隠すから盗まれる

人の心理は面白い。
隠しているものを見たいのだ。
これは好奇心という本能なのかもしれません。

お店でモノを盗むのは犯罪ですが、アイデアや技術は盗むことが可能。
職人の技術は教えるのが難しいので、盗めとよく言われる。
上手くいっている人を徹底的に真似ろともいう。
師匠と弟子の関係でも弟子は師匠の技術を真似ながら学んでいく。

たまに聞くのです。
師匠に当たる人が「盗まれた」とか、ナンバーツーにすべてを取られたとかね。

ほとんどの場合、師匠が教えず、隠す傾向があるようです。

「盗まれる人は、隠しているからですよ」

その言葉を聞いて、目からウロコが落ちました。
いや、ほんと、そうだって。

僕が学んでいたセラピーでは「オープン・シークレット」なんだとよく言っていた。
「秘密はすべてオープンにしている。自由に技術を持って行ってくれ。」
というように僕は理解していた。

特許とか知的財産が大切なのはわかる。
僕はこの分野は、トレーサビリティがしっかりしていれば良いと考えています。
誰かが誰かの影響を受けているので、その流れはわかっているほうが良い。

なので、オープンソース的な考え方が好きだ。
コンピューターのプログラミングの世界で、プログラムコードが公開されていて、自由に改造が可能であり、その新しく発展したものもオープンに分かち合うものだ。

そのほうが科学も文化も発展するような気がしているのです。
実務家の人たちはどこでお金を稼ぐのかと言われそうです。

これもバランスなのかもしれません。

隠すから盗まれる。

これは僕の中で名言になりそうです。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
感情を入り口に潜在意識から様々な問題を解決し、人生の目的に気づいていきます。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ「好き」を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com


共にいる学び

セミナーやワークショップで学ぶのはとても役立つ。
知識や体験が手に入るのだ。

共にいることで学ぶことがある。
同じ空気を吸い、同じ飯を食らう。
それでしか手に入らないこともある。

ただこの学びには観察が必要だ。
目に映っているだけでは観察にはならない。
脳は低燃費が好きなので目に写った情報のほとんどを捨てる。

見た気になっている性質を持っているのだ。
過去の記憶から情報を拾って見えていないものを見ていることもある。
そのまんまを見るというのは難しいのだ。

知覚とは事実とが同じことはない。
「今、ここ」が大事と言われているが、過去や未来が幻想を見せる。
そのまんまを見ることはできないのかもしれない。

ただ共にいる。

その中に学びがあることを覚えておきたいモノだ。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
感情を入り口に潜在意識から様々な問題を解決し、人生の目的に気づいていきます。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ「好き」を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com



おっさんよ!笑顔たれ!

年を重ねてきたわかったことがある。

男性で目上の人がムスッとした顔をしていると場の雰囲気が悪くなる。
しかも、機嫌が悪い顔をしていると周りが気を使ってくれてワガママが通しやすくなる。
普通の顔でも怒っているように見えて、圧をすごく感じる。

ということ。

なんて楽な世界なんだ!(笑)

周りにとっては迷惑なんだけどね・・・(ぼそっ)

日本では、人が集まれば文化的な力学が無意識に生じる。

  • 男性 > 女性
  • 年上 > 年下

男性は女性よりも優遇され、年上は年下よりも優遇される。
儒教の教えの影響でしょう。
対等ということはないのです。

敬語もそうでしょ。
人の上下関係があるから生まれる言葉です。

この図からすると、男性であり年上の人は最強なんです。
場への影響力が大きいということなんです。

人はなぜか自分が持つ影響力に無頓着だったりします。
人はいるだけで場になんらかの影響をもたらすのです。
特に不機嫌でいると、その不機嫌が周りに伝染します。

だからこそ、おっさんは笑顔でいること意識したほうが良いのです。
それでようやく、周りの人と対等になれるのです。

言葉遣いもそう。
偉そうに怒気を込めて話をすると大体のワガママは通じてしまいます。
でも、それは昔のことになりつつあるのです。
現在では、ただの迷惑オヤジなんです。

なので、言葉遣いも大切です。
丁寧な言葉で周りの人たちに接する必要があります。
今の日本語は対等に話す言葉がないそうです。

「下のものが上に上がって来い」と偉そうに言いたくなるのですが違うのです。
「上の者が下に降りていく」のです。

実るほど 頭を垂れる 稲穂かな

おっさんよ!笑顔たれ!

神様よ!僕にユーモアの才能を授けたまえ!

(追記)おっさんの笑顔写真を見つけるのに一苦労。女性の笑顔の写真は沢山あるんだ。これもジェンダーバイアス?

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
感情を入り口に潜在意識から様々な問題を解決し、人生の目的に気づいていきます。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ「好き」を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com


自信に頼らないたったひとつの方法

自信シリーズを2回に渡って書いてきました。

自信とは感情であり、自信があったりなかったりはコントロールできないもの。
自信とは形がないものであり、その存在は信じるものである。つまりは幻想ということ。

というようなことを書きました。

では、自信が「ある」とか「ない」とかに頼らない方法はあるのでしょうか?

もちろん、あります。

それは「選択」です。

自信があってもなくても、選ぶことです。

選ぶということは、やらないことを決め、やることを決めることです。

そこには迷いはありません。

まだ、迷っているということは、選択していないということです。

「やる」と決めたら、どうやってやるかを考えるだけです。
「やらない」と決めたら、そのことを忘れることです。

「やろうかな」
「やめようかな」
「どうしようかな」

というのは選べない状態です。
もう少し意識的に言えば、選ばないことを選んでいる。
選んでいない状態です。

「選択」ってこれがなかなか難しかったりします。
本当に選択をすれば、淡々と物事が進んでいきます。
その時に、選べたと感じるものかもしれません。

選ぶといろんなことを楽になったりします。
脳に余計な負荷をかけなくなりますから。

選ぶこと。
自信があってもなくても選ぶこと。
そうすれば道はひらけますよ。

もし、選べない時には、自分でも気づいていない原因があるのかもしれません。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
親や世間からの呪縛を解き自分らしくライフワークを生きるの心理セラピー。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ好奇心を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com


自信がないことに自信があります。

前回の記事「自信も人間関係の問題」に反響がありました。

自信って「自分を信じること」という話です。

自信がない人は「自信がないことに自信を持っている」という説があります。
「自信がないんですよ!」と自信を持って話す人は多いです。
「自信があるんです。」という人はほぼいません。

実際には、自信があるとかないとか関係ないんです。
それは事実かもしれないし、信じているだけに過ぎないのかもしれないから。

信じるって幻想なんです。

人は何を信じていなければ生きていけません。
お金もみんなが信じているから成り立つし、交通ルールもみんなが信じているから成り立ちます。
神も信じている人には存在するのです。
日本人は特定の宗教には入っている人は少ないですが、神社に行ったり、お経を唱えたり、クリスマスを祝ったり、神が当たり前のように日常に溶け込んでいます。
これを信仰と呼ぶのです。この言葉も「信じる」という文字が入っていますね。

人は信じているように世界を見ています。

だからパラレルワールドは、同じ世界に住んでいても、違う世界に住んでいるように感じるのかもしれません。
認知が変われば世界が変わると感じるのは、信じている世界が変わるから。
実際に個人セッションやワークショップで認知が変わることで体験することが変わっていくのです。

この経験は起きて、初めてわかるものです。

自信がないという思い込みが外れた時。
その人がどのような行動をとるのかが重要です。

自信があるなしが問題ではありません。
自信を持てたとしたら、どんな世界が待っているのか?
その世界を手に入れることが重要なのです。

これには行動が必要になります。

この現実世界の文脈は行動によって変わります。
行動が変わることで意識が変わっていくのです。

自信があっても、なくても、自分が望むことをやればいいのです。

自信を持つことをゴールにすると何も手に入らずに人生が終わっていくかもしれませんよ。


■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
親や世間からの呪縛を解き自分らしくライフワークを生きるの心理セラピー。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ好奇心を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com


自信も人間関係の問題

カウンセリングをしていると「自信がない」ということを言われる方がいます。

自分を信じると書いて、自信。
事実かどうかは置いておいて、自信とは信じ込みの世界ということなんだ。

つまり、自信とは幻想であるということ。

それでは、なぜ自信があるないという話がでてくるのか?

これは他人が関係しているかということ。

  • 誰かに受け入れてもらえるのか?
  • 誰かに認めてもらえるのか?
  • 誰かに評価してもらえるのか?
  • 誰かに褒められるのか?
  • 誰かに怒られるのか?

と思っていたら自信なんてものはありません。

誰がどう思うか関係ない時に、自信が生まれるのです。

特に優しい人は自信がない人が多いのです。
それは他人を傷つけたくないと思っているから。

誰か人目を気にしていたら自信はないということを頭の片隅に置いておいて下さい。

  • 自分で自分を受け入れること
  • 自分で自分を認めること
  • 自分で自分を評価すること
  • 自分で自分を褒めること
  • 自分で自分を怒ること

これができている時に、自信があると感じるのかもしれません。
心のことを学んでいる人は、この言葉の違うを味わってみて下さいね。

言葉が自信を作っているだけに過ぎないかもしませんよ。

とはいえ、自信がないという人は個人セッションを受けてもいいかもしれない。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
親や世間からの呪縛を解き自分らしくライフワークを生きるの心理セラピー。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ好奇心を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com


編集する人すごいわ

友人からブログ点検サービスを受けた。
とても真摯で的確な指摘を受けて気づいたのは、

「俺、編集、してないや」

ということ。
ブログを始めて20年近く立つけれど、書きっぱなしです。
どうも編集は苦手なんです

なので、ブログはライブ中継のようなものなんです。
その場の即興で書き続けています。
以前に、1000日修行だと毎日ブログを書いていて、これが3000日続けられたのは、即興で書いていたから。

「編集できる人はすごいなぁ・・・」

ずっとそう思っていたことを思い出しました。
自分には編集の才能は、ないんじゃないかな。

「いや、待てよ、編集しているんじゃないの?」

動画は編集しています。最近は1日の記録を1分以内で動画編集する技を身につけました。
これはダイジェストで伝えられたら良いという割り切りができたから。
そんな成長が見れる動画はこちら。
https://www.youtube.com/yoriyoku

さらに、人の文章を編集したり、自分の書いた記事も編集したことあったじゃないか。
里山保全の活動をしている団体に、noteというブログに志願して手伝った時には人の文章にも自分の文章にも編集していたじゃないかと気づきました。
そんなnoteはこちら
https://note.com/hotaruotobasukai/

これは編集しているんですよね。

このブログとの違いは何か?
また、自分のwebサイトの文章やセミナーの文章の違いは何か?

コンピューターのプログラミングのような構造を見直せばいいのかもしれない。
そんなことを気づいた朝でした。

こやちゃん、ありがとう。今のSNSの中心がどこかわからずインスタを張っておきます。
https://www.instagram.com/hirokikoyama/

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
親や世間からの呪縛を解き自分らしくライフワークを生きるの心理セラピー。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ好奇心を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com



観察することは禅の境地と同じかもしれない

科学の視点が好きな理由がわかった。
それは「今ここ」を大切にしているからだ。
観察とは、今起きている現象に集中することなんだ。

これは瞑想的なことでもある。

瞑想とは今に集中すること。
これはマインドフルネスと同じことなんだ。

過去に意識を囚われていると今を観察できない。
未来に囚われていても今を観察できない。
ここで起きていないことに意識を奪われていたらココを観察できない。

「今ここ」にいるという禅の境地にいる修行方法が観察なんだ。
周りの状況を観察する。
自分自身のことを観察する。

ただ、五感を開いて感じるだけ。
よく見て、よく聞き、よく感じ、よく嗅ぎ、よく味わう。

アウトドアにいるとこの五感が大事になるのである。
安全に過ごすためには周りの状況に気づいている必要がある。

もっと観察力をあげよう。
そのためは興味を持つ必要がある。
世界は面白い。

「何があるんだ?」という疑問で赤ちゃんは立ち上がり、人類は進化発展してきた。

観察からはじめよう。自分が研究者になったかのように。

常識を信じず、ありのままの世界を見ようぜ!

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
親や世間からの呪縛を解き自分らしくライフワークを生きるの心理セラピー。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ好奇心を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com


どの感情から動いている?

人の行動原理は2つしかないという。

  • ポジティブな感情を求めるために動くこと。
  • ネガティブな感情を避けるために動くこと。

快を求め不快を避けるというやつです。

あなたは、どちらの感情から動いていますか?

この問いはとても重要です。

僕はついつい、人は「好き」という感情から動きているものと思って話をすると怒られることがあるのです。それは「嫌い」を避けるところから来ていたのです。

好きを我慢して、嫌いなことをやることで将来に備えることをし過ぎて、いると自分自身を見失う場合があるんですよね。怒りはそれを知るヒントになります。

ネガティブな感情を避けようとして行動をしていても、安心感が手に入ると期待しての行動なんですが、幸せを感じることはありません。

なぜなら、ネガティブな感情からは逃げきれないし、仮に逃げ切ったとしてもまた新たなネガティブな感情がやってきます。

問題を解決する人生を歩んでいると、いつも問題がやってくることになるのです。

ポジティブな感情を求めて行動をすると、ポジティブな感情が手に入ります。

とてもシンプルです。

幸せを感じやすいのは、ポジティブな感情から行動を起こすことです。

つまり、好きなことをしようということ。

行動原理を「嫌いなことをしない」から「好きなことをする」に変えるのです。

これ、同じ意味なんですが、脳の解釈の仕方は違うんですよ。
否定系の言葉をなるべく使わないのが良いです。

今やっていること、これからやることに対して

「これ好き?」

と自分に問うことから始めると良いかもしれませね。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
呪いを解き自分らしくライフワークを生きるために
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分の好きを体系的に整理して再発見し、実践するため知恵を学ぶ講座
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com


まじか!他人軸を生きてるやん!

心身を扱う仕事をしていると

「先生はもう悟っていらして何も問題はなくていいな!」

と無邪気に言われることがあるんですが、そんなことないです。
煩悩にまみれて生きています。

僕は誰もがその人らしさを悟ったら人生は上がりで一生を終えると考えています。
つまり生きているということは、悩みの中にいると言っても過言ではありません。
それでも、よりよく生きる方法を知っているに過ぎません。

そうはいっても「自分軸を生きているな」と信じていたかった。
だけど、本を読んでいたら「まじか!他人軸を生きてるやん!」と気づいてしまいました。

あいたたた・・・

現実を受け入れるというのは痛みを伴いますね。
まぁ、これを違う表現を使うなら

がちょーん・・・

という感でしょうか(笑)
子供の頃に聞いた効果音が聞こえてきました。

心って定期的にメンテナンスしていないと知らず知らずのうちに元気を失いますね。
そして、自分一人だと自分の状態に気づくことは難しいですね。

だから他者に相談することが大事なんだと思います。
誰かに話すことで、できればプロに聞いてもらうことが重要ですね。
自分は自分を主観的にしか見えませんが、他者は客観視してくれますから。

ほんと、いややわ。

そんな自分を受け入れて、また前に進んでいこう。
そんなことを雨の中をチャリを漕ぎながら思ったのでした。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
呪いを解き自分らしくライフワークを生きるために
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分の好きを体系的に整理して再発見し、実践するため知恵を学ぶ講座
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com