「今ここ」という感覚を大切に

禅の思想に「今ここ」がある。
英訳がカッコいい”Now and Here”だ。

過去も未来も幻想である。あるのは今しかない。
世界のどこかに求めているコトやモノがあるわけではない。この場がすべて。

という意味である「今ここ」。
削ぎ落とされた言葉に美を感じます。

先日、僕が応援している活動「枯れ沢復活&ホタルを飛ばす会」の代表が都内で話す機会を作っていただきました。
また、山で会うのと違った雰囲気で良き時間でした。

主催の人がやってくれたら良い。ただそれに従っていこう。
そういう姿勢でいるのも良いのですが、僕は自分ができるベストを提供しようと思ったのです。

自分が提供できるベストとは、今まで学んできた知識や実践から叡智を100%伝えること。
もちろん「聴くこと」が僕がこだわってきたことだし、「対話」も同じです。

お互いが対話をしながら、やりたことを高めていくという時間となりました。
話をするって、やるべきことをやるためのものだけではなく、やりたいことを言語化していくことも重要なんです。
自分が好きなことをする自由がまだ、今ここにはあります。

今ここにしかないので、出し惜しみはありません。
全集中ですわ。
大人の本気と本気の対話は楽しいですね。
ちなみに殺気だった雰囲気とかではなく、面白そうと言い合ってるという本気もあるのです。

この会に参加して半年の経験しかないからこその感じていることを話したり、これからの可能性について話せてスッキリとしました。

国土地理院、Googleの地図情報をハイキングで培った技術、大学時代からのコンピューター関係の知識、セラピスト時代の傾聴、場づくり、子供の頃の原体験など、その場に全部あったなという感じがあるんですよね。

今ここに、過去の自分のすべてが、未来へのイメージが、すべて詰まっているそんな感覚。

世界情勢が動き続けます。
自分自身や周りの人たちも歳を重ねていきます。

いつかできたらいい。

そんな日は来ないかもしれません。
そんなことを最近感じることが多いのです。

里山ビオトープ構想が大きな規模でできそうです。
昔、この肩書きを名乗っていたんですよね。

世界はフラクタルにできています。
小さなことが大きなことにつながっているのです。
すべては相似形。
そして、揺らぎがカオスを生み出します。

小さなことで良いからいつもとは違う行動しておくと、それがどんな結果につながるのかわかりません。
複雑系に世界はできているのです。

今ここでできることは何ですか?

それが世界を未来を変えるかもしれません。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
自分の思考を手放して感情をクリアにするセッション。常時受付中
https://www.yoriyoku.com/

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
次回:3/6(日)、3/15(火)
オーダーメイドのツアーも対応可能です。
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップ
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
次回:3月12日(土)13日(日)
https://www.asobilife.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。