セラピストになるために様々な手法を学ぶ必要はあるの?

セラピスト起業プロデューサーの上田正敏です。

僕の経験やプロで活躍している人たちとの対話から導き出した僕の法則です。

何かのヒントになれば幸いです。

 

この答えは、その人の状況によって変わります。

その人の心の在り方で答えは変わるのです。

それは感情のレベルによって変わります。

 

自分が興味を持ったものは、すべて学んだらいいと思います。

好奇心の赴くままに、多くのものを学ぶ。

そこから多くのことを吸収するのがいいかと思います。

 

とはいえ、時間やお金が足りないという人もいるでしょう。

興味があることをまずは体験するのがいいでしょう。

自分の体を通して体験をする。学ぶのはその後、選べばいい。

僕は、本で学ぶこともオススメします。

著者の人が人生をかけて体得したものを安価に提供しているのが本です。

ここでもっと知りたいという好奇心から体験していくプロセスに移るのもいいですね。

 

たくさんの手法を学ぶ一番のメリットは、どの手法にもメリットとデメリットがあることがわかることです。

世の中に完璧なものはありません。

それぞれが得意と不得意を分かち合いバランスをとっています。

これは手法だけでなく、人でもそうです。

同じ技術を学んでも、学んだ人の今まで経験から何を吸収し、どのように消化していくのかが違うからです。

人から人へと伝承されていくものは、伝言ゲームと同じで、その人の癖が入ってきます。

伝統があるものは、その癖がかなり取り除かれて本質的なものが伝えられることもあるんですが、あまりにも抽象すぎてわからなくなることもあるのです。

何を学ぶにも、メリットとデメリット、得意と不得意を知っておくのは大切なことです。

 

あれもやり、これもやり、それもやり。。。

資格ばかり取っている場合、恐怖からそれを行なっているかもしれません。

体に痛みがある人が、様々な病院をめぐることがあります。

それをドクター・ショッピングと呼ばれていることです。

資格をたくさんとってもプロのセラピストになれません。

プロのセラピストになるために必要ならば資格をとるのです。

資格があれば腕が磨かれるということはありません。

 

世の中には天才という人はいるもので、生まれながらのセラピストみたいな方がいます。

何も学んでなくても、よく相談され、周りの人を癒し、よりよい方向に導いていく人がいます。

こういった人たちも謙虚に学びに来ていたりします。

なぜか、聞いたことがあるんですよ。そうしたら

「なぜ、それが起きるかわからない。

その仕組みを知り、理論立てて学びたい。

そうしたほうがみんなのためになるかと思って。」

と教えてくれました。

いつでも自分の技術や心を磨いているステキな人でした。

 

たくさん学ぶことで自分が混乱していくことがあります。

言葉の限界があり、あちらでは右に行けと言われ、こちらでは左に行けと言われ、そちらでも引き返せと言われる。

そんなこともあるのです。

どれが正しいのかと悩んで混乱するのです。

どれも正解なんです。違うのは考え方です。

本質的には同じなんだけど、そこに行きつくプロセスが違うのです。

 

僕がオススメする方法は、まず軸をしっかりと作るために、1つの手法に絞ること。

その軸が定まったら、様々なことを学ぶのがいいと思っています。

そして、どの手法も尊重することです。

あれはよくて、これはダメというのはありません。

 

僕の経験と話すと、最初に学んだのは、体と心と魂を統合するセラピーです。

こればやっかいで、古今東西の様々な手法が100種類くらい入っています(笑)

一生楽しめることのぶちあたったと当時は思っていました。

そこから、そのルーツである手法をいくつか体験をしたり学んだりしました。

体からのアプローチ、心からのアプローチ、パートナーシップを得意とする心理学、演劇的なアプローチをした療法、無意識を扱う家族療法、ホリスティック医療、栄養学、東洋医学、能力開発、カウンセリング、コーチング、ファシリテーション、さらには宗教や哲学、芸術の分野にも触手を伸ばして行きました。
#テクニック名を使わないで書くのは難しいですね(笑)

僕の場合、人間力を磨くためにセラピーが必要という考え方に行きついたのが今現在です。

セラピーを通じての、癒しであったり、問題解決であったり、自己実現だったりするのは、そのプロセスです。

ただ気をつけて欲しいのは、このプロセスに15年かけているということです。

 

学び初めの頃は、自分が選んだ師匠との差に愕然とします。

いち早く追いつきたいと頑張ったりもします。

そして追い抜くぞくらいなライバル心を持ったりして(笑)

師匠を抜くことはできません。師匠も成長していきますから。

ずっと尊敬する対象であることがとても重要になります。

この在り方の重要性は、そのうちに書くかもしれません。

 

まとめると・・・

セラピストになるために様々な手法を学ぶ必要はあるの?

その答えは、自分が好きな道を歩めばいいのです。

ちょっとしたコツはあるけどね。

 

■スリーインワントレーニングコース
これがフリースタイルで受講する最後のチャンスです。体と心のつながり、心の声の聞き方、心の構造、心のブロックのできかた、心のブロック解消技術などを学びます。
レベル1:1月11日(土)12日(日)
http://homepage2.nifty.com/f-style/

■ソースワークショップ発見編
ワクワクという自分だけが持つ才能であり個性を見つけていきます。
自分自身がどんな人間なのかを知り、それを人生に活かす方法を学びます。
発見編:第71期 1月18日(土)19日(日)
活用編:第26期 2月 1日(土) 2日(日)
http://www.yoriyoku.com/source/

■個人セッション
頭とハートをつなぐことで本当の自分が見えてきます。
自分を知り、自分の才能を磨き、生まれてきた目的が見えてきます。
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください