好きなことをするって思っている以上に難しいのかもしれない。


昨日のブログ(いつもと違うことをやってみよう)に、コメントをいただきました。




本当にやりたいことやってみます。
やりたくないことはわかった。言語化されない相手ニーズを察すること。
私が何かしないと時間が止まったかのように感じる時間に耐えられなくて何かし始めてしまう。
その時に自分のやりたいことをやるのがキモ。何かしてるとついでついで、と色々流れ込んでくるものに対応しないのか、拒絶するのか、笑顔で流すのか、どのくらいなら笑顔で流せるのか、その辺の修行がまだ甘いらしい。
でも、たまにキレるのもありでそれで気づきがあって関係性が育って行く、というものなんだろうなぁ、と。
育てたいなら微々たる変化に気づいて喜ぶことを繰り返す。微々たる変化に耐えられないなら休むか、逃げるか、やめるか。




とても混乱していますね。




幼い頃から周りの期待に応えるために、頑張ってきたのだと思います。




そして、今現在、問題を解決することにまじめに取り組んでいることがわかります。







僕は自分が心理セラピストモードになった時に言葉に敏感になります。




人間は言葉で出来ていると言っても過言ではないくらいに言葉で世界を認識しています。




ホモ・サピエンスが生き残ったのは認知革命があったからという説もあるくらいで、言葉で世界を認知しています。それは虚実どちらもあるのです。







答えはシンプルなのです。




好きなことをする。やりたいことをする。




これ以外に答えはありません。







でも、その後にいろんな言葉が出てくる。




ここに本当の問題が隠れているのです。




自分でさえも忘れてしまっている問題が・・・







好きなことをしようとすると、あれもしなきゃいけない、これもしなきゃいけない、それもしなきゃいけない、と様々な思考が出てくる時は、頭の中はパニック状態になっていると考えてください。




あれも考えなきゃ、これも考えなきゃと思ってしまうのも同じです。




あれやこれや出来ない理由がでてくるのも同じようなことです。




関係ないことをやりはじめることも同じです。







これらが自分が好きなことややりたいことをやるのが難しくなっている理由です。







頭である思考だけでは解決できない問題があるのです。




それは感情です。




ブログの文字で思考的な部分は解決することは可能ですが、その奥にある感情の問題まで僕は文字で解決することは出来ません。




どうしてもセラピーの技術が必要になります。




メンタルケアをするために多くの技術を学びましたが、思考で解決できる問題は少ないのです。




感情や無意識にアプローチすることで、メンタルの問題は解決に向かいます。




科学的にはわからないことだらけの分野だからこそ、僕の興味関心がブレないのかもしれません。







メンタルの問題は病気レベルにまで進んでしまうと解決するのに時間がかかるようになります。




そうなると時間だけでなく莫大なエネルギーやお金までも使うことになってしまいます。




何より好きなことややりたいことまで出来なくなりますからね。







好きなことをする、やりたいことをするってメンタルケアの最高の薬です。




幸せになる脳内物質もでますので、自分が自分のお医者さんになるのです。







好きなこと、やりたいことができない、そんな段階で相談をしてくれたらいいなと思っています。




そのために個人セッションやワークショップを開催していますから。







ちょっとしたことでも相談して下さい。
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


いつもと違うことをやってみよう!


昨日のブログ(好きなことやればいいんだよ)を書いたら次のようなコメントをいただきました。




寝たい時は洗濯物ほさないで寝なさい?やっちゃったけど。




そういうことです。




嫌いなことをやったら好きなことをしていいという思い込みを外した行動ですね。




さらに




今日はもう疲れちゃったから私の食べたいもの出してよ!とか言ってみる?
それは言えないから、下のこと2人で買って来て食べるからそちら2人は良しなに、と連絡してしまったよ。
なんかこれはちょっと違うか!?
でも、私の食べたいもの出してよーとか言ってみたい。




という質問をいただきました。




これは2つのことが同時に書いてあるのでわかりやすいように2つに分けます。




今日はもう疲れちゃったから私の食べたいもの出してよ!とか言ってみる?
それは言えないから、下のこと2人で買って来て食べるからそちら2人は良しなに、と連絡してしまったよ。
なんかこれはちょっと違うか!?




まずは前半部。これも「好きなことをやればいい」とは違うことです。




疲れたからご飯を作りたくなかった。それを宣言しただけ。




自己主張ができたということは素晴らしいです。







ただ、この文章を深読みしていくと大きな我慢が隠れているように見えます。




ご飯を作りたくなかったら、家族分のご飯を買ってきても良かったということ。




「そちら2人は良しなに」という言葉に敵意を感じるのです。




きっと本当に言いたいことは何かあるのでしょう。







で、後半部




でも、私の食べたいもの出してよーとか言ってみたい。




これが本当に伝えたい本音ですね。




「いつもいつも家族のためにご飯なんか作りたくないんだ。たまには私の食べたいものを作ってよ。」という悲痛な叫びを感じます。




義務感としてやらされることって、メンタルが削られていきます。




でも、その義務感を背負っているのは誰?ということになっていきます。







嫌なことを辞めて好きなことをするの法則とは違うのです。




家事を辞めて、やりたいことは何ですか?




ということになります。




そのやりたいことを、まずはやろうということなんです。







この法則とは関係なく、自己主張は大切だということ。




私の食べたいもの出してよーとか言ってみたい。




これ言うまで誰もわかってくれません。




もし、わかっていても知らないふりをするでしょう。




自分の欲求を相手に言葉にして伝えなければ、いつまでたっても同じ状態が続きます。




成熟した大人だったら、話し合うことが大切になります。




そして、相手から本当に欲しいものが何かを自分で掘り下げる必要があります。




それがズレていると、相手にして欲しいと言って、やってくれたとしても満足感は得られません。




でも、まずはやってみなければ、それが本当に欲しいものかもわからないというのが実情です。




それがきちんと対話をするということです。







会話でなく対話という言葉を使うのは、前提条件もはっきりさせるということです。




例えば、「家事は女性がするものだ」という価値観が前提な人と「家事は夫婦で分担するものだ」という価値観が前提な人では、話が噛み合わせに場合があるからです。




以前にパートナーシップカウンセリングで両者の間に入って話を聞いたことがあるのですが、第三者が入ることでこの前提が浮き彫りになることもあるのです。




その時にはパートナー同士で目からウロコが落ちたという感想をいただきました。




話が噛み合わない場合は、ふたりが自分の世界からしか話をしないので、伝わらないで徒労に終わることがあるのです。







まずは、自分の望みを声に出して言ってみたらいいのです。




場合によっては家族のバランスが大きく崩れることがあるかもしれません。




それは時間の問題なので、遅かれ早かれ起きることが起きるだけですから。




自分の中の核となる価値観を守るのか手放すのかも自由です。







価値観が違う時には、どちらかがどちらかに従うような勝った負けたという話になりがちなのですが、成熟した大人はどちらも満足するような第三の解決方法を見つけることが大切になります。




まずは、自分の思いを正直に伝えることが大事ですね。







いつもと同じことをしていたら、いつもと同じ毎日が続きます。




今日をいつもとは違う日にしたいなら、いつもとは違う行動や言葉を選択することが大切です。




自分を見つめ思い込みから自由になるために
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


好きなことやればいいんだよ。


昨日のブログ(努力って難しい言葉だよね)を書いたら、こんなコメントをいただきました。




やりたいことをやるために必要なことを努力する、というのと、やなこと努力してたらいいことがある、というのを間違えないようにしないと。




これはいらない努力です。







さて、どこが問題でしょうか?







やりたいことをやるために必要なことを努力する




この部分です。




これって一見、良いような感じがするんです。




美談にもなりやすい。




やることをやるために、事前にやるべきことをやる。




と翻訳できるのです。







やるべきをやっているうちに、やりたいことができなくなるのです。




時間には限りがありますから、やるべきことをやっているうちに1日が終わってしまいます。




それが毎日続くことになるのです。







答えは簡単なことなんです。




やりたいことをやる。




以上。







数学的に書くなら・・・




やりたいことをやる>>>>>やりたいことをやるために必要なことを努力する>やなこと努力してたらいいことがある




くらいの差があります。




やりたいことだけに努力をしたらいいのです。







こういうことを書くと




「やらなければならないことをやらないとできないんです。」




という反論をいただきますが、そんな時には「それでもいいですよ」と答えてしまうことがあります。




それでは身も蓋もないので、




やりたいことをやっていれば、やりたいことにまつわるやらなければいけないこともやるようになるし、やりたいことをやっているので満足度が高い人生になるし、やりたくないことがやりたいことになるかもしれないよ」と伝えます。







やりたいことをする。







これ以上にシンプルにできないんじゃないかなぁ。







それができない時には、自分自身を見つめるといいかもしれませんよ。




自分を見つめ思い込みから自由になるために
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


努力って難しい言葉だよね


努力って2つの意味で使われている言葉




・エネルギーや情熱を注ぐ
・嫌なことをがまんしてやる




前者の意味の努力はとても大切。




後者が問題なのだ。







子供の頃に、努力しなさいと親に言われることは後者だ。




「嫌なことかもしれないけれど、がまんしてやりなさい。
 それが将来のあなたの幸せにつながるから。」




だいたいこんな意味で使われていることが多いかと思います。




自分が親の立場でも、子供のことを心配して、努力を促すことがある。







これが呪いのようになってしまうことがあるのです。




自分を縛る足かせになってしまうことがあるのです。




嫌なことを頑張ってやらないと受け入れられないと思ってしまうことがあるのです。




それで、ずっと嫌なことを頑張り続けて大人になり、大人になっても努力して頑張り続けてしまうことがあるのです。







これは無意識にやっていることであったり、良かれと思ってやっていることだったりすると、辞められない、止まらない状態になっています。







この努力をしていると人生がハードモードになります。







「僕が好きなことをやりなさい」と強くいいたいのは、後者である嫌なことをする努力を辞めて、前者である好きなことにエネルギーや情熱を注ぐことに変えたいという思いがあるから。




人は好きなことならがんばらなくても、エネルギーや情熱を注ぐことができるのです。







勉強が好きな人は勉強を頑張ったらいいんだけど、勉強が嫌いな人は頑張らなくてもいいと僕は思います。




勉強がそんなに嫌いなら勉強以外に好きなことがあるはずなんです。







勉強嫌いにしている教育が悪いのかもしれないけれど、それを変えるのは時間もお金も情熱も行動もかなり必要です。




社会を変えないといけないからね。







自分が好きなことを見つけて、やり続ければいいのです。




それが純粋な努力をする方法です。




将来が心配だって?




誰も未来がどうなるかわかりません。




自分がやっていることが将来に役立つことかもしれないし、役立たないことかもしれません。




でも、それって社会的な評価でしょ。




自分が好きなことをして、幸せだったらそれでいいのではないでしょうか。




物事はシンプルです。







好きなことを毎日10年続けていたら食えるくらいになると言っている人もいます。




それだけ努力ができることは、自分に何かをもたらしてくれるということです。




特に今の日本は多様性を受け入れる文化もあり豊かであり自由がありチャンスもあります。







思い込みの枠を外して、自分が好きなことに努力をしようぜ。







努力から解放されたい人は
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


ネガティブな自分からの脱出方法


僕は、ポジティブな人だと思われがちです。




そうでもないんです。ネガティブな側面も持っています。




これ人間だったら当たり前のことなのです。







心理セラピスト上田正敏です。




ポジティブだけの人、ネガティブだけの人っていないのです。




ポジティブはプラス、ネガティブはマイナスと表現しますが、プラスとマイナスを合わせるとゼロになります。




人は本来ニュートラルであり、時にポジティブになったりネガティブになったりするのです。




まるで波のような性質を持っています。







さらに踏み込んでいうと、ポジティブもネガティブも同時に持っているのが人間です。




ポジティブしか感じられない人、ネガティブしか感じられない人は、自分や周りの人たちが悪い影響を与えている時が多いです。




つまり不健全な状態なのです。







ネガティブな人は、周りにネガティブな影響をまき散らしている場合があります。




自分だけでなく周りの人までネガティブにしていく人たち。




これはわかりやすい。




また、ネガティブでいることで、周りから気を使ってもらったり元気付けてもらえるから、そのポジションから抜けない人もいます。







ポジティブな人は、周りの人がネガティブになってしまうこともあります。




元気な旦那さんの奥さんや子供達が不幸だという話は意外と多いのです。







ベストな状態は何かといえば、自分の中にあるネガティブな感情もポジティブな感情にも気づいていることなのです。




どちらも自分の中にあるのです。







さらには、ネガティブな感情は幻想であり、ポジティブな感情が本来の自分であるということです。




ネガティブな幻想を感じているだけで、本来はポジティブな存在なのが人間です。




これは本人の選択で変わります。




ネガティブであることを選ぶのか、ポジティブであることを選ぶのか。




選択するのかしないのかの問題です。







ネガティブな時には信じられないかもしれませんが、ネガティブな時はネガティブさを選択しているだけなんですよ。




選択しているということは、ポジティブな状態も選択できるということです。







この選択は訓練でできるようになります。




トレーニングで可能になるということです。




無意識で選択するのではなく、意識的に選択するのです。




これができるようになると生きるのが本当に楽になります。




感情をコントロールすることは可能です。いや正確にはコントロールは不可能か。




感情と上手に付き合うことはできるのです。




そのために思考と行動と意志をどう使うのかが大切になります。







これちゃんとプログラムとして提供しようかな。







お金のブロックを解放したい人はこちらに
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


折れない自信の作り方


自信をつけるというと何をしたらいいと思っていますか?




何かを成し遂げたら自信がつく。




そう思っていませんか?







プロセラピスト上田正敏です。




できなことができるようになる。




それで自信がつくのも事実です。




でもね、これって折れちゃうことがあるのです。




だって、できなくなるのと同時に自信まで失うことになるから。







最高の自分に自信を持つのは当たり前。




でもこれは折れる可能性があることを知っておいたほうがいい。







では、どういう自信をつけたらいいのかというと、




最低だと思っている自分を受け入れること。




その自分に自信を持つことです。







最低っていいんですよ。




上がるしかないんだから。




最高は落ちるだけですから。







ダメな自分を受け入れるということです。




このダメというのもやっかいなのです。




それは本当にダメなことなの?







ダメだというのも人との比較で生まれるもの。




誰かにダメだと決められたか、自分がダメだと決めたかのどちらかです。




誰かにダメだと言われたというのは、言われたことを自分が受け入れたということ。




自分で決めたこと、自分が受け入れたことは、変えることができます。




選びなおせばいいから。







良いところもダメなところも、個性のひとつでしかありません。




自分がダメだと思っていることにも可能性が眠っているのです。




ダメだと思っているから封印されているだけで、受け入れてしまえばそれは良いところに変わるということです。







折れない自信をつけるって、自分が決めるだけなので一瞬なのです。




それを強制して直そうとするから大変なんです。




ただ、受け入れるだけです。




反感や敵意を持ったり、あきらめたり、努力するのとは違うことです。







折れない自信とは最低の自分を受け入れて、それに誇りを持つことです。




それが本当の自信です。







お金のブロックを解放したい人はこちらに
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


お金が欲しいという人にお金が入らない理由


お金のブロックの話をします。




お金に対するブロックを持っている人は多いです。なぜなら、こんなに毎日利用しているのにも関わらず、ちゃんと教育を受けていないし、お金と感情って相互に影響を与えるものだからです。




個人セッションなどで、お金の感情ストレスを解放すると、様々な人生ドラマが浮かびあがってくるものです。




どれだけお金と密接な関係性を築いているかがわかります。







心理セラピスト上田正敏です。




「お金が欲しい」という人に限ってお金が稼げない法則があります。




そもそもお金が欲しいって何だ?ということです。




財布の中身である紙や金属が欲しいのか?
通帳の数字が増やしたいのか?




ということなのです。




お金ってそもそも交換ツールとして生まれたと言われています。




物々交換よりもお金を使ったほうが便利だからです。







お金が欲しいという裏にあるものは、何でしょうか?




それは物でしょうか?




それとも感情でしょうか?







欲しいものがあるというのは大事ですね。




学生時代は欲しいもののためにバイトしてお金を貯めて、欲しいものを買ったりしました。




僕は冬になればスキー場に居候をしてスキーをしていたので、夏場はスキー道具を買うためにバイトでお金を稼ぎました。




お金を稼ぐことで、スキー道具を買い、スキーをするという行為を手に入れるためです。




お金のブロックを考える場合には、さらにもう一歩考える必要があります。







スキーをすることで、どんな感情が手に入るかということです。




滑ることでの爽快感が欲しかったし、上達することによる達成感も欲しかったし、スキーに没頭していたかったという感情がありました。




何かを持つことや何かをすることで、どんな感情が欲しいかが大切になります。







もちろん、お金を持つことそのもので手に入れたい感情があります。




それはどんな感情でしょうか?




自信?安心?羨望?自由?権威?満足?







ただお金が欲しいというよりも、その先にある自分が欲しい、物、行動、感情に意識を向けることが大切です。




その欲しいものとお金を交換したいということですから。




お金が欲しいというのは幻想です。







ただお金が欲しいと言っていても手には入らないのです。




お金と交換したいものをハッキリさせることが大切です。







あなたが本当に欲しいのは何ですか?







お金のブロックを解放したい人はこちらに
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com


人を恨む時はメンタルが弱っている時


人はメンタルが弱っていると、おかしなことをする傾向があります。




まるで、いつもの自分とは違うような振る舞いをしてしまいます。




そのひとつが「恨み」です。







メンタルトレーナー上田正敏です。




「人から傷つけられた」ことに「恨み」を持つことがあります。




言われたことで、心が折れたりする時もあります。







本当に人は自分を傷つけることができるのでしょうか?




僕は、誰も自分の心を傷つけることはできないと考えています。




では、誰が傷つけるかといえば、自分自身です。




誰かの言葉が引き金となるだけで、自分自身で自分を傷つけるということをするのです。







本当はそうだとしても、人に傷つけられたと感じるのです。




感じるというのは幻想です。真実とは違うのです。







傷つくのは、相手に悪意もある場合もあれば、善意からの言葉でも傷つくことがあります。




その現実を創っているのは誰でしょうか?




もちろん自分自身です。







もしも「傷つけられた」「心が折られた」「いじめられた」「責められた」「罠にはめられた」と感じている時には、自分で自分を傷つけているのかもしれないと考えて下さい。




そして、そんな時にはメンタルが弱っているかもしれないと思って下さい。




もしも、メンタルが弱っているかもという時には、ちゃんと寝ているのか?ちゃんと食べているのか?ちゃんとお風呂に入っているのか?ちゃんと遊んでいるのか?をチェックしてみて下さい。




生活を整えるのが大切です。







僕も傷つけれたと感じた時がありました。




心の仕組みを理解しているので、表面的には相手を恨んでいましたが、自分のメンタルが弱っている可能性を疑っていました。




最近、自分の中で何かが変わった気がしたので、傷つけられたと感じている人に会いにいきました。




そして、あの時だったら傷つけられたと感じた場面と同じような場面が訪れたのです。




内心「来たーっ!」と心の中でガッツポーズをしてしまいました。




そして、実際に心が傷つくことはありませんでした。




相手の振る舞いは何も変わりません。




自分自身が変わることで感じ方が変わり、受け取り方が変わったのです。




そして、傷つけられたと感じていた言葉は、実際には愛がある表現だったということに気づいたのです。




その時には、感じ方が変わった喜びでいっぱいでした。




後になってから、じんわりと、自分の中で新たな答えが浮かんできたのです。







僕自身の影響力の小ささと感じていたために、自信を失くしていたということがわかりました。




その時に周りの人たちが「そんなことないよ」と言っていたこともわかったのです。




「なんでみんなそんなこと言うのだろう?」と不思議に思っていたのでした。




だって、影響力あるよと実際に起きていることを言っていてくれたから。







自信を失くしている時ってメンタルが弱っている時です。




それは自分の考えている方向性が違うよということなのです。




メンタルが弱っている最大の問題点は、自分自身を客観的に見れずに、ストレス反応からの行動しか起こせないので、健全な態度がとれないところにあります。




気づきさえすれば、あとはメンタルを整えればいいだけのことなのです。







自分で気づいたことは、自分で修正できます。




自分で気づけない時に、僕ら心理セラピストを活用してもらいたいのです。




思考、感情、行動にアプローチできる人を頼ることがオススメです。







自分の中のひとつの問題が解決して晴れ晴れとして気分です。




そして、愛されている自分を感じて、また新たなステージに自信を持って立ちたいとおもいます。




社会が僕に何を求めているのか?それを探求する1年になりそうです。




たくさんの種まきをしています。




すでに芽が出たもの、もう枯れちゃったものもありますが、種はまかなければ何も始まりません。




枯れたと思っているのも復活するかもしれないしね。







人を恨んでいる時には、自分のメンタルが弱っている時かもしれないと気づいているといいかもしれませんよ。




心の体も魂も整えて自分らしく生きるために!
■個人セッション
www.yoriyoku.com




好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com






Happy Birthday to me !


誕生日おめでとう!俺!




自分で自分を祝うこと。まずはそこから。




生まれてきたことに意味を与えよう!




俺は何をやりたいか?社会を俺に何を求めているか?




という難しい問いもありますが




無事、気楽、愉快を大切にしていきます。




まずは今夜は、レキシのライブだ!




レキシLive #GoPro




レキシのライk




シークレットゲストに三浦大地!レキシよりも歓声がすごかった(笑)




余韻が続きます。




けいちゃん!ありがとう!


めんどくさいと思った時にどうしたらいいのか?


最近、「めんどくさいなぁ」というつぶやくことが多くなった。




「こりゃいかん」と自分を観察していると、時間がかかること、手間がかかることをする時に、「めんどくさい」という言葉を言っていることに気づいた。




言葉というのは自分自身への魔法になるので、実際にどんな言葉を発しているのか、頭の中で何を言っているのかには最新の注意を払うことが大切です。




言葉通りの自分になっていってしまうから。







メンタルトレーナー上田正敏です。




言葉は自分の潜在意識そのものだと僕は思っています。




自分とはどんな人間なのかということが言葉に現れています。




言葉というものは呪いにもなれば、祝いにもなるものです。




身近な人をけなしていれば、けなされるにふさわしいであろう人になっていくし、人を褒めていれば褒めるにふさわしい人になっていきます。




そして何より、自分自身がそんな人になっていきます。







僕はセラピストという仕事柄、人が使う言葉には敏感です。




雑談であろうが相談であろうが、言葉を使って表現をするので、その言葉をよく観察しています。




もちろん自分の言葉にも気を配るようにしています。







「めんどくさいな」と思っている自分に気づけたら80%は問題解決です。




ほとんどの場合自分が話している言葉に無自覚なのが人間というものです。







残り20%はどうするのか?




それは、言葉を変えるということです。




僕は「めんどくさいな」と言った後に、「じっくりと時間をかける必要があるんだよ。」とか「ゆっくりでもいいんだよ。」と現実を言うようにしています。




なぜなら「めんどくさい」といっている時って、すぐに実現できたらいいと思っているだけだからなのです。




僕たちは魔法使いではありません。頭の中でイメージしたことが、すぐにこの現実に反映されるわけではないのです。







現実が変わるには時間がかかることは当たり前のことです。




思っただけですぐに実現することもありますが、そうでないこともあるのです。




僕の場合、思っただけで実現してしまうことが多い時に、なかなか実現しないことが混じってきます。




するとイライラしちゃうんですよね。




その中には、もしかしたら実現しないかもしれないという恐怖があるからです。




そんな自分を認めたくないという自分もいたりするのです。







「めんどくさい」と思った時には、「丁寧に時間をかけていいんだよ」と自分に言うようにしました。




叶った時の結果が楽しいのではなく、手に入れるまでのプロセスを楽しむことが大切なのです。




「大丈夫、余裕を持って行こうぜ」という安心感を自分にプレゼントしたいものです。







好きなことを仕事にするためのに、仕事を好きになるために!
■幸せの源泉を見つけるソース・ワークショップ
www.asobilife.com




自分らしく生きるために!
■個人セッション
www.yoriyoku.com