潔癖になっていく社会

社会はホワイト化していくという。

ブラック企業というキーワードが流行った。
ブラックとは悪の象徴でもある。

反対はホワイトであり、善の象徴だ。
白のイメージは、光、清潔、完璧、純粋などだ。

ホワイト社会とは、社会が良くなることを表しているわけではない。
社会が潔癖になっていくということ。

水清ければ魚棲まず

こんな諺があるが、人間って潔癖で生きるのは辛いんです。
なぜなら白もあれば黒もあるのが人間だから。

これがコロナ禍で加速している。
何事も手を洗い消毒液で殺菌をしている。
綺麗であることが美徳になっていっているのだ。

もちろん、このメリットはある。
インフルエンザなどの感染症が減っている。
病気にならず健康であることは良いことだ。

では、心の世界ではどうであろうか?

完璧であらねばならないという思考はメンタルを病んでいく場合が多い。
自分に対してきびしく、他人に対してもきびしい。
この考えが極端になれば、自分自身も周りの人たちをも攻撃していくことがある。

潔癖とは潔癖でないものを許さない。

日本社会を見ていると、科学よりも法律よりも、物語であったりマナーが大切にされる。
マナーとは昔からの習慣だったり、大多数の常識だったりする。

新しいことをしようとしたり、珍しい人をコントロールしようとするエネルギーが生まれる。
シンプルに言えば、排除しようとする。

みんなが同じなら問題は起きないからね。

社会がホワイト化していくとブラックが色濃くなる。
光が強ければ闇は深くなるのだ。

ポジティブなものだけがOKで、ネガティブなものはNGとなる。

人間の中にはホワイトがあればブラックもある。
ブラックを否定すれば否定するほど力を持つものだ。

社会がホワイト化していくことは避けられないであろう。
ネット社会もブラックなものは淘汰されていくことになる。

多分、匿名性って無理なんだよね。
AIの技術が進めば誰が誰なのか簡単に特定されるし、発言はネットの中に残り続ける。
発言しなくても自分の行動が記録されていくかもしれない。

ネガティブな発言は匿名だったとしても、ネット上では消した方が良いし、発言しないほうが良い。

きっと僕らのようなメンタルを扱うプロの手助けが必要な社会が来る。
ポジティブがあればネガティブが必ず存在するから。
それが人間だから。

自分の中にあるネガティブをどのようにしていくのか?

これがこれからの社会に必要になっていくであろう。
人は間違いを起こす。それを受け入れるような社会。
そして自分の間違いを許せる自分であること。

水清ければ魚棲まず

人が幸せになる方法を伝えていこう。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■ハンモックフルネス
自然の中で自分を取り戻すためのワークショップ
https://www.hammockfullness.com

■ソースワークショップご案内
好きな時に好きなことを好きな人と好きなだけするためのワークショップ
https://www.asobilife.com

■ライフワークコーチング
https://www.yoriyoku.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください