天才とは何だ?

昨年、大学と企業がコラボした高校生の学習に関するボランティアをしました。

2週間、がっつり高校生やボランティア、自分自身と向き合った経験でした。

それを振り返ることをした時にふっと思ったのは、

教育に興味があるんだけど、どんな教育なんだろう?

そんな問いを立てたら

天才を育てる教育!!

という答えに気づいたんです。

 

秀才ではないんです。

秀才は今までの教育でなることができる。

がんばって勉強したら秀才まではいけるのです。

秀才は努力の結果なることができるのです。

僕はその才能を強み(strength)と呼んでいます。

 

でもね、な〜んか違う

とずっと感じてきたんです。

 

芸術家やスポーツ選手たち。その中にも天才と呼ばれる人たちがいます。

持って生まれた資質とそれを支える努力をしています。

秀才とまた違った努力をしていると思うんです。

それは何か?

「好き」という感情と「やりたい」という体の底から湧いてくる欲求に満ちているのです。

 

才能なんて、ごく一部の選ばれた人なんでしょう?

そんな声も聞こえてくるのですが、僕は違うと考えています。

誰もが天才になれるのだ。

そう考えています。

その天才性は誰に評価されるかどうかもわかりません。

本人が幸せであるかどうかにも鍵があると思っています。

 

好きという感情もやりたいという欲求も誰もが持っています。

そしてその対象は人それぞれ違うんです。

これが多様性だったり個性を作っていくんですね。

個性も特徴だからね。

長所も短所も特徴にすぎません。

どのように使うかで短所にも長所にもなるんです。

長所の中にも短所あり、短所の中にも長所あり

なんです。

 

僕のその人の中にある天才性を目覚めさせたい。

それを社会に還元したい。

よりよい社会を創りたい。

 

その欲求があることに気づいたんです。

物事は振り返ること大切ですね。

自分を知ることができます。

 

僕がやりたいことは言葉を変えたら、

なぜ、この世に生まれてきたのか?

その根源的な答えがあると信じています。

 

今まで研究実践してきたことが役立ちますね。

僕がしている活動はすべてここに直結しています。

 

■ソースワークショップ発見編
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
第67期 9月14日(土)15日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■ソースワークショップ活用編
自分自身のワクワクする感覚を世界に表現していくが活用編。
理想の人生を歩むマニュアルは自分で作ることができるのです。
第23期 8月24日(土)25日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

発見編・活用編同時お申し込みの方へお得な割引制度を導入しました。
この二つのワークショップを受けることで自分らしい人生を引き寄せましょう。

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。