感性という才能を開いていること

前回のブログで共感にについて書きました。

共感力がある人は感受性が高い人ともいえます。

感受性が強いがために、他人の問題や社会の問題を感じすぎてすぎることがあります。

喜びも感じるし、悲しみも感じる。

つまり、ポジティブな感情もネガティブな感情も感じやすいのです。

 

ポジティブもネガティブも同じくらいに感じると思うかもしれませんが、不思議なことにネガティブのほうが10倍くらい多く感じるのです。

これは人間が進化の過程で生き延びるためにネガティブな感情が大事なので強く認識されるからです。

危険を避けるためということです。

 

ネガティブな感情を感じなくたいという時に無意識にする選択は3つあります。

 

ネガティブな感情を感じないところに逃げる。

ネガティブな感情を感じないように感受性を麻痺させる。

ネガティブな感情と戦う。

 

今回、伝えたいのは、麻痺させるということです。

感受性という才能があるにもかかわらず、感受性を感じなくなるようにしてしまうことです。

感受性を麻痺させると、調和することが難しくなります。

何と調和するのか?

自分に関わる人や環境もあるのですが、もっと大切なことは自分自身との調和です。

それが乱れてしまいます。

子供の頃には開いていた感受性の扉がひとつひとつ閉じられてていく経験をしています。

大人になるのは嘘をつけるようになることと言ったりもします。

何に嘘をついているかといえば自分に嘘をつけるようになるのです。

本当に感じていることがわからなくなるのです。

 

もう一度、自分を取り戻す方法として、もう一度自分を開く決意をすること、

何があって自分が感受性を閉じたのかを知ること、

自分が何を望んでいるかを知ること、

そして、そのために自分を愛することが必要になります。

自分を愛することは行為です。

自分に対して何をしてあげるかなのです。

 

感受性がある人は、その感受性が世の中を救います。

その感受性が誰かの役に立ちます。

役割としてコンパスのようなものです。

方向性を指し示すことができるのです。

 

個人セッションをさせていただいて、感受性が豊かな人が多いなと感じる今日この頃だったのでこのことを書いてみました。

感性って自分らしさにつながっていますからね。

 
■ソース ワークショップ
好きなことを仕事にし、好きなパートナーと共にいて、好きなライフスタイルを送るためのワークショップです。
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
<発見編>11月15日(土)16日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます
自分自身との対話をサポートします。親子関係、人間関係の葛藤も解消します。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジプログラム
人生をスムーズに変えたい局面にいる方を個別にサポートします。
体系的に自分自身を見つめることで在り方が変わり未来が変わります。
自分らしく生きることを選びたい方にオススメです。
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm

■セラピスト起業コンサルティング
10年愛されるプロのセラピストになるための個人向けサービスです。
セラピストなど相談業向けで独立起業したい方向けのプログラム。
自分らしく確実に起業したい方にオススメです。
http://homepage2.nifty.com/f-style/enjoystarbusiness.htm


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。