アデニウムの成長差

6月6日に梅雨に入りましたね。

この3日間で梅雨時期の降水量と同じ量の雨だったそうです。

アデニウム君達の様子です。

アデニウム アラビカム

このアングルが気に入ったのでこの夏はこの配置で、この角度から撮ろうかな。

撮影後に雨が当たらない軒下に避難しました。

 

植え替えをして、丸坊主だったアデニウムにも芽が吹き出してきました。

葉っぱも四季がある日本では、新旧交代をするのでしょうね。

 

小さい子と大きい子を比べます。

アデニウムアラビカム

左の鉢の小さなアデニウムは1つの鉢に3本発芽したもので、右の大きなアデニウムは最初から1つの鉢に種を植えたものです。

それと左の小さな子には液肥を与えていないかな。

その違いだけであとは同じ環境で育てています。

それでも差がでてくるんですね。興味深いですね。

 

ちなみに右の大きな子の1年前の写真がコチラです。

アデニウム(黄レンジャー)

 

今の小さな子と大きさはほとんど同じですね。(鉢の大きさは同じです)

それぞれが植え替えをして秋にどのような大きさになっているか楽しみです。

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


One Reply to “アデニウムの成長差”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください