約束を守ると自信が生まれる

約束って何でしょうか?

約束は自分と他者との決め事です。

これは信頼関係を作ります。

コミュニケーションのひとつでもあります。

 

約束は誰とするのでしょうか?

これは3つあります。

他者との約束、自分自身との約束、神との約束です。

神との約束は宗教的な意味はありません。

誰が見ていなくても自分との約束を守るという意味での自分との約束との上位の考え方です。

 

メンタルトレーナーの上田正敏です。

約束は人と人との決め事です。

約束を守れば他者に信用されるし、約束を破れば他者からの信用はなくします。

当たり前といえば当たり前のことです。

約束って信頼関係が大きく関わってきます。

 

約束を守れば信用されるし、約束を破れば信用されません。

信用貯金と考えれば、約束を守れば信用貯金の残高は多くなるし、約束を破れば信用貯金の残高はなくなります。

約束は人間が社会性を持つ動物だから成り立ちます。

 

明治時代の信頼は家柄、昭和の時代は学歴や収入、これからの時代は評価が信頼につながると言われてます。

人はなんで評価されるのかいえば、行動です。

その基本が約束です。

人との約束をしたことを行動にうつすことです。

 

社会にでると約束事がとても多いのです。

なぜなら約束がないと混乱するからです。

契約という形でしっかりと約束する場合もあれば、暗黙知という約束もあります。

口約束なんてこともありますね。

ゆびきりげんまんって子供の頃にやりました。

 

約束を守れないなら、約束した相手に守れないことをきちんと伝えることです。

それも約束を破る前にです。

約束を守れない場合にペナルティや罰則があることのあるでしょう。

社会的なものなので社会的な制裁がある場合もあります。

 

一番の大きな問題は信頼されなくなることです。

約束を破ってばかりの人は誰からも信頼できない人になります。

「狼が来るぞ!」と言っていた少年は村の誰にも信頼されなくなり誰にも助けてもらえなかったなんて話もありましたね。

 

実はもっと大きな問題があります。

約束を破るということは、自分自身に罪悪感という重荷を背負うことです。

罪の意識って精神的負担は無限大です。

心が壊れることさえあります。

 

もし約束を破ってしまったのなら、反省が必要になります。

反省って「自分が悪い」と思うことではないのです。

これは罪悪感を背負うだけ。

これは不健全な態度です。

 

この罪悪感を誤魔化すと、「相手が悪い」と他者や社会を責める人もでてきます。

これも不健全な態度です。

どんどん信用をなくしていくだけです。

 

反省とは、相手に謝罪をし、自分が何をしたのかを自覚し、これからどのように対処していくのかを考えることです。

反省とは、同じ過ちを繰り返さずに違う振る舞いをしていく方法を探って実行するためのものです。

 

反省する時のポイントは、

そもそもその約束をした時に自分の気持ちにも相手にも正直だったのか?

約束を破りそうになった時に、何をしたのか?

約束を破った後に、何をしたのか?

振る舞いを変えるポイントは沢山あります。

 

信頼を回復したいなら、まずは非を認めて相手に謝ることが最初にやることです。

次に反省したことを相手に伝えることです。

 

これをやると自信が生まれます。

いつも約束を守れないと自信なんてものは吹き飛んでしまいます。

自信というものは自分を尊重する気持ち、自尊感情が関係しています。

 

自分と約束をして実行する。

他者と約束をして実行する。

小さいことですが自信を持つためにオススメな方法です。

 

特に大切な人たち、親との約束、パートナーとの約束、子供のとの約束を守ってみるって大事なことですよ。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■未来を変えるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの再発見・再構築し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■ナチュラルメディカル心理療法学科
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。