金木犀とアデニウム

秋の雨と金木犀の香りと久保田利伸の音楽がいい感じの週末です。

アデニウムも成長がゆっくりとしてきました。

葉っぱは伸びなくなってきていますが茎はイモ化してきています。

植物の成長はゆっくりですが確実に育って行くのですね。

季節は実りの秋ですから砂漠育ちのアデニウム君たちも日本に気候に従った成長をしていくのでしょうか。

今日は秋の長雨と急な冷え込みのため家に避難させて撮影しました。

雨が上がって気温が上がるまでは室内にいてもらいましょう。

IMG_0957

横からみると育っているのがよくわかります。

アデニウムの地下で根が育ってる!

傾いている赤レンジャー君の鉢の変形してるでしょ。そして根っこが太いです。そのせいか幹も傾いています。

一番太いアデニウム

一番大きな緑レンジャー君は、身長は90mm、ウェスト146mmです。

 

特徴を生かして盆栽風に育てていこうかなと思ったりしています。

個性を生かして育っていくといいな。

2年の冬越えが日本でアデニウムを育てている人たちのひとつの山場だそうです。

見守りつつ楽しんで行きましょう。

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


One Reply to “金木犀とアデニウム”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください