体育会系が嫌い

ハンモックフルネスを提供していると言われることがある。

「体力なくても大丈夫ですか?」

「大丈夫ですよ。体育会系ではないからね。」

と答えています。

体育会系のノリってあんまり好きじゃないのです。
いや、今となってはハッキリと言えます。
嫌いなんです。

それはなぜかと考えると、幼稚園の時まで遡ります。
ケンカしてもいつも負けていたこと。

小学校の時には、「前ならえ」で手を前に上げるのではなく腰に手をあげる人でした。
えぇ、そうです。一番前のちびっ子でした。
6年生の時には学年で一番足が遅くて、それでも運動会で一等賞を獲った時に先生やみんなから驚かれるくらいに奇跡的なことでした。

中学校では、スポーツの部活なんて入れなさそうで帰宅部でした。

体育会の人たちは、基本的に体力自慢で、他者に勝ちたい人が多いんです。
体力がない人への扱いが雑です。
少なくとも僕は雑に扱われると感じた経験が多かったです。

体力がないことそのものがダメみたいなことがあります。
ダメなら鍛えればいいんだという反応です。
鍛えられないお前はダメだという感じで。
お荷物扱いにもされたよね。

だから運動が嫌いになりました。

球技とかは好きだったから運動は嫌いではないんです。
でも、体力的に比較されることは嫌なので、運動は嫌いだと思い込んでしまったのです。

ワクワクすることを全部やれと会社を辞めて起業してから、好きなことをやってきたんですが、好きなことでやりたいことがなくった時にこう思ったのです。
嫌いな中に好きなことがあるんじゃないかって。

で、嫌いなことやろうキャンペーンをしようと思った時に、走ることを選びました。
走る前に理論から入ろうと小出監督の本を読んだんです。
そこに目からウロコな言葉があったんです。
「走る距離を決めるのではなく、時間を決めたらいいんだよ。」

小学校の時とか、トラックを10周走れとか、走り切るまで終われないのが嫌だったんです。
足の速い奴らは、とっとと終わって遊んでいる。こっちは辛くても終われない。
そんな経験をしてきたんですね。

これが距離ではなく、時間だったら、自分の体力に合わせて楽しめたんです。
自分なりのトレーニングができたので楽しかったのです。
「あれ?走るのって楽しいじゃん!」

学校教育で運動が嫌いだと勘違いさせられたのが原因だったのです。
それで自分が悪いもんだと勝手に思ってしまったのです。
運動が嫌いだと信じ込んでしまっていたのですね。

得意・不得意は他人と比較できますが、好き・嫌いは他者は関係ありませんから。

走るのが楽しいということを知ってしまったのです。
身体を動かすことが好きだってね。

その時に、以前にやっていたハイキングも再開しました。
高校時代の重過ぎた荷物、某プログラムでの体力がない人への配慮のなさで、アウトドアで遊ぶことを辞めちゃったんですよね。

ハイキングも一人で行く形で再開したんです。

そうしたら、もう楽しくてしかないのです。
誰にも気を使わずにマイペースでできるから。

好きなスピードで歩け、荷物も好きな重さにでき、休みたければ休み、自分の身体の声を聴きながら自分のペースで自由にできると、むちゃくちゃ楽しくなりました。

不思議なもので、一人で楽しめるようになると、他者と一緒も楽しめるようになりました。
そして、楽しみ方も人ぞれぞれで、それはそれで、それもいいねと思えるようになったのです。

体育会系の呪縛から抜け出せた感じがしています。
今でも体育会系のノリは苦手ですが(笑)

ハンモックフルネスは、自分のペースをとても大事にしています。
自分自身に立ち戻るためには、自分を尊重することから始まりますから。

もちろん、ワークショップ形式なので、他者への尊重も必要です。

最終的には、一人でもできるようになれば、思う存分に自分のペースを味わえますから。
そのための方法やコツを教えていくことが大事だと考えています。

気づいているかわかりませんが、社会は競争が原理原則だと思っている人が多いのです。
だから自分のペースではなく、相手のペースに合わすことで自分を見失う人がでてきます。
そして、そんな人がダメな人だとジャッジされることさえあります。

僕自身は、社会は協力しあうのが原理原則であり、お互いが尊重し合うことが大切だと思っています。
体育会の上下関係ではなく、対等な関係性が大切だと考えています。

自分自身を尊重すること。
自己肯定感を高めること。

それができるようになるのがハンモックフルネスの魅力のひとつです。

ハンモックフルネスの詳細はこちらです。
一度体験してみて下さい。
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください