仕事で私を愛してはないわ!


ザ・自己尊重のワークショップが終わりました。




初日の名言は前回のブログに書きました。




2日目はさらに自己重要感、自己肯定感がどこから生まれるのか、丁寧に探っていきました。




癒しも起きるが、その後に探求のチャンスがあるのです。







ロールプレイなのかコンステレーションなのか演劇なのか・・・




未だ名前のつかない人間関係の力学を応用したメソッドを使うことで、目の前に今起きている現実の裏にあるカラクリを目の当たりにすることができます。




あからさまなので、なんにも言い訳ができません。




そのままが現れます。








うちの奥様にも参加してもらい、代理人の役をやってもらったり、ファシリテーションをやってもらったりと活躍してくれました。




なので、僕のテーマも扱ってもらいました。




他人のテーマを見るために、代理人をすることで、自分のテーマも見えてくるのです。




他者のテーマを解決協力をすることで自分の問題も解決される。




個人の問題なんてなく、人類の共通の問題しかないと僕は思っています。




そして、その問題を解決する力を誰もが持っていると思っています。







僕の今後の仕事のやり方について扱いました。




コミュニティやファンが大切だと知りながらもほっておいたテーマです。




このテーマを扱った結果、本当に穴があったら入りたいという経験をすることになりました。







「全世界のみんなたち!あるがままの俺を愛してくれ!」




と世界の中心で叫んでいて、誰にも相手にされない自分を発見しました。




いや愛してくれる人はいました。パートナーだけです。




家族はあるがままを愛してくれる存在です。







周りの人たちで、あるがままの自分に興味関心なんてないのです。




あったとしても、興味は持ってくれるけれど、愛してくれる存在ではありません。




人と人の関係性を結ぶのに必要なのは仕事です。




自分の自己実現や自己尊重を高めるのことを助けてくれるのお客さんです。







お客さんは何に関心があるのか?







僕が降る旗に興味があるのです。







旗とはサービスです。商品の場合もあるかもしれません。




僕が何をするのかに興味を持ってくれるのです。




そして、お客さんが自分に利益があることに対してお金を払うのです。




つまり「自分 ×  サービス」が大切なのです。




誰が何を提供するのかということです。







何を勘違いしていたののか、僕を愛してと僕自身を売ろうとしていたのです。




あぁ、、、穴があったら入りたい。







これ他人だったら痛いなとわかるんです。




自分は全くの盲点でした。







実際のワークショップでは、言語的にわかるというよりも直感的にわかります。




ブログを書くために言語化しています。




実際に起きたことことを詳細に書くのは難しいのです。




言語情報ではなく、感じることが大切だから。




無意識の情報って言語ではないのです。




身体感覚です。







僕は旗を振り続ける。




そう誓いました。




具体的には、僕が良いと思ったことを、みんなで楽しもうよというスタンスで活動することです。




とくかくサービスをリリースし続けます。







参加してくれた皆様、ありがとうございます。




次回は、9月15日(土)16日(日)ザ・意図です。







個人セッション、ワークショップ情報、講演などの依頼はこちらから
■フリースタイル公式ページ


“仕事で私を愛してはないわ!” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください