カテゴリー
つぶやき ライフワーク 好きを仕事に

天命を知る

神という存在を僕はこう考えています。

むかしむかし、村の危機を救った人物がいました。

人はその人のことを英雄と呼んでいました。

英雄が亡くなり、英雄を知っている人たちは、英雄のことの話をことあるごとにします。

そして、英雄を知っている人たちもなくなりますが、英雄物語を語り継がれていきます。

語り継がれ伝説になった人が神になっていったと考えています。

神々の世界から追放されて人ができたのではなく、何かを成し遂げた人々が神として扱われていったのです。

それが神や神話の原型です。

ロマンティックな表現じゃないよね(笑)

だから英雄伝説は世界中に同じようなものがたくさんあります。

八百万の神がいると言われる日本にはたくさんの神語があるのです。

人から人へと語り継がれていく過程で物語は洗練されていきます。

一個人の話から普遍的な話へと変化していくのです。

ソース 天手力男神 天宇受売命

ソース・ワークショップ中にそんな神的な話で盛り上がりました。

ふと、昔のことを思い出しました。

大学時代の冬休みや春休みの時に戸隠にいました。

スキーをするために宿に居候をしていたのです。

ゲレンデで滑ることもあればクロスカントリーで森や山を散策することもありました。

いつだったか、大学の研究室の仲間と戸隠の奥社にいきました。

鍋を担ぎ、ワインを持ち、パンや野菜は下ごしらをしていったのです。

そう、奥社でチーズフォンデューをしたのです。

新雪に人を投げ込んだり、雪でテーブルを作ったり、飲めや歌えやの楽しい時間だったのを思い出したのです。

戸隠って天岩戸伝説があるところです。

天照大神が何かあって岩戸に隠れてしまい多くの人が困ってしまった。それを無理やり連れ出そうとしてもことごとく失敗に終わる。どうしたらいいのかと神々が知恵をだしあい天照大神を外にだすことに成功する物語です。

北風と太陽のように、太陽作戦です。隠れている岩戸の前で、飲めや歌えや踊れやの大騒ぎ。楽しそうに宴をしたのです。

楽しそうだと岩戸とちょっと開けたすきに、その岩戸を開けたのです。

 

「あぁ、僕の天命はこれなんだな」と深いところでわかりました。

 

象徴的に書くと、自分の女性性である天宇受売命(あめのうずめのみこと)と男性である天手力男神(あめのたじからおのかみ)なんだと。

この力を使って、その人の持つ幸せの源泉である天照大御神というワクワクを表にだしていくということなんです。

日本の神様カードそれぞれの神についての解説を

天宇受売命

踊りなさい。笑なさい。夢中になるのです。あなたの中に、今にも外に飛び出していきそうな、創造性の強烈なエネルギーが存在しています。心から楽しむこと、それが本当のあなた自身とつながる道、あなた自身の太陽が輝きだすでしょう。

天野岩戸の前の天宇受売命の踊りは、他の神々を夢中にさせ楽しませました。神々の笑い声で、天照大神が顔をのぞかせたのです。自分が心から楽しんでいなければ、人を楽しませることは出来ません。天宇受売命は、身体だけでなく、心も楽しく躍らせながら、激しい情熱である自分のエネルギーを表現したのです。

天手力男神

力とは何かを考えてみてください。力とは一つではありません。やわらない力、硬い力、押すだけではなく、引くのも力です。身体の知性、魂の知性を一つにすれば、はかりしれない力が生まれます。真の力がもたらす明晰さが、問題を一気に解決するのを助けるでしょう。

天岩戸を強引に開いた天手力男神は、腕力、筋力を司る神様です。でも力とは、物理的な強い力だけを意味するのではありません。真の力を出すには、冴えた頭脳、役に立つ情報、創造性のすべてが必要になります。肉体も先を見通すすばらしい知性を持っています。

天照大神

私は輝く光そのもの、私はすべてを照らします。光があるところに影ができます。影も私の想像、私は影を光に変えることはしません。ありのままで良いのです。私は光そのもの、私は無限であるあなた自身です。

納得です。

こういう象徴的な情報はいかに現実的に落としこむかが重要になります。

楽しく生きることそのものが僕のマーケティング。

僕の持つすべての力を使ってむきあうのがサービス。

その両輪がハッキリと見えたのです。

マーケティングとは、必要な人に必要なことを知らせること、

サービスとは、必要な相手に必要なことを与えることです。

 

天命とは社会の中での自分の与えられた役割です。

この役割は押し付けられたものではありません。

それは偽物の役割です。

自分の中から湧き上がることが本物なのです。

それが自然と周りの人の役立つことが天命なのです。

 

誰もが光輝くものを持っています。

それは自分らしくいる時に発揮します。

僕はその人らしさを引き出すだけ。

再発見をすることのお手伝いなのです。

 

僕の存在意義であり天命なのだと思い出した瞬間でした。

ぜひの初心忘るべからず
時々の初心忘るべからず
老後の初心忘るべからず

中学校の時に国語の授業で聞いて今でも忘れられないインパクトのあった言葉です。

 

自分らしくいこう!

 

それが僕の天命だ。

 

■ソース ワークショップ
好きなことを仕事にし、好きなパートナーと共にいて、好きなライフスタイルを送るためのワークショップです。
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
<発見編>12月 6日(土) 7日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます
自分自身との対話をサポートします。親子関係、人間関係の葛藤も解消します。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジプログラム
人生をスムーズに変えたい局面にいる方を個別にサポートします。
体系的に自分自身を見つめることで在り方が変わり未来が変わります。
自分らしく生きることを選びたい方にオススメです。
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

■セラピスト起業コンサルティング
10年愛されるプロのセラピストになるための個人向けサービスです。
セラピストなど相談業向けで独立起業したい方向けのプログラム。
自分らしく確実に起業したい方にオススメです。
http://homepage2.nifty.com/f-style/enjoystarbusiness.htm


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください