あなたの人生の源は、ワクワクすることにある。ソース・ワークショップ開催

週末にzoomでソースワークショップを開催しました。

自分のワクワクという感覚を様々な角度から語ることで、「自分とは何か?」という疑問が解けるようなそんな時間になりました。

僕自身も学んだストレングスファインダーという強みから自分を知る方法を提供している方でしたので、さらなる深い理解が起きた感じがします。

ワクワクは、人が持つ原初的な感覚であり、これは大人になってからも変わらないものだと思っています。
経験をしていくことで無駄が削ぎ落とされて洗練されていく感覚です。

やっていて「快」の感情を感じるって幸せなことですから。

「自分を深く掘り下げていくのに2日間の時間が必要ですね。」という言葉をいただき嬉しく思いました。

ワークブックではなく、実際のワークショップの醍醐味の部分です。

こちらが教えることは少なく、内省しながら、他者と対話しながら、幸せの源泉を探す旅のガイドに僕はワクワクします。

そして、これからやりたいことの話を聞くと、もう明日にでもやりそうな勢いがステキでした。

「今、こんな時代だからこそ、自分の幸せの源泉を掘り起こすが重要ですね。時代が求めているワークショップです」

とも言われて、多くの方に体験していただきたいなと思いました。

ご参加ありがとうございました。

ソースワークショップについての詳細はこちらをご覧下さい。
https://www.asobilife.com

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html



オリンピックと旧大山道@高尾山(30回目)

令和三年の高尾山に大きなニュースがあった。
ひとつは6号路の整備。どのように整備されるのか?
もうひとつはオリンピックのモニュメントが山頂にできた。どんなの?

そして、旧大山道を歩いてみたいという3大欲求を満たしに高尾山に行ってきました。

古地図をみると高尾山の登山道は今と違います。

令和三年の高尾山地図
令和三年の高尾山地図(Googlemapをスーパー地形図で表示)
1894年-1915年 高尾山地図
1894年-1915年 高尾山地図(スーパー地形図より)
1/50000八王子 明治39年測図・明治43.7.30発行

よくみると1号路は計画中の道路であり、薬王院まで道路が何本か計画されていたことがわかります。
林道として一部だけ昭和になってから作られていますね。

そして旧大山道は、薬王院から梅木平までの道が旧大山道です。
江戸時代に伊勢原にある大山詣りが流行り江戸から多くの人が信仰ために訪れたという。
高尾山も信仰の対象としての山であり、ここから大山に行く道があったそうです。
それが大山道。今は廃道になっているので旧大山道と書きました。

しかも由緒ある道なのに途中が掘削されてしまっているのが今現在です。なぜ?

古地図を見ると今との差がわかったりして面白いです。
古道を歩くのも乙なものです。

シノギング
昨日と同じような天気だか、始発で来ると山は寒いのだ。
この後、通勤中の凌ボスに出会う。きっと今日は良いシノギングができる日になるだろう。
高尾山6号路
6号路の沢登り区間が終わり、登りの道がすべて木道になっていた。
変化に富む道を歩けるのが魅力だっただけに残念。土の道が歩きたいのだ。
てっきり沢の部分を美しく整備したのかと思ったのに。
世界一数多くのハイカーが訪れる高尾山だから自然保護のためには仕方がないことかもしれない。
高尾山と富士山とオリンピックと
高尾山頂に期間限定でこのモニュメントが設置されているそうです。
オリンピックもどうなるかわからないので噂を聞きつけてすぐに行ってみました。
高尾山オリンピック
お約束でこういう写真撮りますよね。早朝jは富士山がみれる確率が高いです。
高尾山
定点観測写真(その1)
高尾山で富士山
定点観測写真(その2)

さて、旧大山道を目指しましょう。凌ぎます。

シノギング
振り返って来た道を撮影。あなたには道が見えますか?
シノギング
今は道じゃないんだから、転んだりもしますよ。冒険要素満載です。
シノギング
ハンモックを張ってセッション。話をじっくりと聴きます。
シノギングとホットサンド
朝食にホットサンドを振る舞おうとしましたが、やっぱり自分で作るのが楽しいですよねとお任せします。
シノギング
お腹がいっぱいになったらお昼寝です。

さて、帰りましょうか。

シノギング
ターザンのように蔦を使って降りたりも。結構な斜面です。
シノギング
噂の作業小屋を発見。もう今は壊れていました。もう少しで土に還りそう。(ここは旧大山道ではない枝尾根)
シノギング
地形を読みながら進みます。ここは結構ヤバかったところ。谷の始まりです。
シノギング
木の向こう側に人工物が見えて来ました。下界まであと少し。
シノギング
下山して川にでられたのだけれど、道路にでれないので山に戻ります。
シノギング
無事に道路に出ました。少年に戻ったかのような二人。この後ろから降りて来たとは誰も思わないでしょう。
蕎麦と杜々
高尾の有名店「蕎麦と杜々」で天せいろを。野菜だけの天ぷらが美味いし、蕎麦もカツオだしのつゆも最高です。
そして器も良いし気分が良いです。

6号路が残念だったけれど、オリンピックのモニュメントは見れたし、旧大山道を凌たし、蕎麦と杜々で美味しいお蕎麦も食べられたので、超幸せな1日でした。

野外でのセッション最高です。自然の中だからこその必然がありますね。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


野外で一人となる時間を持つソロということ

アウトドアで一人で過ごすという通過儀礼体験が昔から行われてきた。
それをソロという技法として冒険教育の中で学んだ。
ネイティブアメリカンではビジョンクエストと呼ばれている。
子供から大人に変わるということは、自分の役割を自覚することだ。
この役割とは、生まれてきた意味、天命、コーリング(天職)のことだ。

そのために孤独を味わう時間が必要なのである。

誰かが周りにいると人は気が散るのだ。
文明社会の中で本当の意味での孤独を感じることはない。
誰か周りにいるだけれど誰ともつながっていない感じというのは真の孤独ではない。

誰もいないところで過ごすというシンプルな孤独を人は味わう必要がある。
そこで、日常のすべてを自分の責任で過ごすことが大事なのである。

何事が起きたとしても、誰も助けてくれないので、自分でなんとかするしかないのだ。
それがソロで大事なことのひとつだ。
そして、孤独が寂しいとか惨めだとか、そんな余計な感情から自由になることも重要だ。

ただ一人でいることを選ぶことは、とても贅沢なことなのである。

特に現代社会ではね。

ソロを安心安全にコンテンツとして提供しようと試行錯誤しています。
そのためにアウトドアでの研鑽を積んでいます。

上田正敏探検隊の副隊長にソロを体験していただきました。
とてもステキな体験だったそうです。

集合はいつもの駅です。
最初のガイダンス。今日の豊富を聴きます。そしてソロの説明を。
もうここから僕は何もいいませんし、共に行動はしません。真剣な顔つきに変わりますよね。
新緑の中を一人で歩いていきます。僕は遅れて気配を感じられないくらいの距離をキープして行動します。
一人で過ごす某枝尾根。誰かが来ても安全なように門番のような存在として過ごします。
僕自身も気配を消して一人を楽しみます。
お腹が空いたらご飯を作りましょう。自分のことは全部自分でやるのは主催者も同じ。
冷凍食品を湯煎するというシンプルご飯。彼女も今頃ご飯を作っているのだろうか?
チャーハンとエビチリという中華飯@セブンイレブンです。美味い!
お腹いっぱいになったらハンモックで読書を
ハンモック専用寝袋モグ350は快適です。一人時間を楽しみます。
鳥の声を聞いているうちに気づいたら熟睡していました。撤収の時間です。
別荘にチェックインしたら、一泊したいですね。そのくらい価値のある時間です。泊まりは中級編ですね。
おひとり様を満喫した人がひとり。言葉は交わしません。
さて、ハンモックを回収して、現地に不始末はないか忘れ物がないか最終チェックします。
僕も後を追いかけます。くれぐれも気づかれないように。
高尾599ミュージアムの前で振り返り。一人時間は最高だったそうです。
この表情がすべてを物語っていますね。あの山の向こうで一人を味わったのです。

この体験を多くの人に味わってみてもらいたいな。
人目を気にすることなく自由であることを味わうには最高のコンテンツです。
自立というものが何かがわかるし、自分自身に気づき立ち戻れる時間となります。

感想をいただいたらアップしますね。

(追記)
感想はこちらにアップしました。

このコンテンツを体験したい方は、まずハンモックフルネスを。
また、体験したい方は個別対応していますのでご連絡を。

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ。
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


シノギング・イベントで凌ぎを学ぶ

Axesquin主催のイベント「凌・シノギングとは~平日編~」に参加。
休日編とはまた違った場所を凌ぐということで参加してきました。

イベントに行くのは、自分のアウトドアでの経験値をあげるため。
主催者の方々から学ぶだけでなく他の参加者からも学べるから。
いつも一人で行くだけでは学べない新しい気づきが得られるからです。

まぁ簡単に言えば、楽しいからです(笑)

難しい理屈が必要なのは大人だけで子供は楽しいだけでOKなんです。

前回のイベントの次回の課題の場所に行くことになりました。
一人探検に行こうと思っていた場所なのでラッキーでした。

裏山探検の延長にシノギングがあるのが面白いです。

朝は雨だったので誕生日プレゼントでいただいた雨具「フリシキル」を初投入
そしてよくみると、食パンと卵が(笑)
高尾ハナレにて、シノギングについての座学からスタート
シノギングの2大要素
1)必要最低限の道具で足るを知るということ。
2)自分の体質を知って適切な道具を使うこと。
街から山に向かいます
前回、ロープを使って降りた場所からスタート。
ロープを使わなくとも10m先に道らしきものはあったのであった。そして途中で途切れる・・・(笑)
道なき道から尾根にのったので楽勝か。急斜面に見えるが実際にそうなのだ。それが楽しい。
昼飯前のexped solo tarpのガイラインの束ね方。最新バージョンを教わる。簡単だけど・・・
今回の僕の別荘地。荷物を最低限仕様のシンプル・バージョン
昼ご飯はホットサンド。卵とチーズとハム
雑誌の付録のホットサンドメーカーのネジがとれてなくなっていた。
帰宅後、ワッシャーをつけてネジを全とっかえ。これで完璧。
なんと自作のハンモックとな!
銀座ハナレの番頭さんのサイトはスッキリしていて気持ちが良いですね
メスティンで焼売もいつかやってみたい。蒸し物おいしい。
ICI石井スポーツ マロニエ銀座店の人たちはハンモックの三角張り。いつかやってみたい。
ちゃんと山で遊んでいる店員さんから道具を買いたいですね。
主催の方々はジベタリング。これもまた潔くて良き感じ。
他人の道具がとにかく気になります。良いものはマネる。
地図にない道がでてくる。しかも立派なハイキングコースのようである。
高尾駅で解散

写真に撮っておくのは、マネるためです。
情報量が多いです。

登山道でない道を歩き、ハンモックを張ってのんびりと休憩し、己を知るシノギング。
今回もありがとうございました。

今回の主催者のイベントレポートはこちら

興味がある方は月1で開催されているのでAxesquinさんのブログをチェック。
https://blog.goo.ne.jp/axesquin

足るを知る凌ウェアの情報はこちらのサイトへ
素材は最新で日本古来の色や意匠の低山に特化したウェア。
https://www.axesquin.co.jp

オススメの登山用品店 ICI石井スポーツ
40年前からお世話になっています。ありがとうございます。
マロニエ銀座店には凌ブースがあります。
https://www.ici-sports.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ。
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


視覚と言葉が未来を変える

自分がどんな言葉を話しているのか?
自分がどんな想像しているのか?

一人一人の中に現実があると言われています。
いわゆるパラレルワールドです。

これは科学的にいえば、人は脳で現実を認知するので、五感や記憶で見ている世界が違うのです。
認知の歪みとも言われていますが、みんな何かしら歪んでいるものです。

本当の現実とは何かと言われたら誰にもわからないかもしれないものなんですよね。

では、人がどんな世界を見ているかといえば、言葉がヒントになります。
どんな言葉を話しているのかが鍵を握っています。

例えば、「お金がない」というのが口癖の人は、実際に1000円しかなくても1000万円も持っていても、「お金がない」と言います。

「もっとお金があれば・・・」と言っているかもしれません。
このもっとも曲者で、どれだけお金が増えても満たされることはありません。
これも根元には「お金がない」という思い込みがあるから。

「お金がない」が口癖いの人は、実際に現金としてお金があってもなくても「お金がない」世界を生きています。

現実ではなく認知している世界が、その人の現実なのです。

言葉が思考を作っているので、言葉を聞けばその人の世界観がわかります。
どんな世界観であれ、本人が幸せであれば良いと僕は思っています。

もしも不幸だったら、言葉を変えることから始めると良いかもしれません。

その時に大事なのはイメージです。
頭の中で理想の未来をイメージすることです。

イメージが苦手なら、絵でも写真でも良いのです。
自分で描いても良いし、雑誌から切り抜いても良いのです。
理想の状態を視覚化することが大事なのです。

なぜ、人は理想を求めるかといえば、生きるには希望が必要だからです。
未来が明るいと思えることが希望であり生きる意欲につながります。
人はよりよくなることを望んでいるし、どんな状態でも選べることが人間が人間であるために重要なことなんです。

未来を視覚化することを僕らの世界ではビジュアライゼーションと言います。
自分に相応しい言葉を唱えることをアファメーションと言います。

先程の「お金がない」という例なら、お金があるとはどんな状態なのか視覚化することが大切です。

札束に埋もれているイメージでしょうか。
それで幸せを感じられるのか?チェックして見てください。

大好きな食べ物を食べているイメージでしょうか。
望んでいた家に住んでいるイメージでしょうか。
貴金属類に囲まれているイメージでしょうか。
家族団欒しているイメージでしょうか。

そのイメージに相応しい言葉を見つけるのです。

まずは「お金がない」をひっくり返します

お金がある

これがシンプルな方法です。
それに主語をつけるとさらに言葉は力を持ちます。

私にはお金がある

いい感じになってきました。
これをさらに変えるとすれば、自分にピッタリな言葉に変えることが重要です。

私にはありあまるほどお金が流れてきます。

それを視覚化してみるのです。うん、悪くない。流れてくるんだから流さないとね。

私は豊かである。

これもイメージしてみる。これもいいね。
美味しい食べ物と仲間が集まってくるイメージ。みんな笑顔。

私はいつでも自由に遊びに使えるほどのお金を持っている。

これもいいですね。余裕を感じます。遊びがあるって人間らしさですから。

こうやって言語化して視覚化してみることが大事です。

言葉にだして言い切ってみる。
もしかしたら覚悟が必要かもしれません。

言葉と想像で世界はできているんだなと思ったりしている今日この頃です。
イメージできないことは実現しないですから。
いつでも脳内の理想を現実するために、エネルギーを注いできた先人たちに感謝です。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


焚き火と相談は相性が良い

多くの人に助けられて生きている。
そんな実感を味わう日々が続いています。

ポジティブな時、ネガティブな時、どちらも必要であり、学ぶことの質が違います。

悩みとは生きる上で必要なことです。
次のステップにいきたいという意欲ですから。
悩みとはどうにかしようともがいているということ。

人生の先輩方に相談をすることはとても大切です。
太古の昔から伝承されている英雄物語も現状をどうにかしようとする時にメンターが現れます。
準備ができた時に現れるものなのです。

相談する場所は氷川キャンプ場でした。
もしかしたら初めてこのキャンプ場に来たかもしれません。
アウトドアで泊まる時には人知れずな場所が多いもので。

キャンプ場も良い物ですね。

管理されているので安心感があります。
そして、多くのキャンプを楽しんでいる人たちがいるのも良いものです。
ソロキャンプを楽しんでいる人たち、テントサウナを楽しんでいる人たち、釣りを楽しんでいる人たちがいました。

僕は、子供の頃以来の直火での焚き火を楽しみました。
太古から焚き火はされているのか、火があると落ち着きます。
火を見ているだけで満足できるし、火を見ながらだと話しやすいのです。

ここでもメンターに相談をしました。

これが一番の目的です。
そして、人間とは何かのような本質的な話からアウトドアの話まで多岐に渡る対話でした。
安全な場で、思う存分に話すことができる。

印象に残った話として

  • ビジュアライゼーション
  • アファメーション

この2つが大事だということ。

そして、僕自身は対人関係の仕事を続けること。
技術よりも文化を伝える人ではないのかということ。
お金よりもやりがいを大切にしたほうが良いのではないか。
好きなことをやっていれば、それが良いと思う人が集まってくる。
今ここにいる人は100%完璧である。

そんな話が印象に残っています。
自分の潜在意識の中に刻まれたようなそんな時間でした。

人生の先輩に相談すること。
メンターを持つこと。

この年になって初めて重要性がわかった気がします。

気づきは、いつどこで何が起きるかわかりません。
有難いことです。

ありがとうございました。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


頭を下げるということ

以前にうちにセラピーの勉強をしにきてくれた方に相談をした。
催眠療法に情熱を注ぐ方であり、とてもチャーミングな人なのだ。
僕にとっては尊敬する一人である。

歳をとること

これは誰もが持つ苦痛である。
仏教では生老病死は4大苦痛とされている。
感情的に恐怖を生み出すものです。

ただし、歳をとるということは成熟されていくということでもある。
人は常に変化するということでもあるのだ。
毎日が同じように感じるかもしれないけれど、毎日は変わっていくものであるのだ。

いつでも未知が目の前にあるということでもある。
人は知らないことばかりなのだ。
気づかないうちに身体も心も変化を続けている。

人にはメンターが必要である。
自分が尊敬していて、連絡を取れる人がいることは有難いこと。
年齢だけでなく、自分よりも先をいく人は皆、メンターなのだ。

さらにいえば、誰もが自分よりも優れた一面を持っている。
もちろん、ダメな部分もあるのは当たり前として、どちらを見るのか。
悪い面を見ていると傲慢になり、良い面を見ていると謙虚になれる。

傲慢でいるとメンターは現れないのだ。
自分の準備ができていなければ現れない。

メンターが現れたと感じたらそれは新しい冒険の始まりなのである。
次のステージが待っているのだ。

僕はずっと次のステージに行く必要があると感じていたが一歩も動けない感じであった。
今となっては理由はわかる。それは傲慢だったからだ。
傲慢な人に特効薬はない。

他者に頭を下げられるかというのがひとつのバロメーターだ。

これはポーズで頭を下げても意味がない。
嘘か本気は相手に伝わる物だからだ。

なぜ、頭を下げられなかったかを考えると競争をしていたからだ。
自分の周りの人たちを敵をみなしていると、安全は感じられないので戦い続けなければならない。
それは苦行のようなものだ。

頭を下げて相談したらどうなったのか?

世間は優しいのだ。親身なって話を聞いてくれるのだ。
問題は解決しないのだけれど、心は軽くなる。
問題を解決するのは自分自身だしね。

誰も自分の問題を解決することはできない。
ただ、助けてくれることは大いにあるのだ。

心のあり方で見える世界が変わる。
これがパラレルワールドなのかもしれない。

頭を下げるのには覚悟が必要だった。
ちっぽけなプライドが邪魔するからだ。
人は追い込まれないと自分を見つめられないのかもしれないな。

はぎちゃん。相談にのっていただきありがとうございました。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


新緑のハンモックフルネス

新緑の中でハンモックフルネスを開催しました。
どの季節も良さがあるんですが、生命力にあふれたこの季節ならではの良さがありますね。
元気と活力を自然が与えてくれるような気がしています。

高尾山口駅。すごい人にビックリ。でも、これから人がいないところに行くのです。
春は花が美しいですね。ニリンソウ?
?とヤマツツジ。この白い花が群生しているの圧巻だった。
ハンモックポイントについたらまずはお茶タイム。これ重要。
モミの木に花が咲くのかと思ったら・・・
モミの木の新芽でした。このようにして一気に葉っぱを増やすのですね。
お腹すいた!の声を聞いたので、火を起こしてご飯を作りましょう。
前菜にステーキ。メインはタケノコの炊き込みご飯。おこげも美味しゅうございました。
ご満足いただけて何よりです。
食後はお昼寝タイム。本日のベストショット。
ハンモックが龍のように見えるとのご指摘が!確かに!
みなさん龍の背に乗ってお休み中です。
僕はせっせとお湯を沸かしています。焚き火の管理も楽しいんですよね。
さて、バリエーションルートで帰りましょうか。

とてもステキな時間でした。
心も体もリラックスでき、自然からパワーチャージもしてもらった感覚。

今回、参加してくれたTAさんはアーティスト気質。
センスって写真に現れるよね!

いただいた写真も紹介

僕は凌スタイル。日本の意匠を巧みに使うAxesquinのウェアです。
これは独自の世界観があるのでみんなから発見されやすいのも良き。
焼くこと、食べることに夢中で写真がなかったんです。ありがとう。焚き火で焼く肉は格別。
鉄板の上で肉は切っちゃいます。豪快っぽいから(笑)
ハンモックってくつろぎですよね。なんともいえない浮遊感がたまらない

ハンモックは150%くらい解放された感じ。木に書いて燃やしたワークは浄化され、面白かったです。食事は美味しかったです。ありがとうございました。
(TAさんの感想)

ハンモックでマインドフルネスを体験したい方はこちらをご覧ください。

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com


他者に相談するということ

ソーストレーナー養成講座で出会い、15年来の友人であり人生の先輩に相談をした。
この相談というのも様々な形があり、傾聴という聞いてもらうだけの相談もあれば、アドバイスをもらうという相談もあれば、対話をするという相談もある。

聞いてもらうことで、自分の考えが整理できる。
アドバイスをもらうことで、新しい解決方法を知ることができる。
対話をすることで考えを深めることができる。

それぞれに違う効果がある。
自分に必要な相談方法を知っておくことが大切。

相談する人にもタイプがあって、決して他人には話さない人と、他人に話しまくる人がいる。

自分にとってデリケートなことは、話さない人に相談することも大切。
逆に、周りにも知って欲しいような相談事は、話しまくる人に相談するのもあり。

誰に何を相談するかが大切なことなんだ。

友人には相談をしたのだけれど、対話することで、お互いの考えが深まるような、そんな哲学的な時間だった。

競争を手放す話から最後は心から遊ぶことが大切という話になる。
それが社会的にも回っていく鍵となる。

書くと一言になってしまうんだけれど、ここまでいくのに2時間という時間が経っている。
考えを深めるためにはこの時間が必要なのだ。
そして本を読むようなものではなく、自分の頭で考えて、正直に思ったことを話し、また相手の話を聞くこと。

対話はとても贅沢な時間である。

物事が効率化する時代だからこそ、時間を使って物事をやることは重要だ。

頭は理解は瞬間的であり早いんだけど、体はとてもゆっくりと理解する。

腑に落ちるという表現があるが、よく噛んで、ゆっくりと飲み込むことが重要なのである。
それには時間が必要なのである。

他者と対話すると自分と他人との差が見えてくるから。
セッションが好きという共通項があったんだけど、友人は1対1が好きであり、僕は1対多が好きなこともがわかったりもする。

そしてカウンセリングでもなくコーチングでもなくコンサルティングでもなく、セッションが好きというのも対話が関係する。

セッションは音楽用語なのかな。お互いの楽器を響かせあうのがセッション。
お互いが主体的に関わり合うことがセッションです。
これを僕らは言葉で行った。

セッションって人と人が真剣に向き合うからこそ何かが起きるんですね。
いや、何も起きないかもしれないけれど、心の深いところに響けば何かが起きる。

まんちゃん、ありがとう!また対話しよう!

先日に書いた相談が苦手男はつらいよは幻想かもしれないね。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html


自分未来会議2021

自分未来会議2021という9週間のプログラムを開催しています。
FacebookグループページとZoomを使った対話プログラム。
毎週のお題を自由に書いて話すというもの。

募集をしてすぐに定員が埋まってしまい、増席してもまた埋まるという。
お陰様でとても有難いことが起きました。

まだ始まったばかりですが、これが面白い。

参加してくれたメンバーも多種多様なバックボーンを持つ人たち。
セカンドキャリア、サードキャリアを考える会なので、それまでのキャリアの話が興味深いものがあるのです。

僕は今生きているだけで素晴らしいと考えています。
その人それぞれの生存戦略を作って生き延びてきているから。
本人には当たり前、他人にはノウハウの宝庫、そんなことが起きています。

まだ、2週目ですが楽しいですね。

僕もファシリテーションしながら一参加者としても楽しんでいます。
本質を探っていくのは僕のライフワークですね。

<現在提供中のサービス>

■対面による個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるための対面でのセッションです。
筋反射テストを使って無意識や潜在意識の情報を意識とつなぎます。
https://www.yoriyoku.com

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■ソース・ワークショップ
自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ。
https://www.asobilife.com

■ハンモックフルネス
山の中でハンモックを使ったマインドフルネス・ワークショップ
https://www.yoriyoku.com/tankentai/hammockfullness.html