縁切りセッション

自分を見つめることが心理セラピーで、とても重要なことだと思っています。

プロのセラピストのなるなら、自分を見つめることは、技術力をつけることよりも大事なことです。

これは掃除と同じで、一度すればいいというものでもなく、定期的にすることがとても重要です。

自分は成長するし、周りの人たちも同じように成長するし、時代も変化する。

一度、深く見つめることを体験し、それ以降は定期的に自分を見ることが大事なことだと実感しています。

 

プロセラピストの上田正敏です。

ということで、うちの奥様にセッションを受けました。

彼女のクライアントさんには、セラピスト、カウンセラー、コーチ、ヒーラー、チャネラーなど相談業をされている方が多いです。

仕事の相談からそれ以外のことまで相談内容はいろいろあるらしい。

 

僕もテーマを複数挙げていく中で、本当の大切なテーマを選びセッションが始まります。

で、最終的には、縁切りの話になりました。

えっ?誰とだって?

それは母親です。

 

うちの母は他界してから二十数年が経ちます。

でも母親の影響を未だに受けているのです。

縁切りというと物騒に聞こえますが、もう必要のないエネルギーを切るのです。

今でいう毒親ではないのですが、闘病をずっとしていましたので、様々な影響を受けています。

 

最近の自己啓発系では自分にマイナスの影響を与える人と縁を切れとか、精神世界系ではエネルギーのバンパイヤーとの影響を切れといいますが、ただ縁を切っただけでは、エネルギー的にはつながっているといっても過言ではありません。

終わらせることをしなければ終わらないのです。

例えるなら、使った電気製品のコンセントを抜くようなものです。

今でいうなら、Wifiをオフにするとかかな。

昔は必要だったかもしれないけれど、今の自分には必要でないエネルギーのコネクターは抜く必要があるのです。

それができるのは誰かというと、自分自身しかいないのです。

 

もう必要のないつながりは切りました。

こういうのって、ちょっと切ないのだけれど、大切なことです。

全身につながっていた、もう必要のないコードはすべて切りました。

 

縁切りといいましたが、母親との絆は切れていない感じがするのです。

ちゃんと必要なつながりは持ちつつ、いらないつながりを切るだけ。

それは自分で選ぶことが可能なのです。

 

深い悲しみももういらないのです。

ずっとあるのかもしれないけれど影響を受けなくてもいいのです。

母が僕が悲しむことを望んでいるわけではないから。

 

僕自身が感じていることを、きちんと見つめて、手放すだけなのです。

今、つながっている人たちとちゃんとつながることが大事なのです。

一緒にいてくれる人。

それ以外に大事な人などいるでしょうか?

とても良いセッションでした。

ありがとう!

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■予防医療学校ナチュラルメディカル
4月から東京・新潟で予防医学ができるセラピスト養成講座、
大阪では歯科医、歯科技工士、歯科衛生向けのCAM講座が行われます。
http://www.naturalmedical.tokyo/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。