メダカ里山ビオトープの作り方(その2)睡蓮鉢

里山ビオトープ協会会長の上田です。
こんにちは

一番最初に用意するものといえば、メダカを入れる容器でしょう。

水槽、プラ船(プラスチックの箱)、トロ船(発泡スチロールの箱)、タライ、プランター、バケツ・・・

なんででも作ることは可能です。

睡蓮鉢@里山ビオトープ

だが、断然オススメするのが睡蓮鉢です。

陶器の器が美しいのがその理由です。

甕とか鉢は見た目が良いのです。

そして、野外でビオトープを作るにも最適です。

 

実際にビオトープを作ろうと思ったのは、JA三鷹緑化センターにあった睡蓮鉢を見て一目惚れをしたからです。

鉢を見たらビオトープのイメージが膨らんだのです。

これ大切なことです。

どんなメダカ里山ビオトープを作りたいのかイメージすることが大切です。

どんな鉢で、どこに置いて、どんな土を入れようか、どんな植物を植えようか、どんなメダカを飼おうか、他にはどんな生体を入れようか・・・

まずは睡蓮鉢を探すところからスタートです。

 

僕が購入した睡蓮鉢は小さい物です。

睡蓮鉢@里山ビオトープ

直径32cm

睡蓮鉢@里山ビオトープ

高さが18cmです。

コンパクトに里山ビオトープを作っています。

大きさは置く場所に合わせた大きさが良いかと思います。

 

うちの場合は北東の玄関の軒下です。

自分のイメージあったお気に入りの睡蓮鉢を見つけましょう。

そこから始まります。

 

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ
役だったなと思ったらポチッとクリックお願いします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ メダカへ
様々なメダカを飼っている人の情報はコチラをクリック!


“メダカ里山ビオトープの作り方(その2)睡蓮鉢” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。