大人に会って飯をおごってもらえ!

高校にワークショップしに行きました。都内のT高校です。

中高生のための13歳のハローワーク公式サイトさんとのご縁です。

村上龍さんの書籍は、発売と同時に購入して、「好きを仕事にする」という僕のライフワークの研究として夢中になって読みました。

2003年の出来事です。

2010年に続編もでています。

これを読んで見るとさらに2017年の今は進化していてユーチューバーのような新しい仕事もできています。

20年後には今の子供たちの半分の人が、今現在にない職業につくという予測もあったりします。

 

好きというものは好奇心です。

好奇心を持って、社会に表現したい(行動したい)ことに出会うこと。

その表現したことで誰かを笑顔にすること。

これが仕事の原型です。

 

僕が伝えたいと思っていたことは、自分が好きな仕事に出会うために、大人と出会うことです。

その大人とは、親でもなく、学校の先生でもなく、多種多様な人です。

職種も多様であり、働き方も多様である大人と出会うことが大切です。

会社員、自営業、フリーランス、経営者、ビジネスオーナー、投資家・・・

職種に関しては、いろんなものがいいですね。

 

子供は大人が楽しそうに仕事をしている姿に、その仕事をやりたいと感じるものです。

 

出会いなので、いろんな職業と出会うことが大切です。

 

授業で「いろんな大人に会って飯をおごってもらおう!」と伝えました。

これは仕事をするという上で、たくさんの大切なことが入っています。

 

大人に、どうやって出会うのか?

会いたいと思った人に、どうやって連絡するのか?

会いたい人に、会いたいと思わせるにはどうしたらいいのか?

さらに、ご飯をご馳走してもらうために、何ができるのか?

会ってもらって、ご馳走してもらった後には、何をすればいいのか?

 

考えることはたくさんあります。

この問題をひとつひとつ解決していくプロセスが、好きを仕事にするための考え方を学ぶのに、とても役立つのです。

 

仕事の基本はなんでしょうか?

 

大事なことは何回もいいます。

相手を笑顔にすることです。

 

会ってくれた大人を笑顔にするにはどうしたらいいのか?

これが仕事の原型なのです。

その報酬としてご飯をおごってもらえるのです。

 

たくさんの失敗もすることでしょう。

失敗は成功の元です。成功も成功の元です。

失敗したら、やり方を変えろというサイン、

成功したら、その方向性でやってみろというサインです。

 

この方法は20代前半の人に有効です。

なぜなら、成功した人って人に教えたくなるものなのです。

そして、若い人たちを応援したいと思っているのです。

 

20代後半を越えたら、自分が相手に飯をおごって、話を聞きにいくのです。

ご飯をご馳走してその間だけ、話を聞いたり、聞いてもらったりするのです。

牛丼なら10分、コース料理なら1時間。時間をいただくのです。

そこでも相手を笑顔にすることは忘れてはいけません。

これは基本中の基本です。

 

そして断ってもらってもいいですからねという配慮も大切です。

自尊心がないのと遠慮がないのとは違いますからね。

 

自分の頭で考えて、出会いを増やしていきましょう。

高校生の時って、自分の進路をリアルに考える年齢だから、自分がいきたい方向で活躍している人と会えるといいね。

さらに、進路関係なく、楽しそうに生きている大人と出会えるといいね。

また、そうでない人たちと出会うことも大切。

たくさん会っているうちに自分の未来が見えてきます。

多くのワークショップデザイナーが関わっていますが、個性的な人しかいない。なぜなら・・・平日昼間に動ける人は面白い人が多いから。

アシスタントに入ってくれた方もとても頼りになったし、副担任の先生も積極的に参加してくれたし、コンテンツもステキなものだったし、ご縁に感謝です。

 

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください