言葉にならないことを言葉にする

個人セッションの中で重要な要素のひとつが、言葉にならないことを言葉にすることです。

思考というものは言葉でするものなので、考えていることは言葉になっていると言ってもいいです。

言葉になっていないことで一番大切なことは感情です。

モヤモヤする、スッキリしない、イライラするみたいなものは、感情が言葉になっていないことであることが多いです。

 

プロセラピスト上田正敏です。

人は感情から行動をしています。

感情は英語でエモーション。行動はモーションです。

エネルギーに行動を足したものが感情です。

emotion = e + motion

e = Energy

 

思考から行動をしていると思っている人は多いと思いますが、実際には感情エネルギーが入らなければ行動することはできません。

嫌々やらされていることは思考で強引にすることはできます。

自発的に動くことに関しては感情が鍵になります。

 

感情にはネガティブなものとポジティブなものがあります。

ネガティブな感情から行動するのは、生き残るための本能です。

ポジティブな感情から行動するのは、愛とか創造とか自由から動く高尚なものです。

どちらも生きるためには必要なものです。

 

この感情は言葉になっていないことが多いのです。

感情が潜在意識をコントロールしていると言っても過言ではないです。

ちなみに顕在意識は言葉になっている思考であり、内臓や細胞が自動的に動いているのは無意識であり身体意識です。

 

言葉になっていないということは、無自覚に感情に自分自身が支配されているということ。

物事がうまくいかない時には、ネガティブな感情が関係しています。

自覚できていない感情が悪さをしているのです。

 

例えば、動けない時、怒りが収まらない時、自分を責めてしまう時、何も感じない時、どうしようもない時など、ネガティブな感情が関係しています。

不思議なことに、自分が感じている感情を意識できると、ネガティブな感情はポジティブな感情に変換されていきます。

これが個人セッションでやっていることですが、普段でも言葉になるとスッキリすることがあるのと同じことです。

これを他者の力を借りてやることで時間の節約だったり、優しく自分を見つめることができるようになります。

 

自分の中にある感情を言葉にすること。

普段は言葉になっていません。

なぜなら先ほども言ったように感情ってエネルギーにすぎないから。

アーティストは、感情エネルギーを表現するのが仕事です。

言葉にする人もいれば、身体で表現する人もいれば、絵に描く人、音楽にする人など様々な表現につなげていくことができます。

もちろんアーティストでなくても誰でも感情エネルギーを表現することができます。

ビジネスも表現活動になる場合も多いです。

 

ポイントは自発的であるということです。

誰かの期待に応えるわけでもなく、誰かにやらされているわけでもなく、流行にのることでもなく、自分の内側から起きる情熱に従って動くことです。

 

自分がやりたいからする。

 

シンプルな動機になります。

そのために、自分の感じていることを言葉にすることは大切です。

僕がブログを書いているのも、自分の感じていることを言葉にする練習を積み重ねているようなものです。

面白いのは、考えたことを書いているわけではありません。

自分の中から出てくる言葉を書いているだけです。

書いてから、「あぁ俺って、こんなことを考えているんだな。」とか「こんなことを感じているんだなとわかるのです。

ただ書いているのです。

 

自分自身に共感をする行為です。

今この瞬間を切り取る作業です。

 

もし、モヤモヤしていたり、イライラしている時には、言葉にならない想いがあるのかもしれません。

それが問題を解決したり、望むことをやることにつながっていきます。

 

■個人セッションなどの案内は
www.yoriyoku.com


■幸せの源泉を見つけるワークショップの案内は
www.asobilife.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください