カテゴリー
ライフワーク

アドバイスを生かす人殺す人

これ答えはシンプルです。

アドバイスされたことをやってみるかどうかです。

これがアドバイスを生かす人の特徴です。
素直に行動するです。
アドバイスに対して感謝がある人です。

では、アドバイスを殺す人の特徴は何か?

アドバイスに対して、やらない言い訳を言うことです。
そして、実際にやりません。

アドバイスが不要なら不要でいいのです。
それならアドバイスを求めなければいいのです。
自分の裁量でやればいいのですから。

アドバイスを言う方も、聞いている人を説得しなくていいのです。
これやるとお互いが疲弊してしまうから。

アドバイスを聞けない時は、変わりたくない時です。
今がタイミングではないのかもしれません。

アドバイスを聞けない時は、本気ではない時です。
まだ覚悟が足りてないということかもしれません。

アドバイスを聞けない時は、過去に傷ついた経験があるかもしれません。
今はあの時の自分とは違うのかもしれないと思ってみることが大切です。

僕の観察では、アドバイスを聞いて実践してみる人って愛される人が多いのです。

愛されるから応援されるのです。

きっと心がオープンなんじゃないかなぁ。

そして、どこかアドバイスされたことを楽しんでいるみたい。

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッション
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


カテゴリー
ライフワーク ワークショップ

中学校でキャリア教育をしてきました。

某附属中学校の中学一年生にキャリア教育の授業をしてきました。

伝えたメッセージを一言でいえば「好きなことを追求しよう!」ということ。

具体的には、自分の好奇心が仕事につながっているかもしれないということ、仕事の種類は無限にあるということ、新しく仕事は作れることということをワークショップ形式で伝えました。

何年かワークショップをさせてもらっているのだけど、新しい試みも試しました。

ワークショップだからと言って、教えないというのが良いことではないのです。
教える側も教わる側も自分が持ちうる経験や知識を出し合い、その先の何かを見つけることが大事だと思っているから。
こちらが教えたらいい知識は一つの情報として伝えることは大切だと思っています。
正解を与えることが目的ではなく、正解がないことに自分なりの答えを見つけることが重要だからです。

つまり僕にとってのワークショップってクリエイティブであるということなんです。
参加者も僕も新しい答えを見つけることなんです。
伝えたいことをワークショップ形式でやることではないのです。

で、僕の挑戦は「将来の夢が公務員になる」ということの幻想を打ち砕くこと(笑)

公務員という仕事はないのです。公務員って働き方です。
公務員って国が国民に提供しているサービスであり、その仕事は多種多様です。
公務員という仕事はないのです。

例えば、水害からみんなを守る都市計画をしたいから公務員になりたいというのはいいのです。

仕事の本質は、自分自身が価値を提供して、周りの人から報酬をもらうことです。

僕はこれを「自分が好きなことを提供することで、周りを笑顔にすること。」を好きなことを仕事にする定義としています。

いろんな仕事の仕方はあるんですよ。
嫌なことを仕事にしたり、できることを仕事にしたり、喜ばれることを仕事にすることも可能です。

価値を提供すれば仕事になるからね。

価値を提供する仕事の方法には4種類があって、労働力を提供する従業員、サービスを提供する自営業、雇用を提供するビジネスオーナー、資金を提供する投資家があるのです。

先ほどの公務員は、この中では従業員になります。

これをキュッとコンパクトにして伝えたら、理解してくれたようで、ホッとしています。
子供達って大人が思っているよりも賢いよね。
今わからなくても、わかる時がくるかもしれないしね。

サポートに入ってくれた人たちにもチャレンジをお願いしました。
自分の好きなことを仕事にしている要素を提供してもらったのです。

中学生の時にフルートに出会いフルーティスとになった方には、実際に演奏してもらったりね。プロの演奏を生音で聴けるって貴重だわ。そして音楽家になるために、学校の授業では体育や物理が役だったという話も面白かったわ。もちろん留学には英語は役だったと。まぁ実際の留学先はドイツだったのだけどね。

演劇やりたかったんだけど、あきらめて普通に就職したんだけど、やっぱりあきらめきれずに声優さんになったりして挫折して、今は研修講師をしている方には、感情表現とは何かと実演してもらったりね。

学生時代って、大人との接触があんまりないからね。親と先生くらいしか大人が仕事しているサンプルがいない。

子供時代には何に興味を持って、それがどう仕事につながっていったのかという過程の話を聞く機会はほんとないんですよ。
どうやって大人になるのか道標があるといいですね。
特に楽しそうに仕事をしている大人たちの話を聞くことが大事です。

僕自身が、いろんな人に子供の頃から今にいたる物語を聞くのが好きなのです。
このことが、好きなことを仕事にするサポートというカウンセリングの仕事に役立っているのです。

サポートに入ってくれた人からこんなことがあったという話を聞きました。

生徒「仕事したくない。ずっと遊んでいたい。」
大人「だったら、まぁちゃん(進行役である僕)みたいになったらいいんじゃない?
   あの人、仕事でもずっと遊んでいるみたいだよ。」
生徒「なんかわかる気がする。」

僕は仕事するの嫌いだから、仕事を遊びのようにできないかとずっと考えてきたのです。

遊びを仕事にするか、仕事を遊びにするかということなんです。
遊びって、楽しいし、真剣だし、またたやりたくなるしで良いことづくしです。

動物の中で遊びができるのは人間だけ。
人間とは何かという大きなテーマでもあるんですよね。

もっと子供たちとワークショップしたいなと思った時間でした。

ありがとうございます。

みんな好きなことトコトン追求してね!

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッション
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


カテゴリー
ライフワーク

大切なのは自由です

人間にとって一番大事なことは何だろう?

と考えることがある。
あなたにとって、一番大切なものは何ですか?

僕が思うに、一番大切なことは自由ではないかと思うのです。

自由って何かと言えば、コントロールされないことです。

誰もがコントロールされてきました。
親から、先生から、友達から、社会からコントロールされています。

自分の意思ではなく、他者の意思にコントロールされている。

なぜ、コントロールされるかというと、相手に受け入れてもらいたいから。

コントロールする側も、愛からコントロールしている場合があるから、ややこしい。
相手のためを思ってコントロールするのだ。

つまり、人間はコントロールから逃れられない存在でもある。
でも、大事なことは、他者をコントロールしないという姿勢が大切になるのだ。

そして、自分自身であることにイエスということなのだ。
不当なコントロールを受けないという態度が大切なのだ。

自由であるための最初の一歩は「お一人様」を満喫できるようになること。

人には所属欲求が強くあり、自分を殺してまで相手に合わせたいという欲求がある。
この所属する欲求ではなく、自分1人で行動することが大切になる。
自分で考えて、自分で決めて、自分で動いていくのだ。
誰のせいにも、できない。
これが本当の自己責任だ。

他者に助けを求めるのは次のステップなので、まずは「お一人様」を存分に楽しむこと。

1人で旅行に行くのもいいね。

自然の中に1人で入っていくのが、僕は好き。
閉じていた五感が開いていくし、余計な気遣いをしてなくてすむのだ。

僕自身も自然の中に1人で入っていた時に初めて「あぁ、人に気を使っていたんだなぁ・・・」としみじみと感じたことがあります。

全部で自分で決めなきゃいけないんだなぁとビビったりもしたり(笑)

自分で選択をする連続なので、自分の意思とは何かを知るのにとてもいい方法です。

自由を知るために、1人で行動すること。

何かが見えてくるかもしれません。

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


カテゴリー
ライフワーク

それでもYesと言おう!

人生が連戦連取で何もかも上手く行く時がある。
そんな時には調子に乗ってもいい。
それも大切なことだ。

やることなすこと上手くいかない。連戦連敗の時もある。
もう何をやっていのかわからず、露頭に迷うことがある。
絶望もしちゃうかもしれないね。

それでも人生にYESということが大事なのだ。

自分自身に肯定的であるということ。

否定をしちゃうこともあるかもしれないんだけど、根本にあるのは、肯定であるということなのだ。

YESという言葉は、絶対肯定感がある。

日本語にするなら「これでいいのだ」かな。

ただ思うのは、YESには元気になる魔法がかかっている気がするのだ。
そんな音の響きがある。

蛇足だが、Thank you よりも「ありがとう」のほうが美しく感じる。
僕の感覚だけかもしれないけどね。

ほんと、うまくいかないことばかりな毎日なんだけど、イエスと自分に言う。

物事がうまくいかないことを受け入れると、自分にも他人にも優しくなれる気がする。

そんな学びの時なのかもしれない。

ということで、きっと僕は今優しいです(笑)

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


カテゴリー
ライフワーク

他者の話を聞くことの大切さ

自分の心に聞くのがいいのか、他者に聞くのがいいのか、それが問題だ。

自分の心にだけ焦点を合わせていれば、社会生活は難しい。
他人の心にだけ焦点を合わせていれば、自分がいなくなる。

どちらに偏っても問題は起きるもの。
答えは真ん中にあるのだ。

焦点を合わせる視点からいうと、まず初めにするべきことは、

  1. 自分に焦点を当てること。
  2. 自分の考えを周りに伝えること。
  3. 相手の話を聞くこと。
  4. 自分の意志で選択して行動すること。

これが自分らしく生きる時の基本の考え方です。

この時に自分の考えに執着したり、相手の考えに依存したりすると問題が起きる。
こだわりは大事だが執着は問題になるのだ。

自分の考えに執着していると感じた時には、他人の言葉に耳を傾けてみる。
意外なことが聞けるのかもしれません。

先日も、起業家仲間の集まりで、僕の提供サービスについての感想を聞いた。

自分が良いと思っているものを提供するのがいいのか?
相手が望んでいるものを提供するのがいいのか?

そんな話になったから。

ちなみに僕は、自分が良いと思っていることを提供するタイプ。
自分が実際に経験して良いと思ったことを伝えたい欲求が強い。

僕に望んでいるものは何か?
サービスを受けて、受け取ったことは何か?

という話を経営者目線で教えてもらいたいとお願いした。

  • あるがままの自分を受け入れてもらえること。
  • 必ず人には才能があると信じていること。
  • 傾聴だけでなくアドバイスもするが押し付けがましくない。
  • 理論と実践が裏付けにある話をする
  • 分析して教えてくれる。

などとフィードバックをいただいた。

僕自身は、ライフチェンジという人生を変えるということをテーマにしていたつもりだった。

それが、いつの間にか、あるがままを受け入れられるようになるということになっていた。

自分自身を受け入れること、自分の殻を破って新しい自分に出会うこと。

この2つは相反することではなく、同じなのではないかと思うのです。

自分を受け入れるから変わることができる。
そして、変わらなくても別にいいんだということ。

卵から幼虫になり蛹になり蝶になるのも変わりたくて変わるのではなく、変わる時が来たから変わるのでしょうね。

あるがままの良さを改めて知った時間でした。

他人の話を聞くって大事ですね。
自分の認識と他人の認識を比べてみると新しい発見があるかもしれません。

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


カテゴリー
シノギング

多摩川について考えてみた@シノギング

AXESQUINさん主催の地図読みシノギングに参加。

予定地が変わったり、行くまでの予定の道が行けなかったりと、台風19号などの雨の影響を感じたシノギングでした。
今年の10月は台風の影響で例年の約2倍の量の雨が降っているそうです。

このたびの災害に対し、心よりお見舞い申し上げます。皆様の一日も早いご再建をお祈りいたします。

駅を降りたら、みんな大好き高尾山の案内がありました。
台風直後は稲荷山コースくらいしか歩けなかったから復旧は進んでいますね。

高尾山口駅前の案内川は、こんな感じ。

高尾ICのアンダーパスも水没したようです。
この泥の線わかります?
3本あって、人間の背よりも高いです。

榎窪川もこんな感じ。川に大量の水が流れ込んだみたいです。
そしてこの先の道路が川になっていて、予定を変更して違う道へ

そしてエスケープルートである登山道に行ってもこんな感じ。
ところどころが川になっていたり、通れないほどではないけれど崩れていたり。

入沢川の橋が流されてなくて良かったです。
丸太が直撃していますが・・・

尾根にでるとこんな張り紙も。

秘密の休憩場所でハンモック&焼肉。
山でタンパク質を取りたい野望を叶えるために手に入れたヨコザワテッパンハーフ
BE-PALのオマケではありません。

話はちょっと変わって、先日も府中@多摩川にハンモックに行ってきたんです。
いつものハンモックポイントは無事でした。

10.23撮影

あったはずの中洲が消えていたり

10.23撮影

木には流木が絡みつき、なぎ倒されている木も多くありました。
草は倒れていて、バーベキューの放置された炭もキレイに流されていました。
陸地は泥というより砂が堆積していました。

10.23撮影

シノギングの後に気になって近所の多摩川流域であるうちの近所の川を見に行きました。
仙川はこんな感じで

10.27撮影

野川はこんな感じ、

10.27撮影

ちなみに中仙川はこんな感じで暗渠になっています。

10.27撮影

高尾山の周辺は、こっち川の多摩川流域とあっち側の相模川流域があります。
岸由二先生の「流域思考」をググると興味深い記事がたくさん見つかります。
例えば、この論文ほぼ日の記事がわかりやすい。

今回のシノギングは多摩川の流域を歩いてみたんだなと思ったのです。
流域でつながっているんだなと。

都内に住んでいると自然を忘れがちになってしまいます。
川はコンクリートに囲まれて、排水溝にしか見えないんです。
暗渠になっているところは、完全に下水溝と同じではないかと。

自然を大事にしたらいいのにという思いは強かったんだけど、川を一度人間が管理してしまったら、最後まで管理しなければならないものになっているんだなと。
だって、稲作が始まった弥生時代からずっと水害と戦ってきた歴史があると思うんですよね。

大人も子供も安全で自由に楽しく遊べて、治水もされている川って、どんな川だろう?

流域思考ということを改めて考えさせられてシノギングでした。

この言葉も最後に紹介。

「災害」は、人間の都合で生み出された言葉であり、
私たちが愛してやまない、自然現象の一種なのです。
日々暮らす日本列島。この美しい舞台が、
何億年もの地球の歴史のなかで育まれてきた歴史に目を向けること。
成り立ちをもっと知りたいと興味をもつこと。
これから先、どんなエネルギをもちうるのか、想像力を働かせること。
これらの営みこそが、防災への第一歩なのです。

別冊ランドネ アウトドアで防災BOOK

動画もちょっと作ってみました。

ありがとうございました。

シノギングの三種の神器であるクナイツユハラヒをお試しさせていただきました。ちなみにもうひとつの神器はハンモック

シノギング・イベントの良さのひとつは、アクシーズクインの製品を現場で試させてもらえることです。

どちらも便利だったな。欲しいものリストに追加です。

森勝さんのロープワークの復習用の動画はこちら

本家のアクシーズクインさんによる地図読みシノギングのレポートはこちら

シノギングなどの情報はアクシーズクインさんのブログを。
来月はさらにお泊まりシノギングでシノギの技術をアップします。


カテゴリー
読書会

もしもお金を使うことで人が幸せになるならば

happy money研究家、上田夫妻です。

happy money読書会 エクストリーム開催。全5回完結しました。
参加してくれた皆様、お疲れ様でした。ありがとうございました。

happy money 読書会

第5回のテーマは「お金の流れ」。
あなたはお金を川のような流れだと感じたことはありますか?
お金が入ってきては出ていく。
英語だとキャッシュ・フローといいますが、お金は流れているんです。

不思議と貯金通帳を眺めていると、貯まる一方だとか、減る一方だとか感じることもあります。
貯金はストックと呼ばれるもので湖や池のようなもの。
水が入っていく流れがあって、出ていく流れがあるのです。

会社員の人はわかりやすいです。お給料としてお金が入ってきます。
自営業者の人は、お客様からいただくお金です。
子供にとっては、おこずかいです。

出ていくお金でわかりやすいのは、生活費ですね。
スーパーで買い物したり、家賃を払ったり、光熱費を払ったり。
お茶をしてもお金を払います。

お金は日々の生活の中で、入ってきたり、出ていったりしています。

お金を流れとして見てみると、また違ったものが見えてきます。
自分がお金になったイメージで、happy money とunhappy moneyの違いを感じてみました。

zoomでも動いてますね(笑)

happy moneyは人を幸せにしながら、あちこちの家にもらわれていきます。
お金が動くだけで、幸せが増えていくのです。
つまりお金の量は変わらないんだけど、幸せの量は増えていくのです。

unhappy moneyはその逆ですね。
お金が動くたびに人を不幸にしていく。
お金が動けば動くほど人類は不幸になっていく。

これが景気というものなのかもしれません。
どんな感情でお金をもらったり、払ったりするかで、人の気分が変わり、社会の気分が変わるのです。

人がお金を扱う時の感情に意識的になり、自覚してにお金を使うことで世の中は変わるかもしれない。

もちろんhappy moneyを意識したら、よりよい社会になるんじゃないかとイメージできました。

途中でペット紹介に。ワンちゃんネコちゃんもhappyです。

僕が使うお金は、人を笑顔にするもの。僕もいただくお金は、人を笑顔にするもの。

迷信のようなものだと感じる人もいるでしょう。
科学的でないという人もいるでしょう。
それはそれでいいのです。

心がけひとつで変わることもあるのです。
少なくとも心は変わっていくのです。
心が変われば見えている世界も変わるのです。

happy money が循環している世界は美しい。

大きなビジョンが見えました。

そして、実際にコツコツを僕が行動してみようと思ったことは、毎日「ありがとう」を100回唱えてみるということ。

こういう話は眉唾物だなと馬鹿にしていたんだけど、自分がやっていないことだからこそ、やってみることに価値があるんじゃないかなと思っています。

心が穏やかになる気がしています。
そして懐かしい人たちを思い出します。
あの時に助かったよなぁとか、色々あったけれど感謝していたんだなぁとか、あんなこともあったなぁとか、久々に思い出した人だなぁとか懐かしい気持ちでいっぱいになったりしています。

happy money読書会のお陰で感謝することができました。
エクストリーム開催皆勤賞のゆきちゃん、わんぴ、Aみか。ありがとうございました。

エクストリーム開催のレポートはこちら
第1回 happy money と unhappy money
第2回 あなたにとってのお金
第3回 あなたのお金のタイプ
第4回 お金と感情
第5回 お金の流れ

これは僕自身の気づきを書いてありますので、参加者さんらはまた別の気づきがやってきています。
それぞれがそれぞれの学びが起きるのもこの読書会の醍醐味です。

ご参加ありがとうございました!

happy money 良い本です。著者の本田健さん、ありがとうございます。
そして読書会のフォーマットを作ってくれたアイウエオフィスの方々に感謝です。

読書会を開催しています。興味がある方はこちらをご覧下さい。

Zoom読書会の詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoneyZoom.html

リアル読書会の詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoney.html

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


カテゴリー
読書会

お金でだまされないように・・・@happy money読書会

happy money研究家の上田正敏です。

happy money読書会の第4回「お金と感情」を開催。

happy moneyのテーマのひとつが、お金はエネルギーであるということ。
そして、感情もエネルギーです。
英語でemotion、e-motion、energy-motionなのです。

お金が入ってくる時、出ていく時という流れを意識するとエネルギーということが理解しやすいかもしれません。

お金が入ってくる時、出ていく時に、どんな感情を感じるのか。
大きく分けて感情には3つあります。
ポジティブな感情、感じないという感情、ネガティブな感情があります。
「+」「0」「−」です。
例えば「嬉しい」「感じない」「悲しい」という感情ですね。

お金と感情はつながりやすい性質があります。

感情が動くということは、思い込みもできるということです。

例えば、嬉しい感情を感じる場合に、お金は喜びを運んできてくれるものだという思い込みができることがあります。

悲しいという感情を感じる場合に、お金を使うたびに嫌な気持ちにやるので、なるべく関わりたくないという思い込みができるかもしれません。

何も感じないという場合には、何事もがまんをしなければならないという思い込みがあるかもしれません。

感情と思考は密接な関係があるのです。それによって行動や振る舞いとして現れてくるのです。

お金に対して不健全な態度でいるのか、健全な態度でいるのかで、お金に対しての態度が決まってくるのです。

「お金は〇〇。」とか「お金を〇〇。」とかの〇〇の中に入るのが思い込みです。

今回の読書会ででてきた僕の思い込みは

お金でだまされないようにしなければならい。

ということ。なぜなら、ネガティブな感情を感じたくないから。
お金で悲しみたくないから、だまされないようしている自分がいることに気づきました。

お金でだまされないということは、自分が損をしてはならないということ。
そして、だまされないために、人を疑わなければならないと思っていることです。
これ意識してやっている場合もあれば、無意識でやっている場合もあります。
僕のこの場合は、無意識にやっているものでした。

だまされないために何をすればいいのか?

お金を使わなければ、だまされないという法則が自分の中にあったのです。

なんて、無駄なエネルギーを使っていたのか・・・・・

もしも無駄なエネルギーを使わなくなれば・・・・・

感情を解放しないと自分を見つめるの苦しいですね。
感情を解放するワークを入れた方がいいなと次回への課題になりました。
僕自身の経験では、感情を開放するのが当たり前になっていたので、改めて自分のことを見つめるには感情解放と他者がいることが大事なことだと再認識しました。

お金がインプットする時、アウトプットする時に、どんな感情を感じて、どんな思考を考えているのか、そして自分がどんな行動や振る舞いをしているかをモニタリングしようと決めました。

つまり、お金の出し入れをする時に、意識的いるということです。

happy moneyなのかunhappy moneyなのか意図的に出し入れしようと思います。

また新しい気づきが起きそうです。

お金と感情というテーマでしたが、自分の感情は選べるのだと思いました。

知らず知らずに翻弄されていた頃は、自動的にネガティブなイメージを持っていたのだと思いました。
お金はニュートラルで、自分のエネルギーを乗せる入れ物のような感じがしました。
自分がどんなエネルギーを乗せるかで、色々と変わるものなのだと思いました。

自分が欲しい豊かさを生きるためには、どのくらいのお金が必要なのかを考えることは、
お金を積極的に自分の味方につけるために必要なことのような感じがしました。

なるようにしかならないとか、どうなるかはわからないとか、捕らぬ狸の皮算用とか、思っていたこともありましたが、しっかりと見てつかみに行こうと今思えることも、今まで無関心タイプだった私からすると、随分と変化、進歩があったと感じています。

お金の正体はまだ掴み切れてないのかもしれないけれど、随分と見えてきたものがあって、得体の知れない怖さみたいなものは無くなりました。仲良くできるかは自分次第というか、仲良くできる気がしてきたことに感謝です。

ゆきさん 女性 南米ブラジル

来週ですべてのテーマが終わる予定。
お金に対する理解がどれくらい深まるのか、お金周りがどのように変わるのか。
とても楽しみにしています。

Zoom読書会の詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoneyZoom.html

リアル読書会の詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoney.html

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


カテゴリー
つぶやき

ラグビーワールドカップ

2019年にラグビー・ワールドカップが開催されている。
近所の東京スタジアムで試合をやっていたり、調布駅ではパブリックビューイングがやっていたりで盛り上がっている。

ラグビーは20年ぶりくらいにみる気がしている。
早明戦とか学生ラグビーが人気であり、神戸製鋼が連覇しているとかそんな時代。
花園にも見に行って、体と体がぶつかる音がリアルであり、平尾が近くにいたことを覚えている。カッコ良かったなぁ。

久々にラグビーを見て思ったことは、面白いのだ。

昔は、ボールに人が集まって団子になり、ボールを蹴っている。
そんなイメージだっただったの。

別物のスポーツなのかと思うくらいに試合は止まらないし、展開も速いし、選手の肉体が鍛え上げられて大きくなっている。

何よりもラガーマンって紳士であり、敵味方が協力して試合を作っている感が強い。

サッカーってズルをしても良いスポーツみたいなところがあるけれど、ラグビーは正直であることが求められるというところが面白いですね。
同じフットボールなのに。

ラグビーって伝統的なものだけれど、日々進化しているのですね。
ルールも変わり、選手も変わり、戦術も変わり、環境や科学的理論も変わっていくのである。

ついつい同じことをやっていると飽きてくるのである。

現状維持って現状を維持できなくて辞めてしまうことも多いのだ。
だから創意工夫をして続けるエネルギーを注ぐことも大事なことである。
続けることで、面白くなっていくことがある。

もちろん飽きたから新しいことをやることも良い。
何をやろうとも今の自分は今までの経験値の集大成であるから。
自分自身からは逃れられないのだ。

日本は初の決勝トーナメント進出の快挙。
そして南アメリカに敗れた。

でも、まだ試合は続く。準決勝、3位決定戦、決勝の4試合がある。
世界トップレベルの試合は見ていて面白い。

まだ終わらないW杯。

にわかファンを楽しめる。

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


カテゴリー
読書会

お金になってみた

happy money読書会<あなたにとってのお金>をリアル開催しました。

zoom開催もしていて、こちらは、自分の内面をシェアすることで学びが深まるります。
海外からも参加してくれる人がいるので、どこからでも参加できるのが良いですね。

今回のリアル開催は、リアルで会うからこそできることが出来たらいいな。
zoomよりも深くお金について理解できるようにしたいな思っています。

結果、対話だけでなく演じるという身体感覚も使った読書会になりました。

お金をキャラクターにして、自分とお金との関係性をみる。
お金を演じたり演じてもらったり、自分になったり自分を演じてもらったり・・・

何が現実で何が物語なのだろうか?

演じるって、嘘なんです。
この嘘をつけるところが人間が人間たるものにしています。
他の動物ではありえないのです。

そして、何が嘘で何が現実か区別できないのが脳の仕組みでもあります。

だから理想の未来をイメージすることも大切なことだったりするのです。
希望があることが生きる希望につながりますから。

演じることで、自分の内面に眠っていた言葉や行動がでてくる。
むしろ頭で考えていることよりも、演じる方が自分の無意識がでてくる。

キネシオロジーの技術を使って、自分にとって本当なのか嘘なのかチェックもしました。

僕の気づきは、お金って魔法のランプみたいなのです。
しかも、ぼんやりとした欲しいものを言っても魔法のランプは叶えてくれません。
レストランで注文をするように、具体的に頼まないと欲しいものをくれないのです。
お金って現実的なものなんですね。

そして、お金は楽しそうなところにやってくる。
お金そのものも持てなすくらいに歓迎することが大切なのです。
お金と人気は同じようなものなんですね。

いやぁ、お金って本当にいいですね。

感想をいただきました。

読書会に参加して気づいた事は、今まで私はお金を自由に使う、使いたいと思っていましたが、お金の立場に立ってみるとお金は使われたいなんて思って無い事が分かりました。

使われるより楽しく有りたい。お金と楽しく過ごした結果、何か誰かの役に立てたら最高なのだと思いました。私がお金なら毎日楽しく過ごしている人の所に行くのでそうしようと思いました。

そのために必要なのは自分の考え方であり、お金をかけずに取り組める事でした。

happy moneyの理解が深まりました。ありがとうございました。

Ktea 女性 群馬県

リアル開催2回目参加。
面白かった!
お金さま(お金の神様)も喜んでる!
これに尽きる。

リアル開催のライブ感ならでは、
今回の開催者たちならではの進行、
その場の参加者ならではの空気感、
全部があいまって
即興で、演劇ワークショップが組み込まれたおかげで
その場の誰もがお金さまの「気持ち」を体感できたのが
とても良かったです。

お金さまは私に(そしてあなたに)大事にされたがっているし
楽しみたがっているし、
私と、みんなと一緒に体験したがっている。

お金さまが喜ぶ使い方、
さらにいえばお金を使わなくても
お金さまが喜ぶことしてあげるといいんだな。

お金さまは、自分自身。
自分が、みんなが喜ぶことを選ぶ自分でいい。
そう思いました。

とっても良い回、とっても良い会でした。

カナさん 女性 東京

感想を読むだけでも気づきがえられそうです。
ありがとうございました。

リアル読書会(次回は11月14日)
他のスケジュールや詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoney.html

Zoom読書会のスケジュールや詳細はこちら
https://www.yoriyoku.com/HappyMoneyZoom.html

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com