本当の自分、魅せたい自分

本当の自分と魅せたい自分が一致している人は美しい。

僕の感覚であり美学でもあります。

 

ダンスの舞台(昨日のブログ参照)を見る度にそのことを思い出します。

ダンサーは己の肉体を使って自分を表現します。

そこにはなんの誤摩化しも入ることはできません。

動いている姿、止まっている姿にすべてが現れます。

今この瞬間の肉体しかいないのです。

 

衣装は魅せたいと思っている装置に過ぎません。

こう魅せたいんだなという表現です。

衣装は延長線上にしかないのです。

肉体表現を少しサポートする存在なんですね。

 

ここに象徴的な出来事似が起きているのです。

衣装にはどのように見てもらいたいかという欲が映し出されます。

お化粧もそうです。どのように見られたいのか。

 

最近気づいて感動したことがあります。

女性の年齢を何で判断しているかということです。

それがお化粧なんです。

お化粧って時代と共に移り変わっています。

ほとんどの人が自分がお化粧に興味を持つであろう年代のお化粧をしています。

そして、それをずっと続けています。

そこに年齢というか世代感が生まれます。

年齢がよくわらないという人は、化粧っ気がないか、お化粧も時代と共にバージョンアップさせているかです。

そんなことを超える存在の人もいますがそれは割愛。

時代の空気を読んでいたということがわかった時にゾクゾクっと来ました。

 

魅せたい自分はいろんなことに現れます。

お化粧だけでなく、ファッション、持ち物、言動、プロフィール、住家、住んでいる場所・・・

これが自分自身と一致している人はステキです。

周りにあわせすぎて何が何だかわからなくなっている人も多いです。

周りは実際の人もいれば、時代の空気感というのもあります。

意図的に操作している人ももちろんいます。

無意識には、みんなそうじゃないのかなぁ。

 

僕の話で言うと、昔のブログのタイトルはこんな感じでした。

7つの豊かさを分かち合う伝説のキャプテン

というもの。

これを魅せたいということにあてはめると、

豊かさを持っている人に見られたい。

分かち合うという気風がいい人に見られたい。

伝説と呼ばれるくらい何かを成し遂げた人に見られたい。

キャプテンというリーダーシップがあるように見られたい。

ということなんです。

この名前を決めた時に、自分が未来にありたい姿を想像して決めた名前でもあったのです。

10年前に望んだ姿に今の自分になれているでしょうか。

 

本当の自分と魅せたい自分がいます。

魅せたい自分は、本当の自分の上でしか成り立ちません。

本当の自分とかけ離れている時には、もしかしたら方向性が間違っているのかもしれません。

本当の自分と魅せたい自分を一致させること。

その時に美しさがあふれてきます。

そんな人に接していると気持ちがいいのですよね。

 

本当の自分を受け入れて、磨くことができるところは磨いていこう。

 

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます
自分自身との対話をサポートします。親子関係、人間関係の葛藤も解消します。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジプログラム
人生をスムーズに変えたい局面にいる方をサポートします。
体系的に自分自身を見つめることで在り方が変わり未来が変わります。
自分らしく生きることを選びたい方にオススメです。
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

■ソース ワークショップ
好きなことを仕事にし、好きなパートナーと共にいて、好きなライフスタイルを送るためのワークショップです。
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
http://www.yoriyoku.com/source/

■セラピスト起業コンサルティング
10年愛されるプロのセラピストになるための個人向けサービスです。
セラピストなど相談業向けで独立起業したい方向けのプログラム。
自分らしく確実に起業したい方にオススメです。
http://homepage2.nifty.com/f-style/enjoystarbusiness.htm


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。