断る勇気

決断ができない。

そんな人には断る勇気が必要かもしれません。

 

メンタルトレーナー上田正敏です。

日本人は「No」ということが苦手だと言われています。

断ることに罪悪感を感じがちなのです。

 

英語を学んでびっくりしたことは

No, thank you.

というフレーズ。

直訳すると「いいえ。ありがとう。」です。

 

何かを勧められたり、誘われた時として、意訳すると

「いらないわ。でも、気づかってくれてありがとう。」

みたいなニュアンスに感じたのです。

 

全部受け入れなくてはならないという強迫観念を持っている人がいます。

特に女性に多い気がしています。

そういう文化が日本にあるのでしょうか。

 

断っていいのです。

 

実際にがまんして、Yesと言い続けるのは辛いことです。

相手のためにYesを言っている人は、自分のためにNoを言う必要があるのです。

最初は勇気が必要です。

 

これNoを言う練習をするのがオススメです。

誰か手伝ってもらうとやりやすいです。

 

僕の世代だとねるとんが思い出されます。

その告白タイムが好きでした。

 

男1「はじめて会った時から、好きでした。よろしくお願いします。」

男2「ちょっと、待った!」

男3「ちょっと、待った!」

女1「ごめんなさい。」

 

断るって見ていても気持ちが良いものです。

もちろん、自分の気持ちに正直であればということです。

本当はYesなのにNoを言う人もいますからね。

 

自分の気持ちがYesならYes、NoならNoなのです。

わからないというのは本当の意味ではないのだと僕は思っています。

でも、そんな時は保留もありです。

 

自分自身がわかっていれば、いつでも即断即決は可能です。

経営者の人たちは悩んでいる時間がリスクになるので、選択するのはとても早いです。

失敗したら、またやり直せばいいと知っているから。

必要ならばチャンスはまた来ることを知っているます。

 

これもシンプルに自分に正直であればいいのです。

答えは最初から決まっているのです。

 

断る勇気を持つと自信が生まれます。

その人が本来持っている魅力がでてきます。

断るって緊張感ではなく、くつろげるようになりますよ。

 

■大阪心理学講座
http://www.yoriyoku.com/oosaka/

■東京心理学講座
http://www.naturalmedical.org/quantumKinesiology.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクを発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください