感情という不条理なもの

感情は面白い。

理性では理解できない振る舞いをする。

自然界の摂理とは違うような、宇宙の理とは違うようなそんな動きをするのだ。

それを自然ともいう

 

プロセラピストの上田正敏です。

ソースワークショップを開催中です。

来週、大阪開催で今年のソースワークショップは修了です。

来年のスケジュールはお待ちください。

 

ソースは自分の源泉を知ること。

ワクワクという感覚を使って、自分の本質を見つめるワークです。

やっていることは楽しいのですが、これが深いことをやっているワークとして最高峰のものだと確信して惚れ込んでやっています。

自分の感情は理性で動かしているのでありません。

まるで猛獣のように勝手に動き回ります(笑)

アンガーメネージメンとなるものもありますが、怒りを感じなくするということではありません。

怒りを感じたときの振る舞いを変えることが怒りと付き合う方法です。

怒りという感情をないものにすると無意識の中で暴れるようになります。

自分は怒っていないのに周りが怒らせたりする人は、内面に怒りが相当たまっています。

怒りはあるのです。

怒りを感じるからこそ意欲に変えることができるのです。

 

嫌いという感情がありますね。

嫌いの反対は好きかというと、そんなことはありません。

頭では嫌いの反対は好きなんです。

感情世界、体の世界では嫌いの反対は好きではありません。

答えは、嫌いの反対はありません。

嫌いというのは本質的な好きに近い感情なのです。

 

では、好きの反対は何か?

もちろん嫌いではありません。

好きの反対は無関心です。

無関心というのは意識では全く自覚がないので、自分の中ではないものになっています。

気づきたくても気づかない。それが無関心。

自分が気付いていることは、すべて好きに近い感情を持っています。

 

好きと嫌いは、そもそも種類が違うものです。

感情の世界は不可思議です。

だからこそ面白い。

人間に対するワクワクが止まりません。

 

さて、これからワークショップ。

皆様もステキな日曜日を!

 
■自分らしく生きる最初のステップ!ソース・ ワークショップ
東京:12月12日(土)13日(日)
大阪:12月19日(土)20日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■よりよい人生を歩みたい方へ!ライフチェンジ・プログラム
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

■心と体を統合して今が変わり未来が変わる個人セッション
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。