与えて受け取るのか、受け取って与えるのか?

与えることの大切さ、受け取ることの大切をカウンセリングの場でよく話をします。

循環しているものは、与えることと受けとることの2つの性質を持っています。

日常で考えれば、お金を稼いで使ったり、心臓も動脈に血液を与えて静脈から受け取ります。

循環しているものは、与えて受け取ると同じことをしています。

学んだことを教えるのも同じですね。

インプットしたらアウトプットするのです。

 

メンタルトレーナー上田正敏です。

空気を吸って吐いても、愛を与えて受け取るということも同じです。

受け取ることも、与えることもどちらも必要です。

愛を受け取り与えるというのも

 

物事が上手くいかない時には、この流れがきちんとできているかチェックすることが必要です。

お金の問題は、お金のインプットとアウトプットの状態をチェックします。

恋愛の問題は、愛のインプットとアウトプットの状態をチェックします。

健康の問題は、食事、運動、生活習慣のインプットとアウトプットの状態をチェックします。

自尊心の問題も、インプットとアウトプットの状態をチェックします。

 

この問題がある時にどちらが大事かといえば、どちらも大事だけれども、まずインプットの側をチェックします。

インプットは、ギブ・アンド・テイクのテイクではありません。

テイクは自発的に奪う意味合いがあります。

テイクではなく、アクセプトです。

これは自然に入っていくるようなイメージ。

 

手の平を下にして物をとるのがテイク、手のひらを上にして自然に物が入ってくるのがアクセプトのイメージです。

わかります。

水道の蛇口から水を飲む時に手のひらを下向きにして水は飲めません。

全部こぼれていきます。

手のひらを上にして器を作るようにして水を貯めて飲みます。

これがアクセプト、つまり受け取るイメージです。

 

お金も愛も無限に自分の周りに流れていると考えています。

水のように上から下に流れていく。

それを取ろうとして手を出しても、つかむことができません。

手のひらを上にしてただ受け取るのです。

 

「ありがとう。」とだけ言ってただ受け取ること。

 

これができない人はまったくできません。

遠慮があったり恐怖があったり罪悪感があったり、感情ストレスがある場合には受け取ることができないのです。

 

満たされたものでしか相手に与えることはできません。

自分が不足しているものを与えようとしたら、相手が返してくれなければ怒りになることもあります。

自分が満たされているものなら、気前よく与えることができます。

自分も喜び、相手も喜ぶような与え方ができます。

その状態になるには、自分が受け取って満たされる必要があります。

 

これは自立した人へのアドバイスです。

依存の人には、与えなさい、というアドバイスに変わります。

状況によって変わるテーマです。

 

今日のテーマである

与えて受け取るのか、受け取って与えるのか?

の答えは、受け取ってから与えるのです。

 

人は生まれる時に息を吸い、死ぬ時に吐いて死ぬと言われています。

命とは、受け取ることから始まり、与えることで終わるのです。

まずは受け取って自分が満たされること。

子供時代に親の愛情をたくさん受け取ったからこそ、自分が親になった時に子供に愛情を注げるのです。

まずは受けとることからはじめましょう!

 

なんか知らんけど、人はそもそも与えられる存在なのです。

自分が受取拒否をしなければ。

 

■ワクワクの発見し好きなことを仕事にするソース・ワークショップ
http://www.yoriyoku.com/source/

■自分らしく生きるライフチェンジプログラム
約半年間、人生を変えるために伴奏するコースです。
http://www.yoriyoku.com/LifeChangeProgram.html

■フリースタイル上田夫妻公式ページ
個人セッションはこちらのページを
http://www.yoriyoku.com/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください