10/1映画で対話会「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」

10月1日(水)の映画でダイアログは「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽」。渋谷フォーラムシアター。11:15〜の会を鑑賞。その後13時からランチを食べながら対話会。参加費500円。

映画でダイアログは、映画を観て、自分で感じたことを言葉で表現することで気づきをえること、他者の視点を得ることで洞察を深めることを目的としています。

映画の楽しみ方は人それぞれ。

物語を楽しむ人、映像を楽しむ人、メタファーを楽しむ人、時代の空気を読む人、演技を楽しむ人、様々な人がいます。

映画も観る人によって世界観が変わるのです。

自分で感じて考えて表現して、他者の話を聞くこと。

この行為は学ぶことの宝庫。

良かったら共に学びあいませんか?

 

今回とりあげる映画は、ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽

ピーターブルックは演劇人なら誰でも知っている演出家です。

何もない空間に物語を創り出す人らしい。

 

僕自身は、人生は演劇と同じようなものと考えています。

演劇は英語でプレイ。遊ぶために生まれてきたと思っています。

朝起きて目が覚めれば、そこはもう舞台です。

どんな物語を演じるのも、どんな役を選ぶのも、誰を共演者に選ぶのも自由自在です。

本当の自分と演じたい自分の間に、自分自身がいるのです。

僕はセラピーの世界でそれに気づきました。

セラピーの概念は新しいもので、古くは何かといえば演劇です。

人間だけが持つことのできる嘘の世界を楽しむことができるのが演劇です。

嘘の中に真実があるのです。真実の中にも嘘があるけどね。

 

そんな人生という舞台を色とりどりに演出するのがセラピストの仕事だと僕は思っています。

演じるのは本人、セラピストはちょっとだけ魔法をかけるだけです。

舞台も同じで、演じるのは役者さん、演出家は魔法をかけて嘘を本当にしていきます。

ちょっとした言葉やアドバイスだけで、ガラッと空間を変えることのできるのが演出家さんです。

 

この映画に人間の本質が隠されているのではないかと直感し、今回の映画でダイアログでとりあげることにしました。

対話会では、カウンセリング、ファシリテーションやワークショップを学んだ経験豊富なカウンセラーとセラピストが場をリードします。

人間の叡智を共に学びましょう。

日時 :10月1日(水)
場所 :渋谷フォーラムシアター11:15〜の会を鑑賞後、13:00〜ランチを食べながら対話会。
テーマ:「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽
参加費:500円(対話会の時、当日お支払い下さい)。

参加希望者はこちらのフォームからお名前、メールアドレスを記入の上、題名を「映画でダイアログ」としてお申し込み下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。