感謝は罪悪感を癒す

あなたの口癖は「ごめんなさい」ですか?

それとも「ありがとう」ですか?

 

プロセラピストの上田正敏です。

言葉は、ふだん自分が何を考えているかがすべて現れます。

その考えは、ふだん感じている感情から生まれます。

 

周りの人たちに罪悪感を感じている人の口癖は「ごめんなさい」です。

周りの人たちに対等性を感じている人の口癖は「ありがとう」です。

 

原因はいろいろありますが、自分が悪いと感じてしまっている罪悪感は幻想です。

人は誰もが同格であり対等性であるのです。

なぜ罪悪感を感じてしまうのでしょうか?

 

多くの人たちをセッションしてきて、感じているのはその原因は人ぞれぞれ。

様々なパターンがあります。

でもね、結果は同じなんです。

何かあると「ごめんなさい。」しか言えないのです。

 

どうしたらいいと思います?

 

「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えてみることです。

「ごめんなさい」というところを「ありがとう」に変えると、前後に話す言葉が変わります。

言葉が変わると態度が変わり人生が変わります。

 

習慣になっていると、ついつい「ごめんなさい」を言ってしまいます。

「ごめんなさい」と言ってしまったことに「ごめんなさい」を言ってしまう無限ループにはまることもあります。

いいんです。慣れていないことは失敗もするものです。

 

ゆっくりと落ち着けるところで、イメージの中でやり直せばいいのです。

これは脳科学の方法を応用しています。

実際にできたこととイメージでできたことを脳は区別しません。

そう、イメージトレーニングするのです。

この数をやればやっただけ、似たような場面に遭遇した時に、「ありがとう」が言いやすくなります。

 

「ありがとう」という言葉は人を笑顔にする力を持っています。

言われても気持ちが良いですからね。

 

「ありがとう」を1日に何回言えるかゲームのように楽しんでもいいかもしれませんよ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です