対等性ということ

人と人は対等である。

これは人間だからこそ言える言葉です。
動物を見ていると、群れの動物は順列がありますから。
上下関係がハッキリとしているというこです。

人間界には不文律というものがあるのです。

年上は年下よりえらい。
男性は女性よりえらい。

特にこの2つは大きな思い込みを作っています。

その他にも、才能がある人がえらい、お金持ちのようがえらい、役職が高い方がえらい、権力を持っているほうがえらい、頭が良い方がえらい、お客様のほうがえらいとかね。

人は無意識にいれば、相手より上か下かを常に意識している存在ともいえます。

そんな時にふと1万円札のおじさんの言葉を思い出しました。引用します

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」と言えり。されば天より人を生ずるには、万人は万人みな同じ位にして、生まれながら貴賤きせん上下の差別なく、万物の霊たる身と心との働きをもって天地の間にあるよろずの物を資とり、もって衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨げをなさずしておのおの安楽にこの世を渡らしめ給うの趣意なり。されども今、広くこの人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、その有様雲と泥どろとの相違あるに似たるはなんぞや。その次第はなはだ明らかなり。『実語教じつごきょう』に、「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」とあり。されば賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとによりてできるものなり。また世の中にむずかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。そのむずかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分軽き人という。すべて心を用い、心配する仕事はむずかしくして、手足を用うる力役りきえきはやすし。ゆえに医者、学者、政府の役人、または大なる商売をする町人、あまたの奉公人を召し使う大百姓などは、身分重くして貴き者と言うべし。

学問のすすめ 福沢諭吉

改めて学問のすすめを読んでみると「人の上に人はいて、人の下に人もいるのが現実」となんとも言えない文章ですね。
人は生まれながらに平等なのかもしれないけれど、実際の世の中を生きる上で学問をしてえらくなれという意味なんでしょうか?
うーん、、、どうも上昇志向の本みたいですね。

まぁ、それはそれでいいのです。

もし、そうだとしても人間としては同格であるということなんです。
能力や立場は違うかもしれないけれど、格は同じなんです。

明治時代には、これで良かったのかもしれないけれど、令和時代には人は平等であるということはより大事なことになっていくでしょう。

これは人類にとってチャレンジすべき課題だと僕は思っています。

平等というと、同じでなければならないと言い出す人がいます。
これは違うのです。
真の同格であるということは、違いを認め合うということなんです。

男女って違うでしょ。
LBGTQとかいいますが、これを考えると、一人一人が違うんだよということ。

僕らが扱う心の世界では、誰もが両性具有だと考えています。
男性の中に、男性の側面もあれば女性の側面を持っている、
女性の中にも、女性の側面も男性の側面も両方を持っていると考えます。
男性も女性もそれぞれが、男性性も持っていれば女性性も持っているということ。

それを認め合えるかというのが課題だということでもあります。

人は思い込みで受け継がれた男女の役割というものがあります。
僕らよりも親世代、さらにその上の祖父母時代、さらにその上とたどってけば、対等なんてものはないのではないかと思うのです。

それがこれまでの時代の当たり前だった。

これからの時代はそれが通用するのか、しないのか。
進化しては退化をすることを繰り返し、成熟してくものだと思っています。

年齢で人を判断しない。
性別で人を判断しない。

これらが大切なことだと思っています。

年齢や性別で判断しないということは、それぞれが、それぞれの人生で専門家ということ。
AさんはAさんの専門家であり、BさんはBさんの専門家である。
それぞれ経験してきていることが違うだけで、それぞれの人生を尊重することが大事なこと。
自分より上だとか下とかではなく、上のところあれば、下のところもある。
もっといえば、上だとか下だとか判断しているは自分の価値観にすぎません。
相手の良いところを認め合うことが大事だと僕は思います。

僕の中にも差別的な部分があることを受け入れて、それでも対等であろうとすること。

一人一人がそんなあり方ができたら世界は平和で創造的になるだろうなと思っています。

対等であること。

あなたは、どう考えていますか?

<現在提供中のサービス>

■zoomを使った個人セッション。
カウンセリングとストレスマネージメント技術を提供しています
https://www.yoriyoku.com/zoomSession.html

■対面個人セッション
自分自身をストレスを外して望む未来を手に入れるために
https://www.yoriyoku.com

■自分の本当にやりたいことを見つけたい人へ
ソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください