カテゴリー
つぶやき

ラグビーワールドカップ

2019年にラグビー・ワールドカップが開催されている。
近所の東京スタジアムで試合をやっていたり、調布駅ではパブリックビューイングがやっていたりで盛り上がっている。

ラグビーは20年ぶりくらいにみる気がしている。
早明戦とか学生ラグビーが人気であり、神戸製鋼が連覇しているとかそんな時代。
花園にも見に行って、体と体がぶつかる音がリアルであり、平尾が近くにいたことを覚えている。カッコ良かったなぁ。

久々にラグビーを見て思ったことは、面白いのだ。

昔は、ボールに人が集まって団子になり、ボールを蹴っている。
そんなイメージだっただったの。

別物のスポーツなのかと思うくらいに試合は止まらないし、展開も速いし、選手の肉体が鍛え上げられて大きくなっている。

何よりもラガーマンって紳士であり、敵味方が協力して試合を作っている感が強い。

サッカーってズルをしても良いスポーツみたいなところがあるけれど、ラグビーは正直であることが求められるというところが面白いですね。
同じフットボールなのに。

ラグビーって伝統的なものだけれど、日々進化しているのですね。
ルールも変わり、選手も変わり、戦術も変わり、環境や科学的理論も変わっていくのである。

ついつい同じことをやっていると飽きてくるのである。

現状維持って現状を維持できなくて辞めてしまうことも多いのだ。
だから創意工夫をして続けるエネルギーを注ぐことも大事なことである。
続けることで、面白くなっていくことがある。

もちろん飽きたから新しいことをやることも良い。
何をやろうとも今の自分は今までの経験値の集大成であるから。
自分自身からは逃れられないのだ。

日本は初の決勝トーナメント進出の快挙。
そして南アメリカに敗れた。

でも、まだ試合は続く。準決勝、3位決定戦、決勝の4試合がある。
世界トップレベルの試合は見ていて面白い。

まだ終わらないW杯。

にわかファンを楽しめる。

フリースタイル情報
■感情や思考から自由になる個人セッションを提供。
https://www.yoriyoku.com
■自分の好きを再発見・再定義して活用するためのソース・ワークショップ
https://www.asobilife.com
■Zoomサービス「あなたの才能を読み解く」顔読み
http://www.kaoyomi.com


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください