コロナ自粛期間をストレスなく乗り越える方法の続編

今現在、ストレスにやられている人に向けて書いています。

  • 恐怖
  • 不安
  • 無価値感
  • 罪悪感
  • 怒り

を感じている人は、ストレスにやられているかもしれません。

前回は、体へのアプローチについて書きました。
まずは、この方法で体を整えてからストレスと向き合うことが重要です。

温かい場所で、お腹を満たし、睡眠を十分にしてから取り組むことをオススメします。
もちろん、できる範囲内でかまいません。

心と向き合うのは、シンドイですからね。

今、悩んでいること、問題を感じていることを紙に書き出します。
とにかく頭に浮かんだことを整理せずに箇条書きにしていきます。
小さなことから大きなことまで書きましょう。
できれば100個くらい書くつもりで書きましょう。

頭で考えていることと、紙に書き出したことは違います。
お抱えカウンセラーがいる方は、話をすることも良いかと思います。
話したとしても、さらに紙に書き出すことをオススメします。

できればA4の用紙1枚とか、模造紙1枚とか、すべての悩みをすべて見れるように書き出しましょう。
なので、ノートとかではないほうがオススメです。

今の自分の悩みを見える化することが大切です。

無限に悩みがあると人は思いがちですが、書き出すと意外と少ないことに驚くかもしれません。

脳科学的に考えても、頭の中にある状態と頭の外にある状態は違うものなんです。
体と外に考えを出すことが重要になります。
アウトプットすることがとても大切になります。

まとめ

悩んでいることを紙に書き出します。できるだけ多く。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


“コロナ自粛期間をストレスなく乗り越える方法の続編” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください