ふたり(地域の物語WS5日目)

地域の物語ワークショップ5日目。

今回は宿題がでていた。

街なかの「ふたり」をじっくり観察してきてください。
そして、自分の好きな形でアウトプットしてきてください。

う〜ん。難しい宿題でした。パスしようかなと思ったり(笑)

朝ちょっと早くでてドトールで1人作戦会議。

「ふたり」でいる人がイメージよりも少ない。そして、「ふたり」でいるのに「ひとり」を感じることを詩を作りました。

詩を作るなんて・・・夢にも思わなかったわ・・・

 

今日は、るいるいの先導で体ほぐしからスタート。

ぐるっと輪になって隣の人の足を揉みます。

自分の目の前にで揉み解している足は隣の人の足。自分が揉まれているのはその逆隣の人。

目の前にあるのが自分の足でない不思議。自分が揉んでいるのとは違う反応が起きている。3つの足が脳内で解け合っている感じでした。

ぐるっと輪になっているので、全員が全員の脳に影響を及ぼしているんだろうな思ったり。

不思議な一体感でした。

 

そして各自の宿題の作品を見合いました。

あみだくじでトップバッター。

何も説明せずに、ただ詩を読む。

説明しちゃうとつまらなくなるんだよね。言葉にひっぱられてその場を見るのが難しくなる。

説明は後でもいいし、なくてもいいと思うのだ。

 

発表は、十人十色。何を観察しているのか、どう表現するのか、バリエーションは無限にありますね。

見ていて思ったのは、自分の目で観察して表現した人と、イメージや記憶を膨らませて表現した人の差があったこと。

自分の目で観察して(インプット)、表現をする(アウトプット)人の作品は、つながれた感じがあったんです。

その場にその人そのものがいたという感じ。

ところが、記憶から表現する(アウトプット)人のは、何か分離している感じがしたのです。

その人の中のイメージの中で、その人のイメージが演じているので、何か別世界の僕にとって関係ない話に見えたのです。

演じられているのは記号化された無機質なもの。

同じように感じたのは、人の目を通したものを見て、表現をした人も同じように感じたのです。

その人がその場にいない感覚。いるのにいない感覚。

 

「リアルに体験したことしか伝わらない。」という言葉を思い出す。

 

自分が経験したことって思っていた以上に重要なことではないかと再認識しました。

演劇全く関係ないですね(笑)

 

その後、それぞれの作品を同時多発で行なったり。演出をつけていろいろと試したり。

かなり面白かったみたい。自分では全く見えないから。

 

これはビデオで撮影していたので明日見るらしい。

また何をするのか楽しみだ。

もらったチョコ

「ふたり」って何だろう?

これも考え続けたい。


起業支援(その6)

ワークショップデザイナー育成プログラムの同窓会に参加してきました。

そこでグループワークがあって、「ビジネス系ワークショップ」で集まり話をしました。

企業研修が仕事の人、人事系の人、アーティスな人たちがいたりしました。

対話の中でふと違和感を感じたのです。

 

あれっ?仕事を楽しいと感じている?

 

ということを。

社会通念として「仕事は大変だ」と思っている人が多いように思えます。

自分を犠牲にしてお金をいただいている感覚があるのではないでしょうか。

僕も会社員時代はそうでした。

我慢代としてお金をもらっているんだとどこかで感じていたのです。

それがわかったのは、会社を辞めて好きなことを仕事にして、しばらくしてからわかったことです。

 

仕事はその人の価値観を現しているので興味深いものがあります。

 

起業支援でしたいことは、「仕事は楽しい!」ということを知っ実感してもらいたのです。

仕事は大変、遊びは楽しい。

ではないのです。

 

楽しいことを仕事にする。仕事を楽しいものにする。

 

どちらもあるのです。

楽しいだけじゃない?そういう人もいるでしょう。

もしかしたら楽しく仕事はできるかもしれません。

そう考えてみるのもスタートです。

 

僕は仕事は楽しくするものだと思っています。

いろいろあるかもしれないけれど、前提に仕事は楽しいとするほうが楽しいです。

僕はものぐさな面も持っているので、楽しくなければ仕事はできないのです。

このものぐさな自分にやる気スイッチを入れるのがワクワクという感覚なんですよね。

 

起業支援を通じて、仕事を楽しいと心から思っている人を増やしていきたいと思っています。

 

まずはワクワクのスイッチを見つけましょう。
■2月16日(土)17日(日)ソース・ワークショップ
自分のワクワクを発見し、好きなことを仕事に、好きな人をパートナーに、好きなライフスタイルを送りたい方に
http://www.yoriyoku.com/source/


起業支援(その5)

サラリーマン脳と経営者脳があることにある時に気づきました。

サラリーマンと経営者の考え方があきらかに違うのです。

会社にいる時にも、管理職ではない人でも経営者のふりをして分析して語っている人は多いです。

僕もそうでした(笑)

実際に会社を辞めて、個人事業主として活動したら、いかにその時の考え方が幼かったのはよくわかります。

ここでのキーワードは考え方、つまり思考法です。

 

例えば、

問題があって、それに愚痴を言うことはバイトでもできる。

解決策を提案することができるという考え方もある。

解決に向けて自ら行動してリーダーシップを発揮する方法もある。

 

言動から自分がどの段階でいるかでその人の在り方がわかるのです。

 

僕自身は、サラリーマン脳から経営者脳に変わるまでに3年くらいかかっています。

そしてそれからも進化を続けています。終わりがない成長ですね。

 

考え方って学んでわかることもあります。知識として知っている段階。

実際に体験をして、腑に落ちたという智慧の段階もあるんです。

さらには、人に伝えることができる段階もあります。

この伝えるという行為も深いです。

どのように伝えたり教えたりするかはとても難しいことです。

それは人それぞれの経験が違うからなんです。

 

わからなくても学んでおくということの必要です。

この時には受取力が必要になりますね。

素直な心です。

 

全部自分の中に取り入れてから、疑問を抱んです。自分の体験から検証することが大切です。

ただ、疑っているのもサラリーマン脳なんですね。

言葉って便利なようで不便。

伝わっているようで伝わっていないのです。

真意は何か、本質は何か、それに耳を傾けることも重要です。

 

サラリーマン脳から経営者脳に変わるためには学べばいいのです。

そして実体験で経験を積むことです。


起業支援(その4)

起業というのは起業する人だけが関係しているのでしょうか?

そうでもないんです。

会社に勤めている人も起業家精神は必要なんです。

起業家精神を持っている人を会社に例えると「自分株式会社」という言葉に象徴されます。

 

仕事のやり方を考えると、会社員か自営業というように2つに分けられます。

この違いは何でしょうか?

仕事の成り立ちを考えれば、全員が自営業だったのではないでしょうか?

1人で仕事をするよりも集団でやったほうがいいと誰かが気づいて組織を作ったのでしょう。

それが会社の原型です。1人でやるよりも複数でやったほうがいいという利点があるからです。

仕事の種類によっては、個人でやるほうがいいのか、会社という集団でやったほうがいいのか。違うのです。

例えば、ダムを造ったりするのは、きっと個人では無理でしょう。

様々な技術を駆使している製品を初めから作るのも難しそうです。

役割分担をしてお互いが得意なことをして協力しあえるのが会社の最大のメリットです。

会社に属していてもいなくても自分株式会社は成り立ちます。

 

会社内でも自分株式会社でいるというのはどういうことでしょうか。

僕が会社に勤めている時に感じていたのは、時間を会社に売っているという感覚。

時間給のバイトと同じでした。

これは、自分株式会社の考え方ではありません。

では、自分株式会社を自覚している人はどんなメンタリティなのでしょうか。

自分が会社に対してもサービスを提供しているという感覚です。

与えられた仕事をするだけでなく、自分から仕事を作っていくような。

自分が他者に与えられるか考えられるかがポイントになります。

僕は会社員の時には、「会社は何もしてくれない」という不満を持っていたんですが、今となっては恥ずかしい話です。

 

これからの時代は、もしかしたら会社もなくなるかもしれません。

会社がなくなってしまったとしても、仕事をしていくことができるのか。

会社から離れたとしても誰かから仕事を頼まれるとか、誰かを集めて仕事を立ち上げていけるとか、何もできないかもしれないけれどいつも呼ばれる存在であるとか、会社に関わらず仕事ができる能力は必要になるでしょう。

雇われなくても仕事ができるという力が必要になることでしょう。

そんな人が会社にいたら。会社にいても自分らしく仕事をしている人もたくさんいます。

会社の垣根をこえて活動している人もいるのです。

これからは個人が活躍できる時代となり、プロジェクト毎に人が集まり、プロジェクトが修了すれば解散する。

一人でも仕事ができるし、大勢でも仕事ができる。

そんな力が必要な時代がきていると思います。

自分株式会社。自分で選択して責任をとることができるような力が必要になると思っています。

僕の起業支援は生きる力を養うサポートです。

#起業支援のサービスの案内はもうちょっと待って下さいね。

■2月16日(土)17日(日)ソース・ワークショップ
自分のワクワクを発見し、好きなことを仕事に、好きな人をパートナーに、好きなライフスタイルを送りたい方に
http://www.yoriyoku.com/source/


起業支援(その3)

僕の想定している起業支援どんな人が対象かいうと、「好きなことを仕事にしたい」という人です。

好きを仕事にできるというのは、今の時代の今の日本だからできることです。

親の世代などの先人のお陰で物質的にとても豊かになりました。

ありがたいことです。

次の世代に僕を含めて今の大人が何ができるかといえば、仕事に生き甲斐を持ち、人のために役立つ仕事をし、多くの時間を笑顔でいることではないでしょうか。

人生の中で一番時間を使っているのは仕事です。

英語で忙しいはbusyであり、仕事は Businessです。ビジーとビジネス。仕事とは忙しくしていること、つまり多くの時間を過ごしていることです。

多くの時間を過ごすのであれば、好きなことを仕事にして、好きなことに時間を投入したほうがいいと思いませんか。

ただ、自分が好きなことだけしていればそれは仕事になるのか?

そんなことはありません。趣味ということもあるでしょう。

 

僕にとっての仕事を定義すると、

「仕事とは他者の役に立つこと」

です。

 

仕事といった場合には他者が関係してきます。

他者をどれだけ喜ばすことができるのか。

当たり前なことなのですが、忘れがちになることも多いことです。

自分だけのことを考えているだけでは仕事にならないのです。

いつでも他者の存在も感じる必要があるのです。

さらには、その先にある社会も感じる必要がでてきます。

自分が笑顔でいて、自分と関わる他者が笑顔でいて、その先にある社会の人たちの笑顔を想像することができるのかが鍵となります。

 

好きなことをしているとワクワクしてきます。

このワクワクという感情がとても大切です。

このワクワクという感情が他者に伝染していきます。

ワクワクしている人の話って興味を引かれるのです。

ワクワクしている人を見ているとこちらも楽しくなってきます。

そして、やってみようかと思ってしまうのです。

 

子供たちに「どんな仕事をしたい?」という質問をすると元気に答えてくれます。

その答えを聴いていると、楽しそうに仕事をしている大人を見ることで、その仕事がいいなと思うようなんです。

子どもが憧れを持つのは楽しそうにしている大人なんです。

 

僕も楽しそうに仕事をしている人を見るのは好きで、何がいったい楽しそうなんだろう?と興味をひかれます。

仕事にするくらい好きなことをしている人ってそれだけで魅力があるんです。

そんな人にいろいろと教えてもらいたいのです。

 

例えば、僕の場合、大人になってから演劇に興味を持ちました。

演劇って当たり外れがあって、ほとんどが外れで面白くないという話も聞いていました。

興味を持ったことは好きでありたい。そう思ったんです。

幸いにも演劇を楽しそうに仕事にしている友人が多々いました。

どんな演劇を見たらいいのだろう?相談をしました。

すると、「こういうのがいいんじゃないかな」と教えてくれます。

「この演劇はね・・・」と見る前から前のめりで語ってくれます。

作家さんや俳優の背景の話まで教えてくれます。

しかも観劇の後も一緒に飲みに行ってくれたりして、いろいろと教えてくれました。

劇場のバックヤードまで見せてくれたりもしました。

僕は思ったんです。

好きな人が語る話には力が宿る。

と。

お陰で演劇が好きになりました(笑)

楽しみ方も知ったし、ご縁がご縁を生んで舞台に立つこともできたり。

 

好きなことを好きなだけして、他者にも喜ばれる。

子どもに憧れられるような大人になる。

そんな起業をする人を応援しようと立ち上がりました。

 

■2月16日(土)17日(日)ソース・ワークショップ
自分のワクワクを発見し、好きなことを仕事に、好きな人をパートナーに、好きなライフスタイルを送りたい方に
http://www.yoriyoku.com/source/

 


起業支援(その2)

自己成長も僕のライフワークのひとつです。

起業と自己成長って関係あるのでしょうか?

 

僕は学びが好きなので本を読む他にも様々なコミュニティで出入りしていました。

実際にいろんなことで学びを深めていきました。

そこで、様々な人たちを観察していてわかったことがあるのです。

成長する人と同じところに留まっている人がいるのです。

その人たちは、基本的にはよりよくなりたいと思っている人たちです。

でも、2通りの人たちがいるのです。

人の状態を3つに分けて考えます。

1)マイナス状態
2)ゼロ状態
3)プラス状態

です。この状態から目的別に書くと以下の3つのような人がいます。

1)マイナス状態からゼロ状態を目指す人たち。
2)ゼロ状態からプラス状態を目指す人たち。
3)マイナス状態からプラス状態を目指す人たち。

そういう人たちが学びの場にいます。

ところが実際にはどうなっているかというと・・・

1)プラス状態の人がさらにプラスになっていく。
2)ゼロ状態の人がゼロ状態に居続ける。
3)マイナス状態の人はマイナス状態に戻っていく。

というようなことが多いのです。もちろん例外はあります。

特にマイナス状態の人でゼロ状態に近づくとマイナス状態に戻っていくパターンが多くあるのです。

このパターンは現代における苦行ではないかと思っています。

 

プラスをプラスにできる人とそうではない人の差は何か?

 

ずっと観察を続けてわかったことがひとつあります。

プラスをプラスにできる人は分かち合いをしている人なんです。

つまり、自分が得たプラスを社会に還元すると決めている人たちです。

 

自分と向き合い得たことを社会に還元していく。

社会に還元する時ということは社会貢献です。

社会に貢献するということは仕事になるということです。

 

実際に仕事として還元している人たちは、よりよくなるという方向性に進んでいました。

還元する方法としては、仕事が一番わかりやすく簡単なことです。

 

自分のためだけに自己成長をしようとする人たちはどこかでつまずいて元の状態に戻ることが多い。

ところが、他人のためにも自己成長しようとしている人たちは、自らも成長しながらも周りの人も成長させていくのです。

 

自分の問題を解決したらそれは社会に還元すべきことなんです。

それが健全な態度だと思っています。

 

起業するということも様々な問題は起きるのです。

その問題をひとつひとつ丁寧に向き合うことで成長が加速していきます。

起業することで、様々な壁にぶちあたります。

それを乗り越えていくことで成長するのです。

自分と向き合わなければならないこともたくさんでてきます。

感情的な問題、思考的な問題、行動的な問題、環境的な問題・・・

ひとつひとつ向き合って乗り越えていくことで自分が磨かれていきます。

また、その過程も周りの人たちに勇気や希望を与えることにもなるのです。

起業というのは新しい自分に出会う旅なのです。

それは挑戦しがいのあるの大切なことだと思っています。

 

起業という時をよくみると、業を起こすと書きます。

自分の業を見つめることで、精神的にも物質的にも豊かになる道だと僕は思っています。

起業することは自分の可能性を追求することであるし、社会貢献であるし、自分を磨いていくことにもなるのです。


起業支援(その1)

今年は起業支援に力を入れていく予定です。

なぜ起業支援なのか?

理由は大きく2つあります。

 

1つはセラピストとして起業して12年が過ぎました。

その中で、セラピストとして起業したいのだけれど起業できなかったり、起業しても失敗する人を数多く見てきました。

僕よりも腕が上だと思う人もかなりいました。

なぜなのか経験から考えました。

起業したての頃は、技術さえあれば起業できると思っていました。資格さえあれば起業できると思っていたのです。

ところが、実際には違いました。

良い技術を持っている人ほど「良いものは黙っていても伝わる」と思っていたりしますが、現実は違います。

技術があるのは当たり前。さらに何ができるかを人に伝えることが必要なのです。

言葉で人に伝えるということ。これが起業に不可欠です。

起業してから何に一番力を入れていたかというと、「仕事のやり方」です。つまりビジネスとは何かについて学びました。

会社員時代は研究所にいたので、ほとんどお客さんに接する機会はありませんでした。

会社にいたのだけれど、会社の仕組みはよくわかっていなかったのです。

一から勉強です。わからないことは学べばわかるようになります。

 

知らないことは知ればいいのです。

僕は試行錯誤しながら今でも仕事をさせていただいています。

技術向上はもちろんのこと、人に伝える技術も学び続けています。

自分が学んできたことを分かち合う必要があると去年くらいから強く思うようになりました。

12年前の僕自身に「何が欲しい?」と訪ねたらきっとこう答えるでしょう。

「今、何をすればいいのか道を教えてくれる人が欲しい」と。

全部、教えてくれる必要はないのです。そのキッカケが欲しいのです。

人それぞれ違うので、成功法則も人それぞれ違うのです。

なので、それを探すことになっていくのにはとっかかりが欲しかったです。

これからの社会は、個人をサポートしていくサービスが必要不可欠になります。

そんな仲間を増やしていきたいという想いもあるのです。

社会をよりよくするために活動をしていきたい。

それには個人の力を超える必要があると痛切に感じているのです。

 

人をサポートする人を応援したい。その人たちが起業する力になりたい。

これが理由のひとつです。

もうひとつは・・・僕のライフワークである自己成長に関係があります。

(続く)


受けとることと与えること

「自分を磨き成長するためにはどうしたらいいのか?」

これは僕のライフワークのひとつです。

最近、ホームパーティーに招かれていいなぁと感じ、僕も今年はホームパーティーで場作りをしていこうと思っています。

なのでいろいろと観察をしていてわかったことがありました。

 

主催をしている人は余裕がある(笑)

豊かさがあるから分かち合っているのです。

分かち合っているから豊かなのかもしれませんが(笑)

 

そこで、ふと思ったのです。

 

与えてもらったら、与える必要があるのかなと。

誰から何かをしてもらい嬉しかったら、自分もまた誰かに何かをしてあげる。

受け取ったら与えるという循環が大切なのではないかと。

 

受け取ってばかりの人もいて、不思議と不幸そうにみえる人も多いのです。

受け取って受け取って受け取って・・・インプットだけだと淀んできます。

アウトプットする必要があるのです。それは与えることかもしれないし、捨てることかもしれません。

 

受け取り上手な人もいます。こちらも与えているだけで嬉しくなる人。

ここで関係性が完結しているようです。

どんどん与えたくなっていきます。

素直であり謙虚な人であることが多いような気がしています。

 

与えることが前提で受け取る人もいます。

スポンジのように吸収していくし、わからないことがあれば質問もする。

積極的で清々しい人が多いような気がします。

 

受け取ったら与える必要がある。これは人間が社会を作るために必要だし、これがあるから文化が育つのだなと思いました。

自分が学んだことや経験してきたことは教えていく必要があるんだなと実感しています。

40代からは人に与える割合が増えていくようにするのが精神を健全に保つ秘訣ですね。


歩こう!(地域の物語WS4日目)

地域の物語ワークショップ4日目。

劇場に行く道すがら、近所に珍しい車ばかり修理している工場があります。そこに男子なら目がキラキラしちゃうような車がありました。 スーパーカー   この車はいったい何でしょう?

今日のワークショップは、「場を感じる」というのがテーマでした。 広い会場で、場所を感じたり、人を感じたり。この人も特定のパートナーを感じたり、他のペアの人たちを感じたり、いろいろとバリエーションがありました。 この感じるって、五感の中でも視覚だけでなく、聴覚や触覚を使った感じがしています。感じることは興味深いですね。

今日はワークショップ後に有志でランチを食べにいきました。

たっちゃん(楠原竜也さん)にダンスを始めたキッカケやワークショップの関わり方についていろいろと話を聞きました。 「ダンスや演劇なんて・・・」という思春期を過ぎて、大学は演劇関係に、卒業してからダンスを始めたりしたそうなんです。

何かに出会った時に「これだ!」と肯定的な場合と、「ケッ!」という否定的な場合があるのですが、どちらも自分の心に引っかかっているんですね。これがライフワークになることもありますね。

僕も「へっ!演劇なんて・・・」「ちっ!ダンスなんて・・・」という口でした(笑)

今思えば恥ずかしかったんだろうな。自分を表現することに対してブロックがあったんだなぁと。それを超えたいと思っているんだなと今挑戦中です。

たっちゃんのワークショップのスタイルは、ダンスを創作するのと全く一緒なのだそうだ。 参加者の素材を生かしてアイデアを練り、魅せるものに高めていく。 プロの振付家のメソッドを体験できることが、とっても嬉しいですね。

創作の現場って独自のワクワク感とドキドキ感が入り交じった不思議な雰囲気を持っています。ピリピリ感もあったりもしてね。 現場の人の話は面白かったです。ありがとうございます。

その後、フィットネスクラブへ。このダンスのワークショップ後、気分的に重くなるんです。家に帰れば寝るしかない状態になっちゃうのです。なので、体を積極的に動かしてみました。するとスキッと爽やかに気分が晴れました。あの感じってなんなんだろうな。 無意識でいろんなことを感じ取っているのかもしれません。

今日のワークショップの振り返り

1)ペアの鬼ごっこ

ふたりペアになって、同じ方向に向かって並ぶ。鬼がその隣に行ったら、外側の人が鬼になってパートナーのところに行く。

AB

と並んでいる時に鬼Cが来ると

ABC

Aが鬼になって、ペアから離れて

BC

となる。

その時に、前を向いてたち、人が来るのを感じるのです。周辺視野を使ったり、気配を感じたり、耳を澄ませたり。これが案外難しい。右に意識がいったり、左に意識がいったり、全体に意識を向けたりしているうちに、何が何だからわからなくなりました。

ルールが足され、このペアの並び方を変えたりも。

↑↓ ⇒ ↑↓↑ ⇒ ↓↑

みたいに並んだりね。

ルールがさらに足されて、移動を工夫したり、形を作って相手にタッチをしたり。 いろんなバリエーションをやろうと思っても、案外バリエーションがなかったりする。そして他の人のやっていることに影響を受けるんだけど、やっぱり自分の動きでしかなかったり。

2)ペアとグループ

ペアになって1人が動いている時には1人は静止。タッチされたら動いていく。他のペアとはタッチしない。

ペアの相手の影響や周りのペアの人たちの影響を感じる。 他者の動きを見たりしたんだけど、面白いのか面白くないのか微妙。自分は自分にしかなれないんだと他者を見て感じる。

どのように動いてもその人にしか見えないんだよね。体の形だけでなく、動かし方にも個性があって、その呪縛からは逃れられないんだなぁと思ったり。

3)自分が歩くルートを決めて歩く

自分が歩くルートを自由に決めます。それを書きました。

歩くるルート書いたはいいが、覚えられない・・・(涙)

ほとんどの人が覚えて紙を見ないで歩いている。僕にはできないんです。自分で作って自分でできない。

あとでパートナーのけいちゃんに「まぁちゃんは誰にも動きを読まれないようにしているんじゃないかな」と言われてハッとしました。 誰にも読まれないように自分にまで読まれないようにしているんじゃないかと。 無意識の考えって怖いですね。自分で自分をわからなくしていることがわかりました。ヤバいね。この癖は。

各自がルートを作ったら、全員が自分のルートを歩いたり、半分の人数でやったりしました。ちょっと時差を付けたりしてね。

基本的にみんな我が道を歩むタイプの人が多いようだ(笑)

目的を持って歩いているとなんだからラッシュの駅の様子みたいです。みんな自分の行きたい所にまっしぐらなんですね。 性格がでるなぁと思ったり。

4)初回にとったアンケートで気になった質問を5つ選ぶ

これは宿題でした。「自分が男(女)だなぁと思う瞬間は?」「色気を感じる瞬間・仕草は?」というような問いの答えにドキっとした人が多かったみたい。

質問の答ではなく、どの質問が反応するのかって面白いです。 いろんなタイプの質問で、自分が気になる傾向ってあるんでしょうね。 次回は2週間後。その間に宿題もでるらしい。学校かっ。


ハッピーバースディ(地域の物語WS3)

地域の物語ワークショップ3日目。

参加予定の方が全員きました。みなさん、それぞれ個性的な方々です。オールキャストが出会ったらどうなるのでしょうか(笑)ワクワクします。

地域の物語Cコース講師の方々と

今日はダンスというよりも「人と人が出会った時に何かが起きるか?」ということを楽しんだ1日でした。

人と人が出会えば、ダンスが始まるのかもしれません。

それが体を動かすダンスではなくても、心の中では踊っているのかもしれませんね。

出会いの中で沸き上がってくる衝動を楽しみました。

外側にいる人の反応が、自分の内側に入って感じて、また外側に表現したい衝動に駆られます。

人は動物であり「動きたいもの」なんだと実感しました。

<今日のワークメモ>

1)後だしジャンケン

後だしで勝ったり負けたりするのは案外難しいです。生まれてこのかた「ジャンケンは勝つためにある」と思っているからかもしれません。普段の信じ込みを揺さぶれるワークでした。

2)ジャンケン鬼ごっこ

ジャンケンを全員で最初にして、ジャンケンで勝った人が負けた人にタッチできるゲーム。負けたらフリーズ。最後まで生き残った人の勝ち。輪になってやったので、いきなり隣の人が自分にとっての鬼になったりするのが面白い。反射神経ですね。途中で、同じ人を助けるルールが加わる。

3)空間で遊び

誰か1人を決めてずっとその人を見ながら歩く。その人に集中していても他人とぶつからずに歩けるもんですね。恋をしている時ってきっとこういう感じに風景が見えるんだろうな。

その対象が2人に増える。しかも3人の位置関係が直線になるように。これ動いているうちに自然に会場のみんなが一直線に!単純なルールって時に奇跡を生み出しますね。動が静になる瞬間に感動が起きました。

次に3人の位置関係を正三角形に。このゲームはチームを作るのではなく自分で勝手に決めた人でやるので、場は動く動く。誰かが走ると他の人も走り出す。他者に集中するってとっても面白いです。自分の内面をみていたら反応ができないから。常に外側に意識を向けているって僕にとっては斬新な出来事です。

4)3人ドラマ

稽古場に3.6m×3.6mの正方形を書いていて、その場に3人が入るというもの。3人がそろったら5秒間静止して、1人が抜けて、また1人が入るというもの。静止画ができるのです。

最初は、ただ場に立つというもの。ファミリーコンステレーションのようなシンプルなドラマが展開されます。ただ場に人が立つだけでいろいろと想像して何か意味がふわっと現れたり、ただ反応しちゃったりするのが面白いですね。ただ立つだけだから人それぞれに思い浮かぶものが違うのでしょうね。また同じのもあったりもするのでしょうね。

次に、高さをだしていきました。立つ、座る、寝るの3つです。さらにドラマティックになっていきます。自分が舞台の上に立っている時は、感じるセンサーが敏感になっていきます。気配を感じるって不思議ですよね。

次に、触れるというルールが加わる。3人の距離がグッと近くなります。人が抜け、人が入る。形がどんどん変化していきます。触れていた人がいなくなると、その場での意味が変化していきます。見えているものが変化していきます。そして、新しい人が入るとさらに見えてくるものが違ってくる。人間の脳が作り出すドラマって面白いです。いろいろと見えちゃうんです。

人の反応って不思議ですね。

これらを撮影したものを見ました。実際に自分でやっている感じ、生で見ている感じ、それのどれとも違う映像があったんです。同じことが起きていても受け取るものは全く違うものになりますね。人それぞれに違うだけでなく、自分の中でも全く違うものに見えることに驚きました。人間の認識なんてあてにならないもんです。パラレルワールドってすぐそこにあるものなのかもしれません。

5)シェアリング

付箋に今回Cコースのテーマである「ふたり」というキーワードと3日間で体験したことを結びつけて書き出す。それを貼って整理。人それぞれの感じ方っていいですね。多面的に場が浮かび上がってくる感じがしました。

ふたり

今日も充実した1日でした。

終わりの終わりにいきなり電気が消えて、ハッピーバースディの歌と共にケーキが!

Happy Birthday まぁちゃん
サプライズにやられました。いきなりきたのでビックリ!

さらに誕生日ケーキのパフォーマンスも!

地域の物語「誕生日」すごい!クリエイティブだ!

幸せな43才になりました。ありがとう!