ワクチンを接種しますか?

この問いは今の時代には危険を持つ。
なぜなら感情的に人は反応するからだ。
それだけみんなが真剣に考えているテーマだとおも言えます。

感情に的にニュートラルならば

  1. はい。接種します。
  2. いいえ。接種しません。
  3. いいえ。接種できません。
  4. 検討中です。
  5. 答えません。

という回答になるかと思います。

ちなみに僕自身は、ワクチンを打つのも打たないのも個人の自由だと考えていますが、集団免疫のことを考えると僕は打つ選択をしました。今年は風しんのワクチンも打ちました。

この答えは、どれでもよくて、

あぁ、そうなんですね。

と返すのだと思います。

ここで、
「なぜ、ワクチンを打つのか?」
「なぜ、ワクチンを打たないのか?」
という理由を語り始めると争いの種が生まれます。

「なぜ?」という問いには思想が入ってくるから。

思想というものは個人にとって大切なものです。
大切なものだから大切にしていれば良いのです。

誰かにわかってもらうことが重要なのでもなく、誰にもわかってもらえないことが悲しいわけでもなく、「自分はかくありたい」という思いは自由なんです。
少なくとも今住む社会の中では。

そして、その思想は、個人の自由なだけであって、誰か他者に強制するものでもないのです。

ワクチンの場合、肯定派も否定派も、どちらの言い分にも耳を傾けると、どちらの主張もわかるんです。
ただ、どちらが正しい・間違っているという視点では答えはでません。

どちらも正しいかもしれないし、どちらも間違っているかもしれない。

そんなことはわからないのです。

人間同士が争っていることに意味はないのです。

安心で安全な場で、自分が何を考えているかを語ることは重要かもしれません。
自分の頭の中でグルグルと考えていると、ネガティブな感情の罠に落ちていきます。

自分自身で答えを見つけて選択をすれば、誰も責めることはありません。
もし、誰かを責めるならば、それは選択していなかったことだということです。
ただ誰か自分以外の権威者の意見に従ったということです。

みんながニュートラルになれたらて、この人類の聞きを脱することができたら良いなと思っています。

世界人類が平和でありますように。そう願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください