本気であるということ

セラピストを育てることをしてきて16年が過ぎました。

いろんな方々との出会いを思い出しています。

ナチュラルメディカルカレッジの卒業式を見たからかもしれません。

 

プロセラピスト上田正敏です。

講師側からの視点は広いものです。

講師、アシスタント、サポート、主催者、いろいろと経験してきましたが、受講生のことがよく見える特等席に座っているのと同じです。

そのためのトレーニングも積んだりしたので、講師でなくても受講生や全体に注意を払うことは自然とやってしまいます。

ただこの視点は受講生の側にいる時でも自分に集中するだけでなく全体にも集中してしまうのが良いのか悪いのか。

 

本気であるか?

 

どんな態度で話を聞いているのか。

どんな質問をするのか。

どんな宿題の取り組み方をしているのか。

そこから在り方が見えてきます。

 

言葉の裏にある、思考だったり、感情だったり、その奥の奥にある欲求がなんなのか。

この欲求が何かがとても大切です。

この欲求は意識で気づいていることもあれば、気づいていないことも多々あります。

特にこの潜在意識での欲求はとても大切です。

この欲求に気づいている人が、本気である第一条件です。

 

そして、欲求と向き合い正直になることが第二条件。

さらに、欲求を恥ずかしがらずに表現していくことが第三条件です。

 

真面目にやっていれば本気というわけでもないし、正しい答えを持っていれば本気ということもありません。

 

映画やブログを見て感動するのもいいんだけど、自分に感動したい。

そう思ったら本気で何事もやるといいですよ。

夢を追いかけるために本気になってもいいし、今やっていることに本気になるのもオススメです。

 

本気って今ここにいることができる集中している状態ですからね。

 

ワクワクすることを単純にするって大事です。

 

 

■ソース・ ワークショップ
発見編:3月19日(土)20日(日)
ワクワクという切り口から自分を知るための現代版自己探求プログラムです。
http://www.yoriyoku.com/source

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム(個人向け)
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください