折れない自信の作り方

自信をつけるというと何をしたらいいと思っていますか?

何かを成し遂げたら自信がつく。

そう思っていませんか?

プロセラピスト上田正敏です。

できなことができるようになる。

それで自信がつくのも事実です。

でもね、これって折れちゃうことがあるのです。

だって、できなくなるのと同時に自信まで失うことになるから。

最高の自分に自信を持つのは当たり前。

でもこれは折れる可能性があることを知っておいたほうがいい。

では、どういう自信をつけたらいいのかというと、

最低だと思っている自分を受け入れること。

その自分に自信を持つことです。

最低っていいんですよ。

上がるしかないんだから。

最高は落ちるだけですから。

ダメな自分を受け入れるということです。

このダメというのもやっかいなのです。

それは本当にダメなことなの?

ダメだというのも人との比較で生まれるもの。

誰かにダメだと決められたか、自分がダメだと決めたかのどちらかです。

誰かにダメだと言われたというのは、言われたことを自分が受け入れたということ。

自分で決めたこと、自分が受け入れたことは、変えることができます。

選びなおせばいいから。

良いところもダメなところも、個性のひとつでしかありません。

自分がダメだと思っていることにも可能性が眠っているのです。

ダメだと思っているから封印されているだけで、受け入れてしまえばそれは良いところに変わるということです。

折れない自信をつけるって、自分が決めるだけなので一瞬なのです。

それを強制して直そうとするから大変なんです。

ただ、受け入れるだけです。

反感や敵意を持ったり、あきらめたり、努力するのとは違うことです。

折れない自信とは最低の自分を受け入れて、それに誇りを持つことです。

それが本当の自信です。

お金のブロックを解放したい人はこちらに
■個人セッション
www.yoriyoku.com

好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください