カテゴリー
ナチュラルメディカル

予防医療をするには科学的な知識から@ナチュラルメディカルカレッジ

週末はナチュラルメディカルカレッジ。

予防医療の観点から患者さんに寄り添うことができるセラピストを育ている教育機関です。

カイロプラクティックを源流に持ち、医師・歯科医をはじめ、針灸指圧マッサージ、柔道整復師、理学療法士の国家資格の知識も学び、代替医療やホリスティック医療の知識も学んでいます。

こういった知識も大事なのですが、クライアントさんたちと向き合える姿勢を学ぶことも大事なのです。

自分がしたい施術をするのではなく、クライアントさんに必要なサービスを提供するのです。

 

ただし、痛みをとってくれという時には細心の注意を払わなければなりません。

なぜなら、痛みはメッセージだから。

そのメッセージは様々ですが、ほっておくと、体が壊れたり、心が壊れたりして、時には取り返しがつかない状態になることもあるのです。

痛みはとれるのは当たり前。

その先にあるものにアプローチする。

これを大事にしているのがナチュラルメディカル。

もちろん、クライアントさんの人生が幸せであることが一番大事なことです。

生活の質(QOL)を上げることが大事なことですから。

 

プロセラピストの上田正敏です。

「予防医療って、よくわからない。」ということをよく言われます。

改めて自分で考えてみるとよくわからない。

医療関係者にとっては、予防医療を推進するということは、自分たちの職業がなくなるということで、推進されても困るもんではないかと思ってしまいます。

そして、究極の予防医療は医療ではないのではないかとさえ思えてくるのです。

歯医者さんはエステのようになることが予防医療かといえば、そんなようにも思えないのです。

 

ナチュラルメディカルの予防医療は2つ。

ひとつは、痛みはメッセージということ。

その先に病気になる可能性があるのならば、その原因は取り除くということ。

病気は、遺伝・体質・生活習慣によって作られています。

現在の状態を改善するのはセラピストの仕事、生活習慣を改善するのはクライアントの仕事です。

セラピストは、癒し人であり教育者でもある必要があります。

そのために細心の科学的な知識をバージョンアップしていく必要があります。

 

もうひとつは、クライアントさんが未来に希望を持つことです。

笑顔になるような目標を持つことで自然治癒力が高まります。

病気に焦点をあてるのではなく、どのように生きるかということが大切なのです。

この2つが予防医療なのです。

 

セラピストとして技術を磨くということ。

教育者としてクライアントさんの生きる目的を見つけること。

ヒーラーであり、エデュケーターであり、クリエイターである必要があります。

 

この週末のナチュラルメディカルカレッジでは、学長である下條先生が担当でした。

技術は18万人も人を見ているだけあって芸術的です。

カレッジの生徒さんたちをを見ていても、実際に他人の体に触れている人の技術は上手くなっています。

経験値を重ねれば重ねるほど上手くなっていきます。

この技術力は、ある程度までいけば、ほぼ誰もが同じレベルになると言っても過言ではありません。

 

下條先生が何がすごいかといえば、診断と治療計画です。

クライアントさんと向き合い情報をとっていく。

その情報量の多さと正確な判断力は見事としかいいようがない。

見えている世界が違うのです。

 

そして、どのように施術を組み立てていくのか。

1回の施術はもちろん、どの程度通えるかでその人へのアプローチを決めていく。

わからないことがあれば、専門家へのアドバイスをもらって判断していくのです。

お医者さんたちに相談を受けている姿は不思議な感じがしますね。

 

技術は体力とも比例をしますが、この見立ては積み重ねなので追いつける気がしません。

いや、追いつけると思っている自分もなんですが(笑)

そもそも専門分野が違うような気もするが夢は大きく。

 

カレッジの様子はこんな感じ。

ナチュラルメディカルカレッジ

実学として解剖学を学んだり、

ナチュラルメディカルカレッジ

静かにクラニオセイクラルバランスを学んだり、

僕もホルモンについてワークショップ形式で教えました。

ホルモン情報伝達と神経情報伝達の差が、感情か理性か、潜在意識か意識かにつながっているのです。

手紙と電子メールのような差があるんだけど、これが人間らしさを作っていると言ってもいいですね。

さらに内胚葉と外胚葉の差でもあるし、発生学への興味も尽きないですね。

 

こういう症状にはこういう施術というのを覚えても無意味。

その奥にある原理を知っているからこそ応用が効くのです。

だって臨床現場って例外だらけで、ひたすら自分で考える必要があるから。

人間はビッグデータとして脳内で記憶していないのです。

ひたすら考えるから生きているデータができあがるのです。

オブジェクト指向だな、これは。

 

いつも現場で教えていると自分が気づくことが多く、知的好奇心が満たされて、良い授業になるのです。

いつでも学びは素晴らしいです。

 

来週は新潟に全国から医療関係者が集まるナチュラルメディカルの学会があります。

新たな刺激が楽しみです。

秋からはまた新しいカレッジもね。

それと新しい講座も作らないと・・・

■ナチュラルメディカルカレッジ
大阪8月生、東京9月生募集中
http://www.naturalmedical.org

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:7月30日(土)31日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


カテゴリー
ライフワーク 好きを仕事に

意識をどこまで広げるのか?

月曜日にも量子キネシオロジーの補講を行いました。

参加者のテーマによって話す内容が変わります。

なぜならセラピーって例外だらけだから。

心を扱う仕事をしているカウンセラー、コーチ、セラピストをはじめ医療関係者はわかるのではないでしょうか。

 

プロセラピストの上田正敏です。

量子キネシオロジーというタイトルで開催したのですが、

  • 意識をどう使うのか?
  • 意識をどれだけ広げるのか?
  • 見えない心の世界をどう見るのか?

という精神性が深い講座になりました。

 

理学療法士をはじめ柔道整復師、鍼灸師、ボディワーカーな方々も意識の持ち方を変えるだけで結果は変わるのです。

スポーツの世界ではメンタルが大事というのは当たり前になっているのですが、何事もメンタルは大事です。

もちろん、そのメンタルを使うためのフィジカルも大事なことでもあるのです。

体は心のあり方を表現するために存在しています。

メンタルの部分・・・意識を変えるだけで体の動きは変わります。

ボディセラピストの人たちには、驚かれることも多いですね。

施術の結果が変わってしまうのです。

つまりクライアントさんに喜ばれることが多くなります。

 

さらには自分のライフワークも明確になっていくというオマケもついてきます。

 

同じ世界を見ているようで、人それぞれ別の世界を見ています。

脳内で作られた世界を認知しているだけなのです。

自分が見たい世界を見ているだけです。

その視点を限りなくニュートラルに近づけることができれば。

気づくことが多くなります。

 

人に伝えることでフィードバックをいただき、さらに自分の理解が深まるという。

また企画します。

心のことを学ぶ半年間のクラスとか企画したいな。

体・心・魂・環境・食事・・・ホリスティックな心理セラピストを育てようと思い始めています。

 

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:7月30日(土)31日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm


カテゴリー
ナチュラルメディカル プロのセラピストになるために ライフワーク 深層心理学 講座

哲学と理論を中心に話した@量子キネシオロジー講座

週末は量子キネシオロジー講座開催しました。

ずっとキネシオロジーを教えているし、ワークショップの手法をずっと研究してきて参加したり実習が多い講座のスタイルなんですが、今回は話してばかりのセミナーになりました。

いわゆる講座です。

技術の裏にある理論や哲学。

そんな話をずっとしていました。

時にはデモをして実践をしながら解説をしたりして。

キネシオロジーというよりもセラピーとかヒーリングの講座というよりも、人間の体や心の仕組みをずっと話していました。

 

実習そのものは2日間のうち最後の2時間だけという。

もちろんナチュラルメディカルカレッジを受講者さんで、実際の医療現場や施術院で働いている人たち。

学校を卒業しても学び続ける志が高い専門家に伝えていたからでしょうか。

話すことが伝わっている感じがするのです。

気づけば普段はあまり話してこなかった奥義のようなことを話ししていました。

 

キネシオロジーが僕のベースになっていますが、他のセラピーはもちろん様々なことを体験しながら学んでいます。

どうしても同じ技術だとクセがでてきてしまうのです。

人間の癖だけでなく技術にも癖があるのです。

そうなると肝心な本質をぼやかしてしまうことが起きるのです。

僕の興味は1つ。

人間の本質が知りたいということ。

他者を知り己を知ることがしたいのです。

だからこそ、潜在意識や無意識の世界を探求しているのです。

 

みんな相手のことを知りたいのですね。そして自分も。

目に見える現象から目に見えない真実を見る方法を話していました。

当たり前のように使っている技術が体系化されました。

当たり前すぎて、あえて話をしていなかったこと。

みんな実はそれが知りたかった(笑)

面白いものです。

 

その人の価値観は言葉に表れているし、本音は体に表れています。

僕は普通にそれを聞いたり見たりしているだけ。

みんなとは違う視点で物事を聞いているし、見ていることがわかりました。

つまり見えている世界が違うということ。

全体に気づいていること。

 

この境地に行くには自分をたくさん見つめることが必要になりますが、一旦は垣間見れますし、わかる人にはわかるようになります。

どこまで深く気づいていたいかということだけ。

 

人によって見えている世界が違うのです。

その世界観を磨いていくことが専門家になるということなんですね。

 

新しい境地を発見できたのは参加者の皆様のおかげです。

講座も共犯者なんですね。

参加者も講座の質を高めてくれます。

有難し。

 

医療関係者を中心にプロとして活躍をする、またはしたい人たちに伝えるという覚悟を決めました。

実践練習の時にそのブロックを外しました。

まさか、初めて付き合った人との別れ方が、僕の遠慮につながっていたなんて・・・

人間の心理は何がどうつながっているかわかりません。

カオス理論のようです。

そして解決策も何が最適なのかはわかりません。

意外なことが解決策につながっているものです。

これはセッションを受けた人の醍醐味ですね。

なかなか自分だけで気づくことは難しいのです。

 

なにか生まれ変わった感じです。

ありがとうございました。

 

■好きを仕事にソース・ ワークショップ
発見編:7月30日(土)31日(日)
活用編:8月13日(土)14日(日)
http://www.yoriyoku.com/source

■個人セッション
心と体を統合することで過去が変わり今が変わり未来が変わります
http://homepage2.nifty.com/f-style/session.htm

■ライフチェンジ・プログラム
よりよい人生を歩みたい方へ!
http://homepage2.nifty.com/f-style/lifechangeprogram.htm