紹介するということは@西浦歯科医院(その13)

噛み合わせが調整でき、全身から口腔内をみることができる歯科医さんらを紹介してくれという問い合わせをいただきます。

東京、大阪、岡山、広島、山口、新潟とネットワークはあるのですが、紹介するって難しいなと感じています。

 

プロセラピストの上田正敏です。

それは歯医者さんが得意なことや提供したいサービスと患者さんが求めるサービスのマッチングが難しいということ。

人は本当に自分のニーズがどこにあるのかクリアな人は少ないのです。

良い歯医者さんを紹介してというのが一番難しいのです。

例えば、保険がつかえる/使えない、噛み合わせが必要なのか、セカンドオピニオン的な使い方をしたいのか、入れ歯なのか、インプラントなのか、歯を残す方針がいいのか、矯正を求めているのか、腕がいいのか、歯医者さんで失敗してばかりで傷ついているのか、近くがいいのか・・・

これ紹介基準を作らなければいけないなと思っています。

 

医療業界で1回だけ国家資格の試験を通れば、その免許は一生そのままです。

僕たちの身近な免許としては、運転免許がありますが、何年か毎に更新をしなくてはなりません。

つまり、1回だけの試験を20代で受けて、あとはどのようになるのかといえば、個人差があるということです。

勉強を続ける先生から何もしない先生まで様々な先生がいるのです。

歯科業界に限らずにナチュラルメディカルカレッジのような全身を見るということに興味を持って学びに来る方もいたりします。

代替医療や東洋医学にも興味を持っている人もいるんですね。

僕が出会うのはそんな先生たちなのです。

クライアント・ファーストの人たちです。

 

噛み合わせや額関節のことを歯学部ではほとんど習わないそうです。

最近の研究でわかってきていることであり、業界の常識にはなっていないところだからです。

人体の構造上で複雑なのは顎関節であり、それは噛み合わせも大きな影響があるのです。

体は多少不具合があっても補正する力を持っていますが、人生100年ともなると歯のケアをしなければ持たすことはできません。

40歳くらいで歯が生え換われば問題もなくなるかもしれませんが、そんなことは起きません。

セルフケアと専門家のケアが重要な分野ですね。

いろんなお話を聞かせていただいて勉強させてもらっている分野です。

 

さて、西浦歯科医院での治療。

他の治療院での治療が結果がでておらずに炎症を起こしていた歯。

心棒としての針金が根を突き抜け歯茎に達して、そこが炎症を起こしていました。

この炎症を治療して、根にしっかり念入りにフタをしました。

そして、仮歯を作りました。

この仮歯もまたナチュラルメディカルで共に学んだ鹿児島の精度の高い技工士さんが作ってくれたものです。

とても精密な作りですね。

これを調整して僕の体の中に入っています。

これで様子を見てですね。

 

噛み合わせも調整して終了です。

歯の大事さって40歳を超えてから大きくなってきますね。

10代20代の時に・・・

未来のことは思えないものです。

今しかないものなぁ・・・

いつもありがとうございます。

 

今回の結論。

東京なら西浦歯科医院しか紹介できません。

ありからずです。

 

西浦歯科医院
■診察科名:一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
■所在地:〒185-0013 国分寺市本多5-13-7ナイスプラザ1F
■TEL:042-325-4841
■website:http://www.nishiura.dental

フリースタイル
■フリースタイル上田夫妻公式ページ
http://www.yoriyoku.com/

■予防医療学校ナチュラルメディカル
http://www.naturalmedical.tokyo/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください