アメーバ・コンサルティング

クライアントさんから言われた言葉だ。

「まるでアメーバのようですね。」

これはクライアントさんそれぞれに対して僕が変わるということなのだそうだ。

クライアントさんに合わせて、言うことだったり、アドバイスだったり、セッションを自由自在に変えているんだろうだ。

なんで、だろう?

そう思うと思い当たる節がある。

 

僕がセラピーを学び提供しはじめたのは約13年前。

その頃にはセラピーというと「宗教?」と言われるようなそんな時代。

「怪しい」とか「怖い」とか言われるのは普通でした。

普通の人にどうしたら伝えることができるのか。

当時は、そんなことを考えてばかりいました。

ほんと、いろんな人に話をしました。

その中で気づいたことがあるんです。

 

人に伝えるためには相手の言葉を使うこと。

 

なので、最初に相手の話を聞くのです。

そして、相手の専門分野に合わせて話をすれば伝わることがわかったのです。

相手の専門がわからなければなりません。

そのために様々なことを学び、今も学び続けています。

 

今は、相手の話を聞くことで、この話をしたら伝わるかなということを自動に頭の中で考え、自分の中で翻訳し話をします。

僕の頭の中では、様々なことをイメージとして記憶しています。

言葉というよりも図なんです。だから言語化しやすいということもあるのでしょう。

相手によって、話し方や言葉が違うんです。

 

きっとこれがアメーバみたいなんでしょうね。

クライアントさんは僕の先生でもあります。
■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/


はたらきたい展。

渋谷のパルコミュージアムで行なわれている「はたらきたい展。」に行ってきました。

 

書籍「はたらきたい。」は名著です。これオススメ。

「はたらかなければならない。」という義務感から「はたらきたい。」という欲求に変わるヒントがたくさんありました。

これは「はたらく」という行為の認識を変えるための入門書として最適です。




この言葉にガツンときました。

それは・・・

ほぼ日刊イトイ新聞は
こんなふうに、はたらいています。

ここでは「ほぼ日」の「仕事のしかた」を立体的に展示しています。
前提となるのは「銀座通りをつくる」「広告に頼らない」「読み物も商品もすべてコンテンツである」という考え方。
また、コンテンツを組み立てるときには
「動機・実行・集合」の「クリエイティブの3つの環」を拠り所にしています。
そして「自分たちの動機を出発点にする」という原則を支えているのが
「楽しいからこそ、仕事はできる」という「ほぼ日」なりの仕事観。
それらすべてが、うまく循環しているときに
「よろこんでもらえたかも!」というコンテンツが生まれます。

詳細は実際に足を運んでみて下さいね。

展覧会は読み応えがかなりあります。

 

「楽しいからこそ、仕事はできる」

これが僕の支えにもなっている言葉です。

「ワクワクしなれば仕事じゃない。」と言いたいくらい。

ほぼ日の昔から今を通じて、楽しい働き方についてヒントが満載です。

ただね・・・オープン・シークレットというか・・・わかりやすくは表現されていません。

自分の頭でたくさん考えさせられます。

そしてゆっくりと咀嚼しているような感覚が残ります。

体験型のワークショップの展示があったら良かったな。

なんて思った

はたらきたい展。
オススメは・・・

みうらじゅんさんの映像は40分くらいあるのかな。見応えあります。ミクスだとかベーションの話は最高です。経済に詳しくなれるかも。

「はたらく」言葉99は1枚1枚自分でとりセットを作れます。たいへんなんだけど、こういう思い出が記憶と結びつくんでしょうね。

ほぼ日グッズだけでなく、ほぼ日が応援している東北の商品も買うことができます。八木澤商店さんの「しょうゆドレッシング君がいないと困る」(これは前にいただいて食べたんだけど美味い!)と飲んでみたかった大木代吉本店「こんにちは料理酒」を買って帰りました。

はたらきたい展

 

もしかしたら、これから、はたらくことがブームになるかも。

 

■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/


梅雨に入ったと発表したらいい天気ばかり

うちのアデニウム君たちは初の梅雨を経験します。

彼らは砂漠生まれの植物なので雨で濡れっぱなしにしているには弱いらしいのです。

だから、完全に土が乾いてから水をたっぷりとあげるんですよね。

カラッと気持ちが良い天気が続いているので、彼らも気持ちが良さそうです。

アデニウム

 

新芽がみずみずしくでてきました。

枯れ気味だった葉っぱもだんだんと役目を終えて枯れてきています。

先月と比べると・・・あんまり変わりませんね(笑)

状態的には生き生きとしてきています。やっぱり気温が大事なのかな。

これから梅雨に入ってどのように成長するのか楽しみです。

 

■ 他のアデニウムの記事は
実生アデニウム・アラビカム(砂漠のバラ)インデックス」へ


分離をしていく勇気

分離への道は、ジョーゼフ・キャンベルの言うところのヒーローズ・ジャーニー 英雄の物語だ。

詳しくは「神話の力」や「クリエイティブ脚本術」あたりがオススメ。

分離感を積極的に味わうことを選ぶのも大切です。

 

特に男性性を成長させたい時には、孤独を選ぶのもいいです。

孤独になって自分を見つめて生まれ変わる。

この時にはまりやすいのは、孤独を恐れて孤独になっているつもりで癒着していたり、孤独が心地よすぎて孤独であり続けることです。

ヒーローズ・ジャーニーで主人公が冒険に出かけるのが、分離を味わっていく部分です。

この辺りでは、選んでいったり、選べなかったりたくさんのドラマがあります。

 

孤独から始まり仲間ができ、冒険を終えて帰ってくる。

この帰ってくるところに意味があります。

ここで真の一体感を感じることができるのです。

分離を知っての一体感は、味わい深いものがあります。

 

ライフワークもパートナーシップは分離感を超えて一体感を手にいれるところに醍醐味があるのかもしれません。

 

一体感・分離感ネタが続きますね(笑)

 
■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

 


一体感と分離感

最近のブログ(みんなおなじで、ほんとにいいの?守破離というプロセス)で書いていることは、感情的には一体感・分離感の話なんです。

人間はこのふたつの感情を行ったり来たりしながら成長していきます。

この感情が生まれるプロセスを考えるととってもわかりやすいです。

 

人間はどのように誕生するでしょうか?

お父さんとお母さんという別々な存在(分離感)が、ひとつになって(一体感)、生命が誕生します。

お母さんのお腹の中で赤ちゃんはスクスクと育ちます(一体感)。

お母さんのお腹の中からこの世に生まれてきます(分離感)。

これが最大の分離感を味わう経験なんです。

赤ちゃんや小さな子どもはお母さんにくっついているだけで安心します(一体感)。

これが思春期をむかえると「自分は何者なんだろう?」と疑問を持ちはじめます(分離感)。

大人でもなく子どもでもない不安定な時期で、これは自立のプロセスなんです。

自分というアイデンティティを確立して大人になります。(分離感)

大人になるということは社会の一員になることなんです。(一体感)

結婚したり(一体感)、子どもが生まれたり(一体感)、また子どもが独立したり(分離感)、親が亡くなったり(分離感)、そして最後には肉体と魂が分離して命が終わります。

 

社会も一体感と分離感を繰り返しながら成長しているようです。

僕が若い頃には「世界はひとつ」というメッセージが流行っていました。

これは一体感ですね。平和の象徴的な言葉なんですよね。

今は「国益」というメッセージをよく耳にします。

これは分離感。国と国は違うということです。

 

アーティストは「ひとつになろう」というメッセージを発信することが多いですが、実際にはオリジナリティという分離感を求めれています。みんな同じではアーティストにはなれない。

政治家は「自分たちに利益を」という分離感的なメッセージを発信することが多いですが、実際には投票してくれる人たちとの一体感が求められます。

 

この一体感もあれば分離感もどちらもあるのです。

ついつい幸せや豊かさを追求していると「一体感だけあればいいのに・・・」と思ってしまうのですが、この分離感が成長にとても重要な役割をしているのです。

感情はポジティブなものもあれば、ネガティブなものもあります。

どちらもあるから人間なんです。

これは羅針盤のようなもので、今感じている感情をずっと持っていることはできません。

水のような性質なもので流れていれば、健全なんです。

ある特定の感情に、しがみついちゃうと、だんだんとね、不健全になってしまいます。

感情は健全に流していきたいものですね。

 

■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/


守破離というプロセス

守破離とは日本の成長モデル。

こういう成長モデルは、今の自分の成長度合いがわかります。

このポジションにより、何をすればいいのかが変わります。

自分のいる位置でルールが変わるのです。

 

「守」は、師匠に従う段階。そっくりそのまま真似をする時期です。

赤ちゃんや幼児が親に頼らないと生きてはいけない時期です。

 

「破」は、師匠から教わったことを工夫する段階。自分なりの方法を模索する時期です。

思春期の頃に親や社会に反抗をして自分を確立する時期です。

 

「離」jは、師匠からは慣れていく段階。自分を知りそれを実践で試していく時期です。

大人になるという時期ですね。

 

離は、分離をしていくような意味に思いますが、僕はちょっと違うのです。

自分が他者と違うということを自覚して、社会に自分を問う時なんです。

自分が違うという分離をするからこそ、他者と融合出来るのです。

他者との違いというのは、才能であり魅力なんです。

自分の才能と他者の才能が交流することにより、よりよくなるために社会があるのです。

 

守の時代の交流は、居心地がとてもいい。

離の時代の交流は、切磋琢磨。凛とした心地よさがある。

 

今までは癒しの時代と言われていました。

それは守の時代。

人は癒されたら、旅にでて自分を磨きたくなる。

これからは、自分の個性を発揮する時代になると予想しています。

今この時代に、自分を見つめて違いがわかることが大事な時期です。

自分を知り、他者との違いを知り、自分自身を深めていく時。

 

個人セッションやワークショップに参加してくださる方々も、「破」の時期にいる人が多いです。

がっつりこの時期に自分を向き合うことで、これからの時代をどう生きるかが決まってきそうです。

新しい時代にのっていくことって大事ですね。

1年くらい連続でセッションを受けてくれている人たちは、スムーズに時代の波に乗っている人がほんと多いです。

僕も自分を磨いていこう。

 
■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/


みんなおなじで、ほんとにいいの?

金子みすずは「みんなちがって、みんないい。」と言った。

平田オリザは「みんなちがって、大変だ。」と言った。

 

顔が違うのと同じで、みんな違うのは当たり前なのだ。

わざわざ「みんなちがう」というのは、本質的にはみんな違うのだけれど、同じ様に振る舞わなくてはならないという暗黙の了解が存在する。

流行だとか、時代の流れが持っている雰囲気に同調したり流されていないだろうか。

人は、「みんなと一緒がいい」という気持ちと「みんなが違うのがいい。」というふたつの感情を持っている。

みんなと同じだと安心する。

みんなと違うのは個性だと自尊心が満足する。

 

コミュニケーションや対話っていいなと思う反面、ただの同調圧力でみんなが同じような意見になってしまうことも多々ある。

場をコントロール人の意見に流されているのだ。

または、場のなんとなくある雰囲気にみんなが同調していく。

この力はとてつもなく強い。

 

みんながやっているから自分もそれにしよう。

なんとなくやってしまう。

きちんと考えているようで実は流されていることもある。

 

みんなと同じというのは蜜の味だ。

ただ、それは本当の自分の欲求なのか。

疑ってみるのもいい。

みんなと同じというのは、自分の才能や魅力がなくなってしまうのだ。

 

自分であるという行為は、その人を輝かせる。

 

■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/


自分と向き合うことは大変だよ

自分を見つめるということは簡単ではありません。

なぜなら、そこには感情的な痛みが伴う事があるから。

自分なりに言い訳をいったり、痛みを否定したり、痛みそのものがないものにしてしまったりします。

または、自分なりのフィルターを持っているために、等身大に自分自身を見る事ができません。

なので、僕のようなセラピストを使ってもらっています。

 

自分を見つめるためには、心理的な痛みを軽減する必要があります。

そのことで初めてニュートラルに自分を見つめることができるのです。

 

自分が変えることができないことは受け入れて、

自分が変えられることは変えていく。

そして、変えられることと変えられないことは、心の底では本人はちゃんと知っているのです。

それを認められないからわからないように自分で自分を煙にまいているんです。

 

クライアントさんたちを見ていると、自分と向き合う勇気に感動してしまいます。

「自分と向き合うぞ」とどれだけ真剣になっているかが鍵だったりします。

その真剣になれないことも理由があるので、それがわかればいいのです。

それが自分を見つめるということです。

 

自分を磨くということは、一朝一夕にはできないことです。

ライフワークというくらい一生をかけて自分という作品を作っていく作業でもあるのです。

 

自分を見つめるということは、辛いことだけでもありません。

楽しいこともあるのです。

ネガティブな自分、ポジティブな自分、ニュートラルな自分。

その3つを見つけることが大切です。
■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

 


緩慢な自殺

以前、とある外国人セラピストが言っていた言葉

「不健康なことをしている人は、緩慢な自殺をしているのと同じだ。」

を思い出した。

 

例えば、必要以上に太っていたり、痩せていたり、がまんしていたり、仕事やお菓子に中毒していたり、体に悪い物を食べていたり、寝なかったり、薬をやったり、やりたいことをやらなかったり、やりたくないことをやったり・・・

これは全部、緩慢な自殺なんです。

自分の命を短くするようなことをやっていませんか?

 

自分の健康を向き合うと決めて実践していたら、味覚が敏感になりました。

特に砂糖。案外、料理に砂糖が入っているんですよね。

砂糖も取り過ぎは健康に悪いですからね。

 

自分の体と向き合っていったら感覚を鋭敏になっていったのです。

食べ物や考え方が、自分の感覚に影響を与えていたんですね。

 

健全な自分でありたいと思うと、自分と向き合うしかないんです。

「生きたい」という欲望と「死にたい」という欲望の2つがあるような気がしています。

これは究極的なアクセルとブレーキになっているのではないかと思ったりしています。

この「生きたい」という欲求は、人を輝かせる気がするんです。

そのためにも、自分と向き合い、自分を健全にしていくことをやっていきます。

適正体重になったらどう感じるのか。

その先には何があるのか。

ちょっと楽しみです。

 

■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/


ダイエットと経営は同じだ!

この言葉をfacebookでつぶやいたら、思いの外、反応があった。びっくり!

ダイエットって今まで難しく考えていました。

カロリーがとか、これだけ食べるとか、運動しろ、とか。

それがどうも違うんですよ。

もっと簡単にできるんです。

 

計るだけダイエットをこの本を読んで実行しています。

朝と晩に体重を量っています。

この数字をグラフにして見ているといろんなことがわかるんです。

 

朝は一番体重の軽い時。夜寝ている間にも体がエネルギーを消費をする代謝が起きているので体重は減っています。

夜は簡単に言ってしまうと食べた分だけ体重が増加し、運動したぶん減少しています。(運動はタイムラグがあったりもするんだけど)

そうなんです。

食べた分だけ体重は増加するのです。

そして、だした分だけ体重は減少するのです。

その変化を朝晩の体重の変化でわかってきたんです。

 

経営もそうなんです。

稼ぐお金と払うお金。

お金が入ってくる量とお金が出て行く量で会社の状態がわかります。

お金が入ってくる量が少なくて出て行く量が多ければ、お金がなくなり倒産するでしょう。

お金が入ってくる量が多くて、出て行く量がすくなければ、お金は貯まっていきます。

国が税金を徴収するために、会計をつけるのは義務です。

なので実はちゃんとお金の流れは全部わかっているのです。

それを活用しているかはまた別な話ですよ(笑)

 

会社は入っているお金を増やして、出て行くお金を減らすことに努力をしています。

ダイエットは、入っている食べ物を減らして、でていくものを増やすことに努力をすればいいのです。

それは感覚だけでなく数値で見る事が出来るのです。

増やすのと減らすが逆で理論的には全く同じです。

 

この数字を見ていると脳が反応するんですよね。

なんで体重が増えたのだろう?

なんで体重が減ったのだろう?

これを考えることがスタートです。

 

経営も

なんでお金が増えたのだろう?

なんでお金が減ったのだろう?

頭が動き出します。

 

シンプルに物事を考えてみる事。

自分の感覚は時には嘘をつきます。客観的な数値は嘘をつかない。

時には直感も大事です。それには論理的な裏付けが必要なんです。

この数字をみていることで、不思議と直感も冴えて来るのです。

仮想的な感覚と現実的な数字が統合された時に、本当の意味での直感が働くのです。

脳がちゃんと機能するんです。それには感覚的な右脳と論理的な左脳がが同じように動く必要があるんです。

そして、感情もからんできます。

 

次回はもうちょっとダイエットと経営の共通点を探っていきますね。

これからゲームで学ぶ会社経営講座です。

 

ダイエットの個人セッションを作ろうかしら。興味がある方はご連絡下さい。

■個人セッション
ネガティブな感情の裏にあるポジティブな感情。
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ソース・ワークショップ
ワクワクすることがその人の才能なんです。自分の源泉(ソース)を発見して活用する方法を学びます。自分だけの方法を見つけていきます。
発見編:6月22日(土)23日(日)
活用編:6月29日(土)30日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/