お金が欲しいという人にお金が入らない理由

お金のブロックの話をします。

お金に対するブロックを持っている人は多いです。なぜなら、こんなに毎日利用しているのにも関わらず、ちゃんと教育を受けていないし、お金と感情って相互に影響を与えるものだからです。

個人セッションなどで、お金の感情ストレスを解放すると、様々な人生ドラマが浮かびあがってくるものです。

どれだけお金と密接な関係性を築いているかがわかります。

心理セラピスト上田正敏です。

「お金が欲しい」という人に限ってお金が稼げない法則があります。

そもそもお金が欲しいって何だ?ということです。

財布の中身である紙や金属が欲しいのか?
通帳の数字が増やしたいのか?

ということなのです。

お金ってそもそも交換ツールとして生まれたと言われています。

物々交換よりもお金を使ったほうが便利だからです。

お金が欲しいという裏にあるものは、何でしょうか?

それは物でしょうか?

それとも感情でしょうか?

欲しいものがあるというのは大事ですね。

学生時代は欲しいもののためにバイトしてお金を貯めて、欲しいものを買ったりしました。

僕は冬になればスキー場に居候をしてスキーをしていたので、夏場はスキー道具を買うためにバイトでお金を稼ぎました。

お金を稼ぐことで、スキー道具を買い、スキーをするという行為を手に入れるためです。

お金のブロックを考える場合には、さらにもう一歩考える必要があります。

スキーをすることで、どんな感情が手に入るかということです。

滑ることでの爽快感が欲しかったし、上達することによる達成感も欲しかったし、スキーに没頭していたかったという感情がありました。

何かを持つことや何かをすることで、どんな感情が欲しいかが大切になります。

もちろん、お金を持つことそのもので手に入れたい感情があります。

それはどんな感情でしょうか?

自信?安心?羨望?自由?権威?満足?

ただお金が欲しいというよりも、その先にある自分が欲しい、物、行動、感情に意識を向けることが大切です。

その欲しいものとお金を交換したいということですから。

お金が欲しいというのは幻想です。

ただお金が欲しいと言っていても手には入らないのです。

お金と交換したいものをハッキリさせることが大切です。

あなたが本当に欲しいのは何ですか?

お金のブロックを解放したい人はこちらに
■個人セッション
www.yoriyoku.com

好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください