happy money読書会開催レポート<あなたにとってのお金>

読書会はワークシートを中心にして進んでいきます。
このお金のワークシートの「問い」がとても大切だと感じています。

あなたにとって、お金とは何ですか?

この問いにあなたは、どんな答えをするでしょうか。
お金はお金だよという答えもひとつです。
ただ、「あなたにとって」という言葉がつくことに意味があります。

言葉を覚える時のことを想像して下さい。
辞書を引きながら学んでいるでしょうか。

人は言葉を覚える時に、身近で使っている人から学びます。
言葉の意味だけでなく、言葉に込められた感情を含めて学んでいきます。

つまり、親の影響がとても大きく関係しているということです。

お父さんがお金に対して、どんなことを言っていたのか?
お母さんがお金に対して、どんなことを言っていたのか?

その言葉の影響を強く受けているということです。

また自身の人生経験の中で、お金とどのような関係を築いてきたのかも大きく関係しています。

お金をどんな気持ちで受け取ってきたのか、どんな気持ちで払ってきたのか、それが自分自身のお金への考え方に大きな影響を与えています。

僕のお金への体験を思い出しました。

僕の母親は病気で、働きたくても働けない人でした。
そして子供の頃にテレビで放送されていた「おしん」。
その中で穀潰しという言葉がありました。

穀潰しとは、飯を食うだけで、何のはたらきもない人のこと。
大人になってもご飯だけを食べて、働いてお金を稼いでいない人のことです。

母は、夢を持って田舎から東京にでてきて、働けば自由が手に入るんじゃないかと思っていた人でした。
それが体調を崩して病気となり、働けない体になってしまったのです。
その悔しさや罪の意識、いろんな感情があったことを覚えています。
自分を責めていたんですね。

そんなことを思い出しました。

お金を稼いでいない人は一人前の大人ではないという思い込みを持っていました。
そんな思いを感じさせることが、お金にはあるんだと子供ながらに学んだのです。

今思うとね、究極的には、生きていればいいのです。
少なくとも僕にとっては。

生きているうちは、お金に関係なく、自由と幸せを追求すれば良いのです。

そんなことを思ったら、うちの母も母なりに楽しんでいたなということを思い出しました。

病気だからといって24時間365日大変だということではありません。
どんな状況だったとしてもできることはあるんだと、母から教わったのかもしれません。

お金の話は、お金の話ではないことが多いですね。

僕にとってお金とは自由と幸せの手助けをしてくれる友達。

お金との友情を深められたらいいな。そこに自由と幸せがある。

お金のイメージが参加者の皆さんが違うので、対話を重ねることで、お金はいろんな顔を持っていることがわかります。

読書会は、自分の考えている先に行けるのが楽しいです。

お金って深いなぁ。

参加者さんかのご感想

普段1人で考えていたらなかなか到達しない気づきに行きついたと思いました。

回を重ねるごとに、お金に対するイメージがどんどん変わっていきます。他の人の話を聞くことで多面的に見えてくる感じがしました。普段お金についてこういうふうに人の考えや感じ方を聞いたことがなかったと改めて思い、すごい貴重な学びの時間だと思いました。

知らず知らずのうちにガチガチに固まっていたお金のイメージは、ずいぶん形を変えて、お金というより「何が豊かなのか」にフォーカスがいくようになり、お金は豊かさを動かす一つのツールなのだと思えました。

毎回予想していた以上にとても濃い深い学びがあります。今回もありがとうございました。

ゆき 女性 南米ブラジル

Zoom読書会は(随時開催、現在6回開催が決定しています)
詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoneyZoom.html

リアル読書会(次回は10月17日)
詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoney.html

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください