コロナ自粛期間をストレスなく乗り越える3つの方法

緊急事態宣言がでますね。
賛否両論がありますが、それは置いておきます。
この事態を健全に乗り切ることを考えることも大切です。

メンタルトレーナー上田正敏です。
twitterでこんなことをつぶやきました。

これについて解説します。
コロナ自粛期間をストレスなく乗り越える3つの方法です。

体と心はつながっていますので、メンタルが不安定な時には特に体のケアを大事にします。
体の変化が心に大きな影響を与えていますから、体を居心地することが大切です。
メンタルを扱うのはその後で十分です。

1)体を温める

これは誰でもできる方法です。
体を温めることが一番大切なこと。

  • 暖房を入れること
  • 厚着をすること
  • 温かい食べ物を食べること
  • 体を動かすこと
  • 太陽の光を浴びること
  • カイロを使うこと
  • 筋トレすること
  • 散歩すること
  • ストレッチすること

体が一番の熱源です。
なので体温を上げることが大切になります。
体を動かすことが基本になります。
筋トレも有酸素運動もどちらも発熱します。
掃除をしたり散歩したりも体を暖かくする方法です。

外部の熱源を取り入れることも重要です。
エアコンやストーブなどの暖房、携帯型のカイロ、湯たんぽ、電気毛布、太陽の光も暖かくなります。
温かいものを食べることもいいですね。

熱を溜め込むこと。
体が熱を発するので、それを保温するために厚着をしたり、温かい布団を使ったりすることです。
ダウン製品も好きなんですがウール製品も暖かくて好きです。

冷えは人間にとっての恐怖の象徴のひとつですので、冷えを避けることはとても重要です。
信頼できる仲間との会話も暖かくなる方法のひとつですね。

2)腹一杯にする

飢えも冷えと同じように恐怖や不安の象徴です。
人類はこの2つから身を守るために知恵を絞って来た歴史があります。

人はお腹一杯になった時に、不幸なことを考えるのは難しいです。
それだけ心が満たされるのがお腹一杯になること。

特に男性は米と肉を食べること、女性は甘い物を食べると満たされます。

できればタンパク質でお腹が一杯することをお勧めします。
タンパク質は脳内物質を作る材料になりますので、メンタルの安定には必要不可欠なものです。

タンパク質とは、肉、魚、卵、豆が基本です。
プロテインも良質なタンパク質です。

タンパク質をとってない人は最初はなかなかに食べられないので、無理するのではなく、少しずつ量を増やることをオススメします。
体を作る材料にタンパク質はなっています。
タンパク質の摂取が少ないと筋肉を分解してタンパク質として体は使うそうです。
栄養摂取でタンパク質をとるほうが体にも負担は少ないんですよね。

とはいえ、体質もありますので無理はしないように。
そのことでストレスになることは本末転倒ですから。

不安で喉を何も通らないという人も水だけは飲んでくださいね。
今の時期は白湯もいいです。

お茶やコーヒーでなく、一番の健康ドリンクである水を飲んでください。
これは安心感にもつながる方法です。
水がなければ人は生きられませんから。

3)温かい布団で寝る

夜起きていると不思議と不安や恐怖という感情に支配されやすいです。
人間にとって闇というのは恐怖の象徴ですからね。
火は人から恐怖から救ったと言える大発明です。

昼に起きて夜寝ることは大切なことです。
生体リズムを整えるためにも寝ることは重要です。

寒いと寝れないので、できるだけ暖かくしてねることをオススメします。
温かい布団で寝るの大切です。

不安で寝れなくなることもあるでしょう。
そんな時は横になっているだけでも良いのです。

そうすると様々な思考が頭に浮かびます。
それが嫌だという人も多くいます。

そんな時にはマインドフルネスになるようにすると良いかもしれません。

ただ思考が浮かんでくるままにするのです。
否定をせずに、ただそうなんだ、と受け入れるのです。
不安を言っている自分をそうなんだねとただ受け入れるもう一人の自分がいるかのように。

問題を解決しようとしなくていいのです。
どうしたらいいのか考えても無駄です。
恐怖は恐怖にすぎないので、恐怖から考えた解決策は、不健全な解決策であることが多いからです。

「不安なんだよ。」
「そうだね。」

「怖いんだよ。」
「そうだね。」

シンプルにこれだけで良いのです。

寝れないと思っていてもウトウトと人は寝ているものです。
体を休めることが大事なことです。
暖かくして横になりましょう。

昼寝もしてもいいですよ。
冬は動物にとって冬眠の季節ですから眠くもなります。
身体の声を聞くことが大切です。

まとめ

冬というだけで人は憂鬱になります。
冷えと飢えだけでなく、日照時間が少ないのも理由のひとつです。

ポジティブになろうとしても不健全になるので、ネガティブであっても良いのです。
ただそのネガティブは冬が原因だけかもしれないということを知っておくのが良いです。

悩む前に、温めること、腹一杯にすること、寝ること、この3つをやりましょう。
これらのことをしてから悩んでください。

3つのうちで何が一番大事かといえば体調に関係なくできるのが1)の温めることです。
体を温めることをしましょう。まずはそれだけでも良いです。

これらのことをしてから悩みましょう。
それでできる問題は本質的なことかもしれません。

そして、その悩みを信頼できる人やプロに聞いてもらうのも良いかも。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


“コロナ自粛期間をストレスなく乗り越える3つの方法” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください