人々の期待に反してでも、自分の意思を主張できるか?

セッションを受けに来てくれる女性の潜在的なテーマ。

周りの期待に応えて生きるのか?

自分の期待に応えて生きるのか?

それが問題だ。

 

プロセラピストの上田正敏です。

セッションをしていると男性的なテーマ、女性的なテーマがあります。

正確にいえば、男性性のテーマと女性性のテーマがあり、共感力が高い人が、「人々の期待に反してでも、自分の意思を主張できるか?」という本質的なテーマにぶつかることがよくあります。

自分の才能を活かして社会に夢を実現するというのは、男性的なテーマの一例です。

 

例えば、シンデレラ。

シンデレラも継母や意地悪な姉の言うことにずっと従っていれば、掃除をしている一生で終わるでしょう。

「舞踏会に行く」と決めたからこそ、魔法使いに助けてもらい、王子と出会うチャンスが生まれたのです。

主張したら実現するのです。

おとぎ話がずっと語り継がれているのは、本質的なテーマがあるからでしょう。

 

優しい気持ちを持っているので、他人の期待に応えているのです。

他人の期待に応えなければならないと思ってしまった出来事があったのです。

周りの期待に合わせることしか出来なかったのです。

昔はね。

 

もしかしたら勇気が必要かもしれません。

もしかしたら誰かを裏切ることになるかもしれません。

もしかしたら危険を冒すことになるかもしれません。

 

誰のためにやる?

自分のためなんです。

自分を幸せにできるのは自分だけです。

周りの人は助けてくれるだけ。

自分が幸せであることを決めるからこそ、周りは助けてくれるのです。

 

自分の意思を主張する。

無尽蔵の力が自分の中から湧いてくるのを感じます。

女性はそれだけパワフルなのです。

そして、その姿は美しい。

 

改めてシンデレラストーリーを観てみます。

悪役とされている物語も改めて観たいです。

 

■自分らしく生きる最初のステップ!ソース・ ワークショップ
大阪:12月19日(土)20日(日)
東京のスケジュールは調整中です。
http://www.yoriyoku.com/source

■よりよい人生を歩みたい方へ!ライフチェンジ・プログラム
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

■心と体を統合して今が変わり未来が変わる個人セッション
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。