happy money読書会開催レポート<happy money un happy money>

Zoomで全5回の予定で、happy money読書会エクストリーム開催をしています。
昨夜はその第一回目。

お金に対する感情、思考、行動って、人それぞれなんだなと実感しています。
そして、これは個人的な資質の面もありますが、環境にも大きく影響しているのです。
いつの時代に、どこの場所で、どんな人たちに囲まれていたのか。

お金の「金」という字は、白川静著常用字解によると、

象形。鋳込んだ金属の形。金はどうなどの一定の型に鋳込んだ塊の形。その形はレールを切断したその断面の形である。

というものだそうだ。

お金とは物質を表している。
本田健は、happy moneyではお金とはエネルギーだと断言している。

お金って何でしょうね?

この問いに対して、読書会の仲間たちと謎を解いています。

お金はエネルギーだというと「あやしい」と言われる人もいますが、クレジットカードや電子マネーを使っていると、お札やコインを使わないで買い物ができます。
元々のお金の意味であったコインではなく、クレジットカードや電子マネーは何でしょうか?
電波とか電気の信号なのでしょうか?
電波も電気も目には見えないエネルギーですから、お金がエネルギーになってもなんら不思議はありません。

人間の感情や思考も見ることはできません。
感じていることや考えていることって、他人にはわからないことです。
これも脳内に起きている電気信号なのでしょうか?
感情や思考もエネルギーです。

お金と感情って似ているものなんです。

そして社会的なものであり、全世界がお金でつながっているのが現代です。
毎日、使っているものにも関わらず、学校で詳しく教えてくれなかったものがお金です。

お金ってエネルギーだから、プラスもあればマイナスもあります。
それがhappy moneyとun happy moneyです。
第1回のテーマがこれでした。

お金を使う時、受け取る時に、どんな感情を感じているでしょうか?
お金を払う時、お金を受け取る時、お金を貯める時に、どんな気持ちを味わっているでしょうか。
それがエネルギーの正体です。時、場所、人によって違います。

僕が面白いなと思ったのは地域差です。

とある国では、ある程度の現金を持っている必要がある。
なぜなら、それは強盗に襲われた時に払うお金。
つまり命の値段でもあるということ。

とある地域では、仲間同士でお金を与え合う習慣があるという。
自分でお金を積み立てて大きくお金を使うのではなく、仲間からお金をもらうことで同じことができる。
お金を貸したり借りたりという制度ではなく、お金を与えたり受け取ったりする仕組み。

また多くの人が感じていたのは、親や親戚からお金を援助してもらっていること、または遺産とかね。
その援助によって、夢を叶えたり、生活が楽になったりしているということ。
世代を超えたhappy moneyですね。

こんな話は、雑談では絶対に出てこないので、みんなそういうことあるんだと安心したりもしました。

今度、ブログで書こうと思ってるテーマで「ずるい」という言葉に隠されたお金のストレスがあるのです。
子供が口癖のように言っている「ずるい」という言葉を聞いていて、これが民主主義の原点であるけれど、欠乏意識の表れでもあるのです。

お金で争いが起きたりしているのがunhappy moneyです。
両親がお金でケンカしたりしてね。
それを見て傷ついた子供時代があったりね。

感想をいただきました。

お金について、ともすると考えないままなんとなく流されてしまうのかもしれません。
読書会があると聞いて、お金について考える良い機会になると思いました。
きっとお金ってこう、とシンプルに言い切れるようなものじゃないような気がしていて、考える機会があればあるだけの気づきがあるなぁと思いました。
今回も、今まであまり考えていなかったようなことを、他の参加者さんの話を通じて考えたり感じたりできて、自分のお金への思い込みの変化を感じています。
少しづつ、お金に積極的に、お金とより仲良くなっていける気がしています。
まだ1回目が始まったばかりなので、これからどんなお金への発見や気づきがあるかに興味津々です。
参加して良かったです。ありがとうございました。

ゆきちゃん 女性 南米

うん。そうだよね。お金って多面的だ!
感想からもたくさんのことが学べるから書いていただけるの好きなんです。

あなたが今持っているお金は、happy money と unhappy money どちらですか?

ありがとうIN、ありがとうOUTでお金の出し入れをしていますか?

お金について考える読書会を開催しています。
興味がある方はこちらをご覧下さい。

Zoom読書会は(随時開催、現在6回開催が決定しています)
詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoneyZoom.html

リアル読書会(次回は10月17日)
詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoney.html

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


One Reply to “happy money読書会開催レポート<happy money un happy money>”

  1. 初zoomのため、不慣れな私を丁寧にフォローしてくださり、誠にありがとうございました。大変感謝しております。子供のころの国語の時間を思い出し、朗読会後には知恵熱が出ました(笑)。大人の朗読会だからこそ、苦しい体験や日々の深い思いを論じることが出来たと思います。有意義な時間をありがとうございます。続けて参加します。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください