ビジョンを描きたいなら感情に気づいていること

頭が良い人たちは、すべてが思考で解決できると思っている。
長年メンタルの世界にいると思考では解決できないことが多いことを知る。
意識の世界は思考が支配しているが、潜在意識の世界は感情が支配しているからだ。
潜在意識は意識では気づいていない世界と考えるとわかりやすいです。

思考で考えていると、マイナス感情を解消することが、夢とか目標とかビジョンとか言っていると路頭に迷うことがあるのです。

マイナス感情からのビジョン設定

マイナス感情を解消しても、また同じようなマイナス感情がやってくるだけなんです。
人は不思議なもので、元の状態に戻りたがる性質があるのです。
新しいものより慣れ親しんだものが居心地がよく感じるのです。

ならば、どうするのか?

マイナスの感情を感じることができたらなら、その感情のプラス面を知ればよいのです。
これが、僕がセッションでやっていることが核心部です。

マイナスの感情から生まれるプラスの感情を知り、そのプラスの感情を満たすために何をすれば良いのかを考えるのが思考の仕事です。
そこに、本質的な夢やビジョンやら目標があるのです。

プラス感情からのビジョン設定

医学的に例えるならば、マイナスの感情に対処することは対処療法であり、プラスの感情に対処することは根本療法であるということです。

マイナスの感情とプラスの感情のどちらにも気づいて、行動する段階になると、この感情は打ち消しあってニュートラルになり、淡々と行動をしていくことになります。

気持ち的にはポジティブでもネガティブでもなく選択した結果があるだけのニュートラルな状態になるのです。

ちなみに、ポジティブ・シンキングでビジョン設定してもうまくいきません。
夢物語だったり、薄っぺらいビジョンしか生まれないのです。
そこに深みがないのですよね。
ポジティブな人はネガティブな面に気づくことができたら多くの人に共感ができるビジョンが出来上がります。

この感情というのは、言葉で説明をしきれないんです。
言葉は思考の集積だから。
頭でわかるだけでなく体でわかる必要があるのです。
なので、感情的なものは実感として味わってもらうしかないのです。
感情は、感覚としてわかるものなので、蔑ろにされるのかもしれません。

感情をうまく乗りこなすこと。
これは幸せな人生を送るために必須のスキルです。

■フリースタイル・コンテンツ紹介

■個人セッション
感情を入り口に潜在意識から様々な問題を解決し、人生の目的に気づいていきます。
https://www.yoriyoku.com/

■ソースワークショップ
自分が持つ好奇心を見つけて、それを仕事、伴侶、趣味に応用し、自分らしくなるためのワークショップ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
日々ゴキゲンでいるために自然の中で心身を整えるイベント。
https://www.hammockfullness.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。