木を見て森を見ず

東京都八王子市にある恩方の森で、枯れ沢復活&ホタルを飛ばす会に参加してきた。

恩方の森は梅が咲いています

何回か参加したことで様子がようやくわかってきたことがある。
何事も最初からわかることはないのだ。
見て、真似て、やってみて、段々とできるようになる。
自分のペースで学びを深めています。

失敗はないという基本姿勢が楽なんですよね。

今回大きなことに気づきました。

「木を見て森を見ず」という諺が実感としてわかったのです。

枯れた沢から湧き出る水は下を流れる

枯れ沢を復活するために、山に落ちている木や落ち葉を使って、山を整えていきます。
なので、ずっと下を見て活動しています。
沢が流れているところも、水は低きに流れるなので、これも下を見ています。

水は天から降って来て、山に降り注ぎ、地中に染みて、沢から湧いて水がでてきます。
なので、下を見てばっかりではダメなんですね。

この水はどこから来ているのか。

下を見ていた目線を上にあげる必要があるのです。

ハンモックは空を見るんだよね

そうしたら見えたんですよ。水の流れが。
もちろん、山肌を伝わって、山の中を通って水は流れます。
なので実際の水は見えないけれど、きっとここを流れているであろうという予想はできるのです。

森での作業をするのに、下ばっかり見ていてはいけないですね。上を見ないと。

時には山の上から下界を見るのもいいかもしれない

ついつい人は足元を見たがります。
でもね、たまには頭を上げて先を見る必要があるのです。

下を見て、上を見る。
これは現実を見て理想を見ること。

左を見て、右を見る。
これは過去を見て、未来を見る。

さらに、半径5mの近くを見て、世界全体を見ることも重要ですね。

■枯れ沢復活&ホタルを飛ばす会

古から伝わる杜の造作を使った活動をしたい方はこちらへ。
https://note.com/hotaruotobasukai/

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
次回:3/6(日)、3/15(火)
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
次回:3月12日(土)13日(日)
https://www.asobilife.com


“木を見て森を見ず” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。