やる気がくるのを待っていたら人生終わってしまう!

やる気がないからできない。

そんな話をよく聞きます。

これ順番が逆なのです。

 

プロセラピストの上田正敏です。

やる気っていったいなんでしょうか?

気という文字を使っているのでエネルギーですね。

衝動的なエネルギーでしょうか。

思ったことを現実に変えていくエネルギーがやる気。

 

やる気がないからできない。

やる気がでたらやる。

やる気がでるまで待っている。

 

これを言っているうちに人生が終わってしまいます。

なぜならやる気というものは、やらないとでないからです。

脳の仕組み上、やるからやる気が起きるスイッチが入るのです。

 

これ進化学から考えるとわかりやすいのだけれど、生物は、頭ができる前に体ができています。

やる気はホルモンにも関係していて、ホルモンは脳からの信号ではなく、体からの信号です。

つまり、体を動かさないとやる気ホルモンはでません。

 

体が動いて、頭が体が動いているのを認識するのです。

これは実験でも証明されています。

 

頭で未来を予測することはできるけれど、実際に体を動かさなければ現実することはありません。

頭はイメージすることはできるけれど、現実の影響を及ぼすことはできません。

必ず体の助けがいるのです。

 

そして、体はとても賢くて、自分がやりたいことをやりたがる性質を持っています。

つまり、直感的に動いている人や体の声を聞いている人は、体優先で動くので実現していくのです。

頭優先の人は、考えているだけで、何もしないから現実は変わりません。

シンプルなことです。

 

やる気は、動くまででません。

やる気がないなら動くこと。

動いているうちにやる気はでてきます。

 

えっ?動いてもやる気がでない?

それは・・・やりたくないことなのかもよ。

 

さらには、やりたくないと勘違いしているだけかもね。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です