理想像の自分をイメージしていたということ。

実際に自分をちゃんと見れていなかったことがわかったのです。

うちのかみさんにそのことを話したら「今頃気づいたの」という追い討ちを(笑)

一番身近にいる人が現実を見ているんだなと思った1日でした。

思い込みは、自分自身を不幸にしているかも。
だって、カッコ良い自分を演じていても、本当は違うんだから無理しているんだよね。

また一皮剥けました。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html