Nizi Projectに見るこれからのセッションの在り方

今更ながらにNiziプロジェクトにはまっています。
皆さんは、この動画を見ましたか?

アイドルのオーディション番組。いわゆるリアリティショーです。
世界に通用するアイドルグループを作るために、韓国の事務所がオーディションをする様子をおっかけている番組です。

僕はアイドルが好きなのではなく、その審査員であるJ.Y.Parkさんが好きなんです。

この番組は、マネージメントをする人たちは必見であり、対人支援をしている人たちにも超オススメです。

カウンセリングでもなく、コーチングでもなく、ファシリテーションでもなく、次世代の技術ではないかと注目しています。

J.Y.Parkさんが好き過ぎて、これからU.D.Markと名乗ろうかというくらい。
彼の言葉の使い方を研究しています。

J.Y.Parkさんの凄いところは

  • 言語化能力
  • 長所を褒める
  • 伸び代があるところを指摘する
  • オーディションを心から楽しんでいる
  • 自身もアーティストなので、ノリノリである
  • でも、経営者でもあるので、シビアな面も持っている
  • 相手に伝わる言葉を選んで話している
  • 前提条件をちゃんと言葉にして話している
  • フェアである
  • オーディションに来てくれる子達をイコールパートナーとして見ている

あー、こんなこと書いているくらいなら、もっと動画見たいよと思っている自分がいます。

一番凄いなと思うところは、やっぱり言語化能力です。

相手のパフォーマンスの良いところを伝えたり、発揮していない才能があるところを指摘したり、努力したポイントに気付いたり、相手の状態を把握したり、それを全部言葉にして伝えることができるのです。

ついつい、年を重ねてくると、相手の欠点を指摘して悦に入ったりしちゃうんです。

多分その欠点は直らないところだったりするのです。
相手はぐぅの音もでないんです。

これ意味ないんですよ。
いや、迷惑なんだよね。

もしも、いう必要があるならば、ちゃんと相手の関係性を築いてから言うべきなんです。

J.Y.Parkさんの場合は、ちゃんと褒めるんです。
相手を心から尊重しているのです。

前提条件として、誰もが人はそのままで美しいという考え方があるんです。

オーディションは、僕たちの目的にあっている人を選ぶだけということをちゃんと言葉にして伝えているのです。
選ばれなかった人は、今回は僕たちの目的とただ合わなかっただけだったというシンプルなことなんです。

J.Y.Parkさんそのものも何十年と活躍している現役アーティストだということも説得力があるのです。
彼でさえ、毎日フィジカルトレーニングを2時間、ヴォーカルトレーニングを30分しているという話がでてきました。
そんな努力をしているというのをちゃんと伝えているんですよね。

自分ができもしないことを言うのではなく、ただ自分がやってきたことを言葉にしているのです。

人間として惚れ惚れするわ。勝手に僕のメンターになってもらいました(笑)

この番組を見ていて2つの副作用がありました。

ひとつは、韓国への嫌悪感がなくなったこと。
僕自身は、ずっと自分を見つめることをしてきているので、思い込みが薄くなっています。
それでも、自分の中に醜いところがあることは自覚しています。
差別や偏見がないという人ほど危険なんです。気付いていないだけから。

嫌韓は、メディアの情報が知らず知らずのうちに、僕の中に根付いていて、差別意識があることに改めて気づきました。
なぜなら彼らのあり方を見ながら、好きになっていって、そうしたら嫌な部分がなくなっていったから。

近隣の人たちとは仲良くするしかないのです。
そのためにアートやエンターテイメントは役立つものだと確信しました。
芸術は必要だよ。人には。

もうひとつは、オーディションで生まれた彼女たちを好きになっていたこと。
彼女たちって、お互いを応援しあっているんですよね。
番組として人間の醜いところばかりを表現して最悪の結果が生まれたリアリティショーもありました。

もちろん、人間には美しいところと醜いところがあります。

それでもオーディションの構造や番組の演出で、人間の美しいところを表現することはできるのです。

みんな見た目も良ければ、性格も良いのです。
それが両立するところは可能なんですね。

ついつい昭和の視点からすると裏では嫉妬が渦巻いているんじゃないかと邪推してしまうんです(笑)

そして、女性って可愛いということがよりわかりました。

これこの子だちだけじゃないんです。
女性には可愛さがあるということがわかったんです。

もう出会う女性は、みんな可愛いんです。
それが目に入るようになったんですね。
造詣のみならず仕草とか声とか、その人なりの魅力があるんですね。

男性の仕事は女性の可愛さを引き出すことなんじゃないかと思うのです。
これを自覚すれば、世界は平和になるんじゃないかな。
女性がゴキゲンであれば、そのグループは平和だから。

これ今の僕の一押しです。

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
個人セッション
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください