理想のパートナーを見つける方法(3)

3)自分がパートナーを探していることを周りの人たちに伝えること

パートナーを探している時に、大切なことは周りの人たちに、パートナー探しをしていることを伝えることです。

 

人は100人から200人の人と繋がっていると言われています。

これは本能的に人間が群れをなす単位となっています。

10人くらいまでの家族の単位、100人くらいが社会の単位になります。

 

自分の周りの人たち100人にパートナー探しをしていることを伝えたとします。

その中にパートナー候補になる人もいるかもしれません。

理想のパートナーはその先にいる可能性があるのです。

友人一人に、また友人が100人いるのです。

 

つまり、100人×100人で10000人の人につながる可能性があるのです。

10000人に1人くらいは、理想のパートナーがいる可能性がググッと増えます。

しかも友人の紹介だと「あなたに合うかも」と思って紹介してもらえるので、理想のパートナーである可能性がグッと増えます。

 

ちなみに

「私パートナーを探しているんです。」

と伝えるだけではダメなんですよ。

「私お金が欲しいのです。」と同じくらいに、伝わりません。

これには「私も欲しいんだよね。」と返されるようなものです。

つまり、パートナーが欲しいだけでは相手に望んでいることが伝わらないんですね。

 

パートナーを探している時に大切なのは、自分の理想のパートナーがどんな人なのかを伝えることです。

これまでのワークが役立つわけです。

 

1分くらいで理想のパートナーがどんな人かを語れるくらいになるといいですね。

その位の時間だと自分の中でも整理がついている状態です。

つまり理想のパートナーがハッキリとしている状態です。

 

人って話を聞くのが苦手なものですが、1分くらいは話を聞く力があるそうです。

100人位に、自分の理想のパートナーがどんな人かと語っていると、リアルに想像ができるようになってきます。

頭で考えているだけでなく、書くこと、さらには話すことで、自分の理想のイメージがハッキリとしてきます。

 

話をするということは、自分で自分の話を聞くことにもなるので、自分が望んでいるものがハッキリとしてきます。

話しているうちに理想のパートナー像も明確になり、どんな生活を送りたいのかも見えてきます。

自分のために誰かに話をするのです。

話をすることで、自分を味方につけ、話をしている人を味方につけ、さらにその先の人も味方になってくれる可能性が高くなります。

 

そうすれば、自分で見つけることができるか、誰かから紹介されて出会う確率がググッと上がります。

さらに友達の友達の友達まで考えたら100万人ですよ。

 

パートナー探しをしていることを友人や知人たちに伝えること。

その時に理想のパートナーがどんな人か1分くらいで話すこと。

 

ここまでの方法もパワフルですが、次回からさらに深く理想のパートナー探しをするコツを伝えます。

 

続く・・・

 

■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


■個人セッション
www.yoriyoku.com


“理想のパートナーを見つける方法(3)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください