アデニウム植え替え(2回目)

ゴールデンウィークは植え替えの季節です。

この時期は湿度も低く暖かい快適な日々で、植物たちも動き出した感じします。

今年も昨年と同様に鉢がパンパンとなっていました。

年々大きく太ってきます。

 

今年の鉢は前回のスリット鉢5号から浅鉢6.0号.に植え替えです。

アデニウムが太っているので浅鉢のほうが見た目が良いという理由です。

 

土は前回と同様に、ヤシガラ土として、あく抜きベラボン(Sサイズおがくず状)あく抜きベラボンMサイズ、日向土として、ひゅうが土(細粒)ひゅうが土(中粒)を使いました。

基本は、あく抜きベラボン(Sサイズ)ひゅうが土(細粒)の1:1ブレンドです。

 

さて、植え替えです。

アデニウム植え替え(その1)

5号鉢から6号浅鉢へ。浅すぎる気もするんだが大丈夫?

アデニウム植え替え(その2)

ハサミで鉢を切って割ります。

アデニウム植え替え(その3)

抜くとこんな感じ。鉢底石を1/3くらいまで入れてたんだけど、底まで根が伸びています。

アデニウム植え替え(その4)

土を崩します。地下茎も立派だし、根もりっぱですね。
スリット鉢のせいか根はサークリングはしていません。

アデニウム植え替え(その5)

これに植えます。

アデニウム植え替え(その6)

鉢穴がでかいので網を。

アデニウム植え替え(その7)

鉢底石に、日向土の中粒を薄くひきました。
その上に株を置いて、日向土とヤシガラ土のブレンドしたものを入れます。
今回は株を干さずに1時間ほど陰干ししてからの植え替えです。

アデニウム植え替え(その8)

こんな感じです。白い根のところが浮き出ているのはご愛嬌。鉢はもうちょっと深かったほうが良かったね。

アデニウム植え替え(その9)

化粧土として日向土の中粒を上に乗せて完成。まるで盆栽です。

 

計測もしました。

アデニウム(赤レンジャー)

赤レンジャー君。身長:150mm、太さ:300mm。
1つ伸びた根っこが特徴的

アデニウム(青レンジャー)

青レンジャー君。身長:150mm、太さ:230mm。
スラッと脇芽なしに伸びています。

アデニウム(黄レンジャー)

黄レンジャー君。身長:135mm、太さ:310mm。
ドッシリとした安定感。

アデニウム(桃レンジャー)

桃レンジャー君。身長:155mm、太さ:290mm。
去年までの葉っぱがなぜか下向きに

アデニウム(緑レンジャー)

緑レンジャー君。身長:130mm、太さ:285mm。
変形した葉っぱたちです。

アデニウム(まぁちゃん)

まぁちゃん。身長:160mm、太さ:190mm。
太陽の塔みたいだ。

アデニウム(けいちゃん)

けいちゃん。身長:130mm、太さ:200mm。
元気です。

アデニウム(ファンキーシスターズ ぶーちゃん)

ファンキーシスターズぶーちゃん。身長:60mm、太さ:135mm。
植え替えは見送り。このままでいきます。

アデニウム(ファンキーシスターズ ふーちゃん)

ファンキーシスターズふーちゃん。身長:55mm、太さ:65mm。
去年は葉っぱがほとんどでなかったんだけど、今年は復活!

アデニウム(ファンキーシスターズ うーちゃん)

ファンキーシスターズうーちゃんー君。身長:105mm、太さ:185mm。
この子は植え替えてみました。どうやることやら。

成長に差がでてきているのが面白いです。

運良く10粒発芽した全部の子が成長しているのに感謝。

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


3 Replies to “アデニウム植え替え(2回目)”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください