HAPPYBIRTHDAY5才!アデニウム!

このブログで人気があるのはアデニウムの記事。

日本での情報はまだまだ少ないのが現状です。

情報発信している人たちも試行錯誤しながら育てているのが多肉植物の面白いところです。

多湿の国ですから日本は。

 

うちのアデニウムも5才になりました!

10株タネを巻いたのがすべて育っています。

どの株も個性的に育っているのが面白いですね。

 

今年は梅雨に雨が少なく、明けてからは太陽がでません。

天気予報も曇りがちで、雨も降ります。

降る時にはまとまった雨だったりもします。

 

そのせいかキノコが生えました。

下に2本、よくみると上にも1本はえています。



かんかん照りになるまで、水管理をちょっと厳しくします。

様子を見ながら2日に1度の水やりペースかな。

 

さて、今年のアデニウムたちのフォーメーションはこんな感じ。



平鉢で盆栽仕様のアデニウムはここに。

通称ゴレンジャー君たち。

10時頃から日没まで太陽があたります。

 



成長がゆっくり目の子たち。

通称ファンキーシスターズ。

うちで一番の太陽が当たる場所です。

7時頃(?)から日没まで日があたります。

 



花がよく咲く子たち。

通称まぁちゃんけいちゃん。

これは通常の深さの鉢で植えています。

6号スリット鉢です。浅鉢は7号です。

7時頃から日没まで。途中11時から13時くらいに日陰になります。

 

どうも普通の鉢の深さのほうが花は咲くようです。

枝ぶりが長いのが特徴です。

根の長さと枝の長さが同じではないかと推測しています。

 

盆栽仕様の浅鉢も太っちょに育っていていいのですが、花は咲き辛いですね。

花を楽しむか枝ぶりを楽しむか、それぞれ試して行こうと思います。

10年経った時には、答えが見つかるかもしれません。

 

最後に記念撮影。



同じ条件で育っているのにこの差がアデニウムの魅力かもしれませんね。



青空カモン!

たくさんの太陽と風と水で大きく元気に!

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


アデニウム2017シーズンがスタート!

このブログでアクセス数が多いのがアデニムのページです。

日本でのアデニウムの園芸は試行錯誤されているからかもしれません。

多肉植物でもふっくらとした体型が魅力的ですね。

 

今年の冬も10株中10株が無事に越冬して5回目の春を迎えました。

浅鉢に植えた子たちが2年過ぎましたので、今年は植え替えです。

浅鉢6号から7号への植え替えです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

素焼き鉢 浅鉢(平鉢) 7.0号 1枚 
価格:486円(税込、送料別) (2017/5/6時点)


 

土も追加で購入しました。細粒と中粒です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひゅうが土 18L
価格:753円(税込、送料別) (2017/5/6時点)


 

忘れてはならないのは、ヤシガラ土です。

いろいろと調べた結果いつものベラボンを使っています。

おがくず状のSサイズとMサイズです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フジック あく抜きベラボン 4L
価格:537円(税込、送料別) (2017/5/6時点)


 

さて植え替えです。

2日間に分けて植え替えました。

理由は、土を取り除いた後の根を乾かし、根腐れを防止するためです。

人によってやる人やらない人、乾かすなら1週間という人もいますが、僕は1日です。





一回り大きい鉢ですが、ものすごく大きく感じました。



結構、根がまわっています。



根っこの部分が浅鉢なので少ないですね。



土を崩していきます。古い根が自然ととれていきます。



バケツに水を入れた中に突っ込んで、土を落としました。



5鉢準備完了。これで1晩置いておきました。



このように風があたるところに並べて1晩起きました。

 

2日目は陽が当たらない午前中に作業開始です。



やっぱり鉢は大きいですね。



網を敷いて



鉢底石(ひゅうが石の中粒)を入れて



土を入れます。ブレンドは、



ひゅうが土:やしがら土 = 1:1

詳細に書くと

ひゅうが土(細粒):やしがら土(Sサイズ):やしがら土 = 4:3:1

です。



アデニウムの位置を決めながら、土を入れていきます。



仕上げに、ひゅうが土の中粒を上に敷きます。



鉢底からでる水の濁りがとれるまで、水をたっぷりあげて、完成です。

 

そして、計測タイム。ちなみに昨年の計測結果はこちらです。



赤レンジャー君。身長:16cm 胴回り:31cm



青レンジャー君。身長:25cm 胴回り:22cm。



黄レンジャー君。身長:15cm 胴回り:34cm。



桃レンジャー君。身長:18cm 胴回り:35cm。



緑レンジャー君。身長:13cm 胴回り:30cm。

みんな身長が変わっていないのに、胴回りが太くなっています。

 



まぁちゃん。身長:17cm 胴回り:23cm。



けいちゃん。身長:17cm 胴回り:26cm。



ぶーちゃん(ファンキーシスターズ)。身長:9cm 胴回り:18cm。



ふーちゃん(ファンキーシスターズ)身長:10cm 胴回り:11cm。

この子は植え替えました。



根っこが元気になってもらいたい。

根っこの元気さが太っちょな株になるかの分かれ目だとみています。



うーちゃん(ファンキーシスターズ)身長:13cm 胴回り:19cm。



2017年シーズンもよろしくお願いします。

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ

 

 

 

 


HAPPYBIRTHDAY4才!アデニウム!

アデニウムファンの皆様。お待たせしました。

育て始めたアデニウムも2016年7月末で4才になりました。

10個の種がが全部発芽して、枯れることなく今まで元気に育っています。

 

今年の工夫は2つ。

1つは、6月〜10月まで与えている液肥。

2種類を使い分けていたのですが、今年は住友液肥2号実もの根もの用だけを与えてみました。

効果としては、秋だけでいいかも。

梅雨夏は、住友液肥1号 葉もの用で葉っぱをじっくりと大きくしたいですね。

 

もうひとつは、DIYで棚を作りました。

アデニウム・アラビカム正午辺りにベランダは陰になってしまうので、いちばん日差しが強いときに太陽にあてようという工夫です。

朝の時間帯に日差しが当たらない場所ですが、ここがベストではないかと置いています。

何より自分で工夫して作るのが楽しいですからね。

 

夕立もここでしっかりと雨にあてています。

今年の夏は台風も多かったので、その時にはベランダの奥に避難です。

 

さて、全株の写真を。

アデニウム・アラビカム@4歳

けいちゃん&まぁちゃんです。

8月には、まぁちゃんが花をたくさんつけました。

アデニウム・アラビカム@4歳

花の美しさがアデニウムの魅力のひとつです。

アデニウム・アラビカム@4歳

赤レンジャーくんは、いつものように傾いてきました。

アデニウム・アラビカム@4歳

青レンジャーくんは、シュッとしたまま。

アデニウム・アラビカム@4歳

黄レンジャーくんは、でっぷりと見事です。

アデニウム・アラビカム@4歳

桃レンジャーくんは、写真を撮り忘れていて9月初旬の写真です。

枝は少ないのですが、貫禄では一番かな。

アデニウム・アラビカム@4歳

緑レンジャーくんは、葉っぱの形が変なのは変わらず。

ゴレンジャー君たちは、植え替えをしていないせいか、葉っぱも生え替わらずに成長が止まっているようにも感じます。

新しい芽はでてきているので、大きくはなっているかもしれませんが、実感がありませんね。

冬支度の時に測定するのでその結果が楽しみです。

アデニウム・アラビカム@4歳

ファンキーシスターズは、ぶー・ふー・うーと元気?

真ん中のふーちゃんは、葉っぱをカットしたらでてこず。

でも脇芽がでてきて一安心です。

葉っぱが出づらい性質なんでしょうか?

 

それぞれが個性的なので、育てていて、それぞれ個別に育てる必要がありそうです。

それがアデニウムの魅力なんでしょうね。

アデニウム・アラビカム@4歳

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


アデニウム2016シーズンスタート!

アデニウムの季節がスタート。

アデニウム
数日前から家の中から外出しにしたら嵐のような夜へ。

土は飛ぶは、鉢は飛ぶは、転がって株が鉢から飛び出するわで大変なことに。

素焼き鉢は重いので安定していて風には飛ばされず安定が魅力ですね。

急遽植え替えをすることにしました。

ただし、今年は株が大きくなりすぎると困るので、3回目の植え替えは、必要最小限で。

アデニウム
この子たちは植え替え保留組。

アデニウム

この子たちのうち、左奥の子は延期にして、他の4鉢を上前ます。

それぞれ一回り大きな鉢へ植え替えです。

アデニウム植え替え鉢

上の2つは、近所のしまちゅうで購入したスリット鉢6号へ植え替えです。

昨年は浅鉢に植え替えをしたのですが、スリット鉢5号から6号へ。

近所のしまちゅうで購入したものです。

アデニウム植え替えのためのブレンドした土の割合

アデニウム植え替え

アデニウム植え替え

アデニウム植え替え

アデニウム植え替え

アデニウム植え替え

アデニウム植え替え

アデニウム植え替え

アデニウム植え替え

これで完成です。

赤レンジャー君(アデニウム)

赤レンジャー君。身長:16cm 胴回り:29cm。
根っこがちょっとセクシー。

青レンジャー君(アデニウム)

青レンジャー君。身長:21cm 胴回り:22cm。
上に上に伸びます。

黄レンジャー君(アデニウム)

黄レンジャー君。身長:14cm 胴回り:30cm。
横綱のような安定感。

桃レンジャー君(アデニウム)

桃レンジャー君。身長:18cm 胴回り:30cm。
花が一番咲く子です。今年も咲くかな。

緑レンジャー君(アデニウム)

緑レンジャー君。身長:13cm 胴回り:28cm。
脇芽がたくさん生えています。元気な葉が生えてね。

まぁちゃん(アデニウム)

まぁちゃん。身長:15cm 胴回り:20cm。
植え替えました。上に伸びている枝が枯れています。どうなるか。

けいちゃん(アデニウム)

けいちゃん。身長:16cm 胴回り:23cm。
植え替えのモデルはこの子。鉢が大きいのでどれだけ大きくなるか楽しみ。

ぶーちゃん(ファンキーシスターズ)

ぶーちゃん(ファンキーシスターズ)。身長:8cm 胴回り:18cm。
植え替えました。大きくなれ。
ふーちゃん(ファンキーシスターズ)

ふーちゃん(ファンキーシスターズ)身長:9cm 胴回り:10cm。
植え替えました。1年間ずっと葉っぱがなかったのによくぞここまでに。

IMG_3004
うーちゃん(ファンキーシスターズ)身長:11cm 胴回り:18cm。
この子はこの春にダイビングして鉢から株がでちゃったんだけど、そのまま適当に土を集めて植えただけ。土の中はある意味過酷でこれからどうなるか見守りです。

次の更新は8月予定。

どのくらい大きくなるかな。

アデニウム

アデニウム

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ

 

 


アデニウム4回目の冬越えを前に

今年も無事に育ってくれたアデニウム君たち。

引っ越しがあったのでどうなるかと思っていたら無事に育ちました。

梅雨も長く、残暑があまりなかったので、どうなるかと思っていたけれど育つものですね。

アデニウム2015秋

今年も恒例の測定タイムです。

昨年秋の様子今年春の様子はリンク先をご覧ください。

 

赤レンジャー@アデニウム

赤レンジャー君(高さ:16cm、胴回り29cm)

 

青レンジャー@アデニウム

青レンジャー君(高さ:20cm、胴回り23cm)

 

黄レンジャー@アデニウム

黄レンジャー君(高さ:15cm、胴回り31cm)

 

桃レンジャー@アデニウム

桃レンジャー君(高さ:18cm、胴回り29cm)

 

緑レンジャー@アデニウム

緑レンジャー君(高さ:13cm、胴回り28cm)

 

まぁちゃん@アデニウム

まぁちゃん(高さ:20cm、胴回り21cm)

 

けいちゃん@アデニウム

けいちゃん(高さ:17cm、胴回り25cm)

 

ブー@ファンキーシスターズ:アデニウム

ブー@ファンキーシスターズ(高さ:7cm、胴回り77cm)

 

フー@ファンキーシスターズ:アデニウム

フー@ファンキーシスターズ(高さ:9cm、胴回り9cm)

 

ウー@ファンキーシスターズ:アデニウム

ウー@ファンキーシスターズ(高さ:10cm、胴回り16cm)

 

早朝の最低気温が10℃を切り始めたので夜は家の中で管理し始めました。

冬のフォーメーションが決まりました。

アデニウム冬フォーメーション2015-2016

これで越冬できるかな。休眠するのかしないのか。

楽しみです。

無事に冬を越えられますように。

 

ちなみに後ろに見えるは里山ビオトープです。

日当たりの良いところに移しました。

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


HAPPYBIRTHDAY3才!アデニウム!

アデニウムは無事に3才を迎えました!

先月には引っ越しもしまして、環境の変化も体験しました。

有り難いことに10粒の種がすべて発芽し、10株共に元気に育っています。

写真で紹介。

まぁちゃん・けいちゃん@アデニウム@

まぁちゃん、けいちゃんは、ベランダの外に下げています。

一番光を浴びています。

まぁちゃん@アデニウム

ちなみに、こちらがまぁちゃん。

けいちゃん@アデニウム

こちらが、けいちゃん。

昨年とほぼ変わっていませんね。

赤レンジャー@アデニウム

赤レンジャー君。

青レンジャー@アデニウム

青レンジャー君。

黄レンジャー@アデニウム

黄レンジャー君。花が咲きそうですね。

桃レンジャー@アデニウム

桃レンジャー君。

緑レンジャー@アデニウム

緑レンジャー君。

ゴレンジャーシリーズの子達は、多肉植物らしく太っちょに育っています。

春先に植え替えで浅鉢に植えたせいか、あんまり成長していないような気もしています。

昨年の写真と比べると・・・大きくはなってますね(笑)

毎日のように見ていると成長を感じません。

ゆっくりだけど確実に成長をしているんですね。

浅鉢にした効果は根っこが見えてカッコいいです。

 

昨年は、ボウズ状態が長かったファンキーシスターズ。

ちなみに去年はこんな感じ。

ファンキーシスターズ(アデニウム)

これが・・・


IMG_2045

こんなに葉っぱが!見事に復活です。

 

葉っぱが生えなくても幹がしっかりとしていれば気長に待っていれば復活します。

 

写真の場所は日当たりがイマイチなので、棚を作成中。

本当はアデニウムの誕生日までに間に合わせるつもりが間に合わず。

アデニウム用棚を作成中

2×4材に柿渋を塗って組み立ててます。

中学校時代の巣箱以来の木工作品です。

設計も自分でやりました。

ビオトープ

長年の夢だったビオトープも始めました。

睡蓮鉢に赤玉土とホテイソウとカボンバを投入。

タニシみたいな貝が1匹また1匹と自然増殖中。

イトミミズも確認。ビオトープが始まってます。

メダカとエビが届くの待ちです。

水温31℃。暑い夏ですね。

心もワクワクと温かいです。

アデニウム

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


アデニウム植え替え(2回目)

ゴールデンウィークは植え替えの季節です。

この時期は湿度も低く暖かい快適な日々で、植物たちも動き出した感じします。

今年も昨年と同様に鉢がパンパンとなっていました。

年々大きく太ってきます。

 

今年の鉢は前回のスリット鉢5号から浅鉢6.0号.に植え替えです。

アデニウムが太っているので浅鉢のほうが見た目が良いという理由です。

 

土は前回と同様に、ヤシガラ土として、あく抜きベラボン(Sサイズおがくず状)あく抜きベラボンMサイズ、日向土として、ひゅうが土(細粒)ひゅうが土(中粒)を使いました。

基本は、あく抜きベラボン(Sサイズ)ひゅうが土(細粒)の1:1ブレンドです。

 

さて、植え替えです。

アデニウム植え替え(その1)

5号鉢から6号浅鉢へ。浅すぎる気もするんだが大丈夫?

アデニウム植え替え(その2)

ハサミで鉢を切って割ります。

アデニウム植え替え(その3)

抜くとこんな感じ。鉢底石を1/3くらいまで入れてたんだけど、底まで根が伸びています。

アデニウム植え替え(その4)

土を崩します。地下茎も立派だし、根もりっぱですね。
スリット鉢のせいか根はサークリングはしていません。

アデニウム植え替え(その5)

これに植えます。

アデニウム植え替え(その6)

鉢穴がでかいので網を。

アデニウム植え替え(その7)

鉢底石に、日向土の中粒を薄くひきました。
その上に株を置いて、日向土とヤシガラ土のブレンドしたものを入れます。
今回は株を干さずに1時間ほど陰干ししてからの植え替えです。

アデニウム植え替え(その8)

こんな感じです。白い根のところが浮き出ているのはご愛嬌。鉢はもうちょっと深かったほうが良かったね。

アデニウム植え替え(その9)

化粧土として日向土の中粒を上に乗せて完成。まるで盆栽です。

 

計測もしました。

アデニウム(赤レンジャー)


赤レンジャー君。身長:150mm、太さ:300mm。
1つ伸びた根っこが特徴的

アデニウム(青レンジャー)

青レンジャー君。身長:150mm、太さ:230mm。
スラッと脇芽なしに伸びています。

アデニウム(黄レンジャー)

黄レンジャー君。身長:135mm、太さ:310mm。
ドッシリとした安定感。

アデニウム(桃レンジャー)

桃レンジャー君。身長:155mm、太さ:290mm。
去年までの葉っぱがなぜか下向きに

アデニウム(緑レンジャー)

緑レンジャー君。身長:130mm、太さ:285mm。
変形した葉っぱたちです。

アデニウム(まぁちゃん)

まぁちゃん。身長:160mm、太さ:190mm。
太陽の塔みたいだ。

アデニウム(けいちゃん)

けいちゃん。身長:130mm、太さ:200mm。
元気です。

アデニウム(ファンキーシスターズ ぶーちゃん)

ファンキーシスターズぶーちゃん。身長:60mm、太さ:135mm。
植え替えは見送り。このままでいきます。

アデニウム(ファンキーシスターズ ふーちゃん)

ファンキーシスターズふーちゃん。身長:55mm、太さ:65mm。
去年は葉っぱがほとんどでなかったんだけど、今年は復活!

アデニウム(ファンキーシスターズ うーちゃん)

ファンキーシスターズうーちゃんー君。身長:105mm、太さ:185mm。
この子は植え替えてみました。どうやることやら。

成長に差がでてきているのが面白いです。

運良く10粒発芽した全部の子が成長しているのに感謝。

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


春になると咲くアデニウム

うちで育てているアデニウムはなぜか春に咲く。

まるで梅のようです。

アデニウム蕾

これは2月21日の写真。蕾が確認されました。

アデニウム開花1輪目

これが3月18日。約1ヶ月かけて開花しました。

寒いから成長もゆっくりなのでしょう。

アデニウム開花2輪目

で、3月28日に2輪目が開花です。

これ以降は10株ともに花芽を見かけません。

ちなみにこの株にはけいちゃんという名前が付いていて、初めて花を付けました。

アデニウム越冬成功!

今年も10株共に越冬成功です!嬉しいですね。

鉢がパンパンで変形してきました。植え替えしなければ。

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


冬に咲いたよアデニウム

12月になって花が咲きました。

春にも咲いた株です。

一度咲き始めると続いて咲くのでしょうか。

冬に咲いたアデニウムアラビカム

12月1日に一輪目。

冬に咲いたアデニウム・アラビカム

12月18日に二輪目。

果たして種は付くのでしょう?

ちょっと今後が楽しみです。

 

葉が枯れ始めた株もいるけれど、元気に冬を越してもらいですね。

冬に咲いた天空のバラ アデニウムアラビカム

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


3回目の冬越えを前に

アデニウムはこの夏にどれくらい成長したのか測定しました。

前回は春になって成長を始めた5月頃に測りましたね

では、早速の測定結果を。

アデニウム赤レンジャー君赤レンジャー君(高さ:12.5cm、胴回り19cm)

アデニウム青レンジャー君

青レンジャー君(高さ:12.5cm、胴回り17cm)

アデニウム黄レンジャー君

黄レンジャー君(高さ:10cm、胴回り27cm)

アデニウム桃レンジャー君

桃レンジャー君(高さ:11.5cm、胴回り23cm)
よく見ると花芽がついているようです。咲くのかな?

アデニウム黄レンジャー君緑レンジャー君(高さ:10cm、胴回り23cm)

高さは変わらないものの胴回りが太りました。赤+6.5cm、青+4cm、黄+11cm、+桃8cm、+緑5cmと半年で大きくなってますね。

あの丸坊主だった頃よりも育っています。

この背が高くならずに太っていくのはうちの育ち方の特徴みたいです。

 

アデニウムまぁちゃんけいちゃん

右まぁちゃん(高さ:14cm、胴回り15cm)
左けいちゃん(高さ:13cm、胴回り19cm)

アデニウムファンキーシスターズ

ついでにファンキーシスターズも。
右ぶーちゃん(7cm、12.5cm)
中ふーちゃん(6cm、6cm)
左うーちゃん(11cm、13cm)

真ん中の子は、葉っぱがこの夏に育たず小さいままです。

枯れてはいないので様子を見ながら育てています。

これからの時期は室内管理です。

元気で冬を越えていってもらいたいですね。

ちなみに今年はこんな配置で冬を越えます。

アデニウム冬越え配置

写真が逆光なのはそのせいなのです(笑)

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ