ヤバい歯科治療@西浦歯科医院(その5)

歯科治療から帰ってからヤバいことになっています。

アゴが楽すぎて眠いのです。

こんなにも緊張していただなんてビックリです。

きっと人によっては偏頭痛になっちゃう人もいるでしょう。

噛み合わせってこんなにも体に影響しているんですね!

 

プロセラピストの上田正敏です。

5回目の治療はマウスピースの調整です。

以前も他の歯科医院でマウスピースを作ってもらいしていた時期があります。

前回の西浦歯科医院さんで初めてマウスピースを装着した時にも

「まぁ、そんなものか。イマイチ良さがわからない。」

と感じていたのです。

ごめんなさい。

今回調整していただいたらむちゃくちゃいいです。

マウスピースで全身の緊張が緩んでいるのがわかります。

すげーぜ歯科、ヤバいぜ歯科というのが率直な感想です。

 

マウスピースを調整する前段階の準備がすごいのです。

低周波治療器で肩のコリをほぐし、

体のバランスを保つインナーマッスルである大腰筋のバランスを整え、

筋膜をリリースして、頚椎のズレを調整して、

ようやく噛み合わせの調整がスタートするのです。

ナチュラルメディカルで学んだ調整を事前に行うのは、体の下から整えるということ。

重力に対して立っているので土台である足から調整することが大切なのです。

地盤をしっかりと固めてをしてから家を建てるのです。

 

西浦先生が「100歳まで元気でいられるような歯科治療をしているのです」と胸をはっておっしゃってた意味がわかりました。

寿命が40歳くらいの時には歯の治療は虫歯の治療くらいで良かったのです。

ただ寿命が延びてくると歯の重要性が高くなっていきます。

80歳まで20本の歯を残そうというキャッチコピーがありますが、虫歯もなく、詰め物もなく、インプラントもなく、全部が自分の健康な歯という人も少ないのが実情です。

歯がなくなることで不健康になる事例も多く見られています。

サメみたく全部生え変わればいいのですが、人間の場合は1回だけです。しかも6歳くらいという早さで。

 

また現代ではスポーツ選手も本来持っている力を出すためにマウスピースを作る時代です。

全身に歯の影響がおよぶのは予防医学の中では常識になっています。

歯の治療で心も体も病気にすることは可能ですよと笑いながら西浦先生は教えてくれました。

治せる人は壊せる人でもあるのです。

それが一流のプロフェッショナルですよね。

 

従来の歯科医師ではなく、ホリスティック歯科医師は見ている世界が違います。

同じマウスピースを作るにもこんなに差があるなんて。

さらには、お金と時間とエネルギーをどれくらい歯科にかけたらいいのかも考えてくれています。

 

すごいステキな話を聞かさせてくれたのですが、体と心がゆるみすぎて考えることができません(笑)

ちょっと一息。おやすみなさい。

 

追記:歯科衛生士の奥様からtwitterで

@u_machan まだまだ筋肉の緊張があるから、咬み合わせ変わると思いますよ!

とのこと。

24時間、マウスピースをはめて生活するということをやってみます。

自分自身が体感しないことにはわからないですからね。

 

西浦歯科医院
■診察科名:一般歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
■所在地:〒185-0013 国分寺市本多5-13-7ナイスプラザ1F
■TEL:042-325-4841

西浦歯科医院

■自分らしく生きる最初のステップ!ソース・ ワークショップ
東京:12月12日(土)13日(日)
大阪:12月19日(土)20日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■よりよい人生を歩みたい方へ!ライフチェンジ・プログラム
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

■心と体を統合して今が変わり未来が変わる個人セッション
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm


“ヤバい歯科治療@西浦歯科医院(その5)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。